ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

結婚の条件

結婚を怖いと感じてしまう6つ理由と対処法

投稿日:


結婚したいなとは思っていても、なかなか婚活に本腰を入れられないのは、結婚に対して「恐怖」を感じているからでは?
結婚に対して具体的に考えれば考えるほど、恐怖を感じてしまい、躊躇してしまっている人もいるでしょう。

今日は、結婚を怖いと感じてしまう心理について深く掘り下げていきます。

・結婚を怖いと感じてしまう6つ理由と対処法

以上のテーマでお話させていただきます。

結婚を怖いと感じてしまう6つの理由と対処法

独身の男女にアンケートを取ったところ、男女それぞれ50%の人が結婚に対して「怖い」という感情を持っているという事がわかりました。
それでは、皆さんどのような理由で怖いと感じてしまっているのでしょうか?
また、対処法はどんなものがあるのでしょうか?

① 一緒に暮らせるか不安


結婚相手とはいえども、赤の他人。共に過ごす時間を積み重ねることにより、赤の他人から「家族」へと関係性が変わってくるものですが、結婚前は、そんな赤の他人と生涯一緒に暮らせるか、とても不安になります。

一緒に暮らすことにより、相手の生活ペースと合わせたり、家庭内の新しいルールを作ったりと、妥協をしなくてはいけない部分が出てきます。また結婚相手への理解も求められます。そんな事を考えると、生涯一緒に暮らせるのか不安な気持ちがどんどん膨らんでくるのでしょう。

対処法

今のお相手との結婚生活を事細かにシミュレーションしてみましょう。
どうしても折り合いが必要な部分に関しては、お互い歩み寄れるのか?若しくは自分が飲み込めるのか、今から考える事により、不安は和らぐはずです。

さらには、短期間で同棲をしてみるのもアリでしょう。同棲することにより、共同生活のシミュレーションができます。ただ、同棲期間が長くなってしまうと、その生活に満足しまい結婚が遠のいてしまう事が多々あるので、二人の間で期間を定め「お試し期間」として同棲する事をオススメします。

② 一生好きでいられるか不安


年々、離婚する夫婦の数は増えているとは言えども、やはり離婚は避けたいもの。そこで不安になるのは、「一生、この人を愛する事ができるか?」でしょう。
死ぬまで相手を愛する事ができるか?心変わりしないか?それは、誰も分かりません。でも、自信を持てなくなってしまう気持ちも分からなくはないですよね。

対処法

結婚すると、「カップル」から「夫婦」になります。
カップルは、お互いを見つめ合っています。夫婦は、二人とも同じ方向を見ています。

つまり、「好き」「嫌い」という感情ではなく、夫婦で同じ方向を見て人生を歩めるかが重要になってきます。
今のお相手とは「安心できる関係」でしたら、お互い落ち着いて将来を見据える事ができるでしょう。「好き」な相手よりも、「心地よい」相手と平穏な生活を送り、共に暮らす事が幸せな結婚生活です。

お相手と一緒にいると心が落ち着くならば、一生愛せるかなんて心配は要りません。必ず愛せます。

③ 自由な時間がなくなる


結婚して失うものは「自由な時間」でしょう。
独身時代の休日は、自分の好きな事に没頭できたはずです。仕事後も、仕事仲間と飲みに行って、鬱憤を晴らすなんてこともしてきたはずです。

ただ、結婚を考えるとそんな自由な時間がなくなってしまうのでは?と思い、怖く感じてしまう人も非常に多いです。自由な時間だけでなく、交友関係も狭くなってしまうのでは?と不安しか生まれなくなってしまうでしょう。

対処法:

確かに独身時代に比べて、自由な時間は減りますが、0になるわけではありません。
そして結婚後も夫婦それぞれの自由の時間はとても大事です。

きちんと話し合い、プライペーの時間の割り振りを決める事が出来れば、問題ありません。自由の時間が欲しいなと思っているのは、決してあなただけでなく、お相手も思っています。お互いにストレスのない結婚生活を送れるよう、家事分担など時間の割り振りを話し合う事が出来れば、円満な結婚生活を送れます。

大事なことは、溜め込まず、きちんとコミュニケーションを取ることです。思っている事を溜め込んでしまうと、あなたが1番恐れている不幸な結婚生活になってしまいます。

④ 子育てが不安


子育てが不安で結婚が怖い!と思っている人もとても多いです。
子供が生まれることにより、生活はガラリと変わり、今までになかった大きな責任が伴ってきます。そんな時に不安を感じてしまうのは決してあなただけではありません。

対処法:

こんな言い方をしてしまうと語弊があるかもしれませんが、子供は、勝手に育ちます。
ただ、「子供を守る」という意識を持つ事が何よりもとても大事です。
「育てる」ではなく「守る」と、意識を変化させることにより、覚悟がつきますよ。

⑤ 相手の親族との関係が不安


これは特に女性が感じる不安かもしれません。
お相手のご両親、また親族とうまくやっていけるか、不安になりますし、やや面倒だなとも思ってしまいますよね。これは、殆どの人が感じている不安なので安心してください。

対処法:

正直な事を言うと、うまくやっていく必要はありません。なぜならば、そんな頻繁にお相手のご両親に会う必要も機会もないからです。

会う機会があるにしても、お盆とお正月ぐらいではないでしょうか?年に数回だけ会えばOKです。決して、無理して仲良くなる必要はなく、旅先のお土産を送ってあげたりなどしてうまく付き合えれば十分です。

⑥ 経済的に不安


今では、女性も社会に進出し、男女の収入の差はないとも言われています。
ただ、子供ができた時、家庭の収入源は旦那さんの収入に頼るしか無くなります。そんな事を考えると金銭面で不安を感じ、結婚に踏み出せない人も多いです。

対処法:

結婚するにあたり、経済的に不安を感じてしまうのは、今の貯蓄が原因なのかもしれません。収入がそこまで高くなくても、貯蓄があればやりくりを考える事ができます。
結婚前に、ある程度の貯金を蓄えましょう。
もちろん貯金0円で結婚される夫婦もたくさんいますが、経済的に不安で結婚に踏み出せない人は、先ずはお互いの貯蓄状況を話し、目標を持って二人で貯金する事をオススメします。不安の解消になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
経験したことのない事に不安を感じてしまうのは、人間では当たり前のことです。
ただ、その不安を取り除く方法はいくらでもあります。

結婚したい気持ちがあっても、「不安」な気持ちが理由で、踏み止まってしまっては勿体ないです。一個一個不安を解消して、幸せな結婚生活を送りましょう。
いざ結婚生活が始まると、不安はどこかに飛んでいってしまっていることもありますよ。

勇気は入りますが、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

-結婚の条件

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.