ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

コミュニケーション デート術

異性とサシ飲みに行く男女の本音 サシ飲みでの注意点

投稿日:


異性からサシ飲みに誘われると、相手はどんなつもりなんだろう?とつい気になってしまいますよね。また、気になる人からのサシ飲みにのお誘いには期待もしてしまいます。

実際に、サシ飲みは二人の距離を縮めるには最大の効果を発揮します。
今回は、男女それぞれのサシ飲みへの考え、そしてサシ飲みの誘い方の注意点などを深く掘り下げていきます。

・サシ飲みに行く男性の心理
・サシ飲みに行く女性の心理
・サシ飲みでの注意点
・サシ飲みで落とせる会話トピック
・サシ飲みの誘い方

以上のテーマでお話させていただきます。

サシ飲みに行く男性の心理

まずは、男性の本音から見ていきましょう。男性がサシ飲みに誘うときは、どんな心理が隠されているのでしょうか?

① 好意を寄せている


いくらお酒が好きと言っても、興味のない人と飲みに行く男性はいません。特に異性となると、やはり好意を寄せている女性を誘います。
もし男性からサシ飲みに誘われた場合、かなりの確率であなたに好意を寄せていると考えて良いでしょう。もっとあなたのことを知りたい、親密になりたい、という心理の元、あなたをサシ飲みに誘っています。

② 腹を割って話したい


お酒が入ると本音が出るといいますが、男性は腹を割って話したい時にサシ飲みに誘います。つまり、あなたに興味があるから誘っているわけです。
普段はなかなか話せないことも、サシ飲みの場では本音を打ち明けられるということもあり、あなたの本音も聞きたいという心理が隠れています。

③ 落ち着いて話をしたい


落ち着いて話したいときに、男性はサシ飲みに誘います。特に男性の場合、お酒を飲みながら語り合うことを好みます。居酒屋でワイワイと飲むのも楽しいですが、落ち着いた場所で落ち着いて話したいときは、バーなどに誘うでしょう。

④ 下心がある


残念ながら、体目当てでサシ飲みに誘ってくることもあります。飲みに行ったら、あわよくばホテルに行けるかな、という下心心理が隠されています。
食事中に、ボディタッチが多かったり、お酒を一方的に進めてくる場合は要注意です。

サシ飲みに行く女性の心理

それでは、女性の方からサシ飲みに誘ってきたときは、どんな心理が隠されているのでしょうか?

① ストレス発散したい


女性がサシ飲みに誘うときは、ストレスを発散したいとき。女性はおしゃべりすることにより、ストレスが発散されます。
仕事の愚痴、友人の愚痴など、女友達にはなかなか話せない愚痴を話してストレスを発散したいときに、男性をサシ飲みに誘います。
残念ながら、このような理由でサシ飲みに誘ってくる場合は、特別な感情があるとは断言できません。

② 普段行けないお店に連れていってもらえる


女性同士ではなかなか行かないような居酒屋さん、バーなどに行きたいときに異性をサシ飲みに行きます。また、もしかしたら奢ってもらえるかも、という期待も隠れています。異性とサシ飲みに行く女性は、「もっといろんな場所を知りたい!」「楽しい毎日を送りたい!」と行った好奇心旺盛な女性とも言えます。

③ 断りきれずに行く


男性からの誘いを断りきれず、サシ飲みに行く女性もいます。仕事関係の人からのお誘い、異性からのしつこいお誘いにNOと言えずに「一回ぐらいは行くか」という気持ちで行く女性も多くいます。

女性の場合、好意がない男性とも割り切ってサシ飲みできるので、あまり期待しすぎないよう気をつけましょう。

④ 好意を寄せている


女性も好意を寄せている男性をサシ飲みに誘うことがあります。週末のデートはなかなかハードルが高いため、仕事後のサシ飲みに誘ったりするでしょう。女性からサシ飲みに誘われた場合、脈アリと考えて良いです。

サシのみでの注意点

サシ飲みは、二人の距離を縮めるには最大のチャンスですが、些細な言動で失敗に終わってしまうことがあるので気をつけましょう。特に以下の注意点を忘れないようにしてください。

① お会計


先ほどもお話した通り、男性とのサシ飲みはご馳走してもらえると思っている女性も多くいます。ただ、奢ってもらって当たり前という態度は、絶対NG。お店を出たときに一言「私も半分払わせてください。」と声をかけましょう。
基本的に誘った人がお支払いを済ませることがマナーなので、女性がサシ飲みに誘った場合は、きちんと「私が払います」と伝えましょう。

関連記事:デートで割り勘する男性心理 割り勘のNGな頼み方

② 喋りすぎない


好意を寄せている異性とのサシ飲みの場合、嬉しいあまりにはしゃいでしまうこともあります。サシ飲みの目的は二人でゆっくりと落ち着いて話すことです。「この人と一緒にいると居心地が良いな」と思わせることが大事です。
落としたい異性と飲む際は、落ち着いてムードを大切にして飲みましょう。

また男性の場合、目の前に好意を寄せている女性がいると、つい自分をアピールしたくなり喋りすぎてしまう傾向がみられます。自分の話を2割、相手の話が8割を意識して、相手の話を聞く姿勢を持ちましょう。

③ 座る位置


サシ飲みの場合、座る位置も重要です。サシ飲みの場合は、L字型、もしくは横並びで座るようにしましょう。物理的に近い距離になるので、親密度もアップします。
また、視線を合わせる回数も少なくなるので、目のやり場に困ってしまうこともありません。

