これは恋?それともただの友情関係?男女の友情関係


友達といったら、同性の友達だけでなく異性の友達もいますよね。

仲の良い友達と過ごす時間は、性別関係なく楽しくて仕方ありません。

でも、一緒に遊んでいる時に、ふとその異性の友達のことを「友達以上」に見えてしまうことは、ありませんか?

「あれ?こんなに可愛い部分あったんだ。」
「あ、こんな男らしいところを見たのは初めて!」

と、思わず異性の友達にドキッとしてしまった経験、ありますか?

そもそも友達なので、一緒にいて楽しいのは当たり前です。ただ、肉体的にも魅力的に感じてしまった場合、あなたならどうしますか?

気持ちを伝えますか?それとも一瞬の迷いと思うようにし、何もアクションを起こさないでいますか?

そんなことで悩んだら、まずはこの2つを考えてみましょう。

・あなたの気持ちを相手に伝えられますか?
・周囲からあなたと相手がカップルと間違われることに、どう思いますか?

一度、胸に手を当てて考えてみましょう。

・プラトニックな友人との関係は、不確実性で快適
・友達同士で、関係性を話さない
・男女の友情関係は成立する
・カップルに間違えられた時の感情が答え

プラトニックな友人との関係は、不確実性で快適

男女の友達関係は、自分たちの関係性について話し合うことがありません。

恋人関係の場合、「私のこと好き?」「君のことが好きだよ」といったお互いの関係性を確認し合う発言をするかと思います。

反面、友達関係の場合、いちいち自分たちの関係性を口に出して言ったりはしませんよね。
「私たちって良い友達だよね。」「これからもずっと友達だよね?」なんてこと、言いませんよね。男女の友達関係の場合は特にです。

この関係の不確実性が、快適に感じるのです。不確実だからこそ、心地よさなのです。

友達同士で、関係性を話さない

先ほどもお話した通り、友達同士では、自分たちの関係性をいちいち話し合いません。
特に男女の友達関係の場合は、自分たちの関係性について敢えて話し合わない傾向にあります。

それはなぜ?

男女の友達関係の場合、自分たちの関係性を話すことにより、恥ずかしさを感じてしまい、敢えてその話題を避けてしまうのです。

という事は、友達関係なのにも関わらず、相手が自分たちの関係性を話してきた場合、それはあなたに好意があるという表しです。

男女の友情関係は成立する

男女の友情関係は成立するのか、否か。
これは永遠のテーマですよね。

コミュニケーション研究者のアフィフィ氏とバーグーン氏曰く、男女の友達で友達以上の関係を望んでいる人はとても少ないようです。
とは言え、性別によって異なることもわかりました。

男性の方が、女性に比べ、友達に対してロマンチックな関心を持ってしまう傾向にあるようです。

ただ、残念なことに、どちらか一方がロマンチックな感情を持ったとしても、その影響で相手も友達以上の好意を抱くことは極めて少ないという研究結果も出ています。

カップルに間違えられた時の感情が答え

異性の友達と遊んでいると、カップルだと勘違いされることは多いでしょう。その勘違いで、あなたを不快になりましたか?それとも全く気になりませんか?

研究によると、ロマンチックな感情を持っていない友達同士であれば、カップルに勘違いされても、何も不快に感じないようです。

「あなたは本当にただの友達?」の著者である、シュヌーバー氏とマックイワン氏は「Audience Challenge(観客のチャレンジ)」という実験を行いました。

実際に友達同士の二人が、赤の他人からカップルだと勘違いされた時にどんな心境になるのかという実験です。

結果は、どちらか一方、もしくは両者がロマンチックな感情を持っている場合、とても不快に感じるということが分かりました。また、ロマンチックな感情を持ってしまうことにより、二人の関係が乱れてしまう不安、心配も持つようになるということが分かりました。

つまり、今の友達関係に満足していても、万が一公の場で、カップルと思われて気まずく感じるならば、それはあなたが相手に友情以外の感情を持っているという気持ちの表です。

参考元:Psychology Today