独身のうちにやっておくこと【男女別リスト】

なかなか結婚に踏み出せない人は、結婚によって失うものを考えてしまうからでしょう。
「自分の時間がなくなってしまう」「自由に使えるお金がなくなってしまう」など、結婚することのデメリットを考え始めると、キリがありません。

ただ、結婚することにより失うものばかりを考えていたら、いつまでたっても結婚できません。

今日は、結婚後に後悔しない為に、独身のうちにやっておくべきことをお話させていただきます。

・結婚を後悔する人の割合
・結婚を後悔する主な4つ理由
・独身のうちにやっておくべきこと【女性編】
・独身のうちにやっておくべきこと【男性編】

以上のテーマでお話させていただきます。

結婚を後悔する人の割合と理由


夢見ていた結婚生活。いざ、スタートすると「結婚しなければ良かった。」と後悔してしまう人も少なくありません。

プレジデントウーマン編集部が行なった調査によると、この様な数字が出ています。

結婚を後悔したことがありますか?
はい 53.8 %
いいえ 46.2 %

なんと、半数以上の人が結婚を後悔したことがあるという驚愕の数字が出ています。

結婚を後悔する主な4つ理由

結婚を後悔する理由には、主にこの様なものが挙げられています。どれも聞いたことあるものばかりではないでしょうか?

自由にお金が使えない


独身時には、自分が稼いだお金は自分が好きな様に使えます。ただ、結婚すると、自分が稼いだお金なのにも関わらず、自由にお金を使うことは許されず、大きい買い物をする際もパートナーの許可が必要になってくることもあります。

そんな時に「独身の時はこんなんじゃなかったのに。」と結婚を後悔してしまう人が多くいます。

節約生活が辛い


想像していたキラキラした結婚生活とは異なり、節約生活を余儀なくされた時に、結婚生活を悔やむ人も多いです。

独身時代にも、お給料日前などは節約生活を送ることはあったかもしれませんが、結婚生活では、常に節約を気にしなくてはなりません。

美容院に行く回数が減ったり、安い化粧品を使わなくてはいけなくなったり、スーパーでも安売りのものを購入したりと、今まで経験したことのない節約生活にうんざりしてしまう人も多いです。

「こんなに苦労して節約するぐらいなら、結婚なんてしなければ良かった!」と思ってしまうのでしょう。

自由な時間がない


お金同様、結婚することにより自由の時間も削られてしまいます。むしろ自分だけの自由の時間は皆無に等しいでしょう。

家事、子育て、仕事に日々追われ、ほっと一息できる時間はありません。
独身時代には、好きな時に好きな場所に行ったり、友人と遊びに出かけたりと、当たり前の様に時間を好きな様に使えます。

「趣味に充てられる時間もないし、一人になれる時間もないし、こんなんだったら結婚しなければ良かった!」と後悔してしまうのでしょう。

好きな人ができてしまった


自分に好きな人ができてしまい、結婚を悔やむ人も少なくありません。

結婚後に、素敵な異性と出会い「何で結婚してしまったんだろう。結婚なんてしなければ、この人と恋愛を楽しめたのに。」と思ってしまうのです。そう思うだけなら良いのですが、中には気持ちを抑えきれずに不倫に走ってしまう人もいますよね。

独身のうちにやっておくべきこと【女性編】

ただ、独身のうちから対策を練れば、結婚後に後悔してしまうことは軽減されます。

むしろこれらを独身のうちにやっておかないと、死ぬまで後悔してしまう可能性がありますよ。

① 旅行に行く


結婚すると、仕事、出産、子育てと長期間の休みを取る事がとても難しくなります。
旅行に行ける時間もなかなかできません。

後々「もっと海外旅行に行けば良かった。」など、後悔しないためにも、独身のうちに、旅行には沢山行くべきです。
束縛されない時間とお金をフル活用して、様々な場所に出かけましょう。旅先で出会った人々、思い出は一生の宝物になります。

② 趣味に没頭する


結婚すると、自由に使えるお金はぐんと減ります。生活費、教育費等、必要経費が増え、自分の趣味に使えるお金がなくなるのです。
その為にも、独身のうちに好きなだけお金と時間を使って、趣味に没頭しましょう。趣味だけでなく勉強も同じです。

子供が産まれて、転職を余儀なくされた時に「もっと○○の勉強をしておけば良かった」と後悔しない為にも独身のうちに気になる資格を取り、勉強に励むことをお勧めします。

③ 恋愛を楽しむ


結婚後に「好きな人ができた」なんて事があっては、なかなか許されません。
独身中は、自分に自信がなく気になる男性にアプローチできなかったり、理想の恋愛を楽しむ事ができなかった場合、後々大きな後悔が待っています。

「あの人に告白しておけば良かった」「あの人と付き合ってみても良かったかも。」と、結婚後に悔やまない様に、独身のうちは思いっきり恋愛を楽しみましょう。

結婚後は自由な恋愛が許されません。
自信がない人も、勇気を持って沢山恋愛をしましょう。この恋愛の経験は、必ず結婚生活にも生かされます。

④ 友達と遊ぶ


あなただけでなく、周りも結婚すると一緒に遊べる時間は限られてしまいます。独身のうちに、気が済むまで目一杯遊ぶことを強くオススメします。

これこそが、独身の究極の贅沢です。

⑤ 美容にお金をかける


独身のうちに、美容にお金をかけておきましょう。
脱毛、エステ、自分が美しくなるものにはお金をかけておくべきです。結婚後は、美容にかけられるお金・時間は限られてしまいます。

脱毛にしても、何度もサロンに足を運ばなくては行けないので、自由の時間がある独身のうちに済ませておく事が良いでしょう。

⑥ 料理を習う


独身のうちに、料理ができる様にしておきましょう。
結婚してから、慣れない料理を負担に感じてしまったら、ストレスが溜まる一方です。
だからと言って、料理を習おうと思っても、結婚後は時間も限られているので、そんな余裕はありません。

独身の間に料理を学べば、結婚後のストレスを軽減でき、男性へのアピールポイントにもなります。

⑦ 貯金する


独身時代は、自由に使えるお金がありますが、使うだけでなく貯蓄もしておきましょう。

結婚後に「自由に使えるお金がない」と後悔するのではなく、独身のうちに「結婚後に自分だけで使える自由のお金」を確保しておく事がとても重要です。

もしくは、「結婚生活の資金」でも良いです。

独身のうちから貯蓄することにより、結婚後の生活もだいぶ変わってきますよ。

独身のうちにやっておくべきこと【男性編】

それでは、男性が独身のうちにやっておくべきことは、どんなことでしょう?

① 借金を返済


借金は、必ず独身のうちに返済しておきましょう。
借金があることを黙ったままにして結婚した場合、後々奥さんにバレて大問題になってしまいます。

夫婦が離婚する理由の1つに「夫の借金が発覚した」があげられるほど、借金はトラブルの元です。独身のうちに、自分の趣味などにお金を使いたい気持ちも分かりますが、借金がある人は、返済を第一優先に考えてください。

② 夜遊び


結婚後の夜遊びは許されません。それこそ、結婚後の夜遊びは離婚に繋がる可能性が大です。

夜遊びをしたい人は、独身のうちに目一杯楽しんでおきましょう。

③ 欲しいものは買っておく


男性の場合、結婚するにあたり貯蓄はとても重要になってきます。ただし、独身のうちに貯めるだけではなく、使うこともオススメします。

結婚後は、殆どの男性がお小遣い制になります。月4万円のお小遣いだった場合、大きい買い物は到底無理ですよね。そんなことで「結婚しなければ良かった!」と思わぬ様、独身のうちに欲しいものは買っておきましょう。

ゴルフセット、釣り道具、筋トレマシンなど、月々のお小遣いレベルでは買えないものは独身のうちにしか買えません。

④ 旅行


これは、女性と同じ理由です。

結婚後は、お金と時間の自由がなくなるので、旅行に行きたい!と思い立っても、なかなか行けないのが現実です。
旅行に行くにしても、家族全員が楽しめる場所であったりと、独身時代と結婚後では旅行に行ける場所も変わってきます。

旅行に行く期間も同じです。結婚後は、旅行に行けたとしてもせいぜい2泊3日ほどで、長期の旅行は難しいので、独身のうちに自由気ままな長期の旅行に出かけておくことをオススメします。

⑤ 貯金


結婚後に男性が最も後悔すること、それは「貯金」です。

予想以上に、結婚後は出費が増えます。生活費、教育費だけでなく、家のローンなど大きな出費が立て続けに発生します。理想の生活、理想の教育、そして念願の理想の家に妥協する事がない様、独身のうちから貯蓄をしておくことをオススメします。

また先ほどもお話した通り、結婚後は殆どの男性が「おこづかい制」になります。そんな時に必要になってくるのが「へそくり」です。
お金に余裕があるだけで、結婚生活のストレスは大分軽減されるので、独身のうちからコツコツと貯めておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

結婚後に後悔する主な理由は「お金」「自由」「恋愛」の3つです。

ただ、これらの後悔は独身のうちから手を打つ事ができるものばかりです。ストレスのない、幸せな結婚生活を送るためにも、今のうちから準備しておくことがとても大事です。

関連記事:【男女別】結婚を後悔する理由 後悔しない結婚相手の選び方