逆に、好意のない異性とのサシ飲みの場合は、対面に座ル事により心理的にも物理的にも距離ができるので良いです。

④ 店員さんへの態度


せっかく二人で良いムードに飲んでいても、店員さんに横柄な態度をとっている姿を見ると相手は幻滅してしまいます。サシ飲みのときは、一緒にいる相手にだけ気を配るのではなく、店員さんにも丁寧な姿勢を見せる事を忘れないようにしましょう。

⑤ スマホの見過ぎに注意


サシ飲み中にスマホを見ることは絶対NGです。「自分との時間を楽しんでないのかな。」と相手を不安にさせてしまいます。また落ち着いて話をしたいのに、一緒にいる相手がスマホを何度も見ると、ムードも台無しですよね。
好意を寄せている異性とのサシ飲みのときは、スマホは触らないように気をつけましょう。

⑥ 飲み過ぎ注意


これは、サシ飲みに限らず言える事です。お酒の飲み過ぎには注意です。
女性の場合は、お酒を飲みすぎてしまい、体を許してしまうことがあります。男性の場合は、飲みすぎてしまい、気が大きくなり見せたくない一面を見せてしまうことがあります。綺麗にお酒を飲めない人は、だらしない人と思われてしまうので、くれぐれも気をつけましょう。

サシ飲みで落とせる会話・行動

サシ飲みでは、会話のトピックにも気を配る事により、相手を落とせる可能性がアップします。

① 共通の話題


話す内容に困ったら、共通の話題から始めてみましょう。仕事の悩み、過去の恋愛の話など、共感しやすいトピックを選ぶ事をオススメします。
共通の話題を掘り下げ、共感ポイントを見つけられたら、盛り上がる事間違いありません。

② 二人だけの秘密


本音で話せるサシ飲み。ここで秘密を共有する事により、一気にお互いの親密度はアップします。
「実はあまり人には言ったことがないんだけれども、実は私・・・」といった話をする事により、相手に特別感を伝えられます。秘密の数が多ければ多いほど、距離は縮まりますので、積極的に自分の話をしてみるのはいかがでしょうか?

③ 会話に困ったらとりあえず目の前のものに注目


とは言っても、会話のネタに困ってしまうこともあるでしょう。万が一、ネタ切れで沈黙になってしまったら、慌てず、とりあえず目の前のお酒やお料理、お店の様子を観察しましょう。

例えば、目の前の料理を見て「料理とかするの?」と話をしたり、お店の混雑している様子を見て「結構混んでいるね。会社の飲み会なのかな?君の会社も飲み会とか結構あるの?」と目の前の景色から会話を膨らませるようにしましょう。

④ 恋愛トーク


サシ飲みの場合は、恋愛トークもありでしょう。どんな人がタイプなの?休日はどんなデートしてみたい?などといったトピックを振ってみてください。
例え、相手があなたに好意を寄せていなかったとしても、あなたの恋愛観を知り、「素敵な人だな。この人ならば楽しいデートプランを考えてくれそうだな。」と思ってくれることもあります。

⑤ サシ飲みは長くても3時間


どんなにサシ飲みが盛り上がっても、3時間ほどでサクッと切り上げましょう。特に男性は、長時間飲んでしまうこともありますが、そんな男性は女性からは好感度が低めです。
ちょっと物足りないな、ぐらいのスマートな時間で切り上げる事をオススメします。

⑥ サシ飲み後のお見送りは、近くの駅、もしくはタクシー乗り場まで


サシ飲み後のお見送りは、お店の近くの駅、もしくはタクシー乗り場までにしましょう。「家まで送ってあげようか?」なんていう言葉に女性は「下心があるのかな?」と警戒してしまいます。

⑦ サシ飲み後のアフターフォローはマスト


相手が帰宅する頃に、LINEを入れましょう。
「無事に家に帰り着いた?明日も仕事なのに付き合ってくれてありがとう。とても楽しかったよ。」と入れるだけで、女性から好感を得られます。
サシ飲み中に出てきたトピックをもとに、「今度は○○に行ってみようね。」と次に繋がる一言を添えても良いでしょう。

サシのみの誘い方

特に好意のある異性にサシ飲みに誘うときは、考えすぎてしまい回りくどい誘い方になってしまいがち。スマートに誘える方法がありますので、ぜひ活用してみてください。

① お店目的


お店を目的に、サシ飲みに誘ってみましょう。例えば「職場の近くに美味しい日本酒を出してくれる店を見つけたんだけど、一緒に行こうよ。」とあくまでも、お店のメニューを目的とした誘い方の場合、相手もすんなり受け入れやすいです。

② 相談を持ちかける


実は相談したいことがある、といった誘い方であれば、相手も断ることはないでしょう。また相手も「自分を頼りにしてくれている」と思い、OKを出してくれる可能性がとても高いです。

③ NOと言わせやすい誘い方


自分からの誘いに相手がNOと言えやすい誘い方も、スマートな誘い方です。
「来週、○○に行かない?もし無理そうならば、他を当たるから気にしないで。」と、相手に負担を感じさせないように誘ってあげると、あなたの優しさを感じ取ってくれるはずです。万が一断られたとしても、また時間を置いてから誘えばOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
意中の異性にいきなり昼間からのデートに誘うのはとてもハードルが高いです。そのかわり、サシ飲みの場合は誘いやすいですし、距離も一気に縮まったりと一石二鳥です。

ただし、お酒を飲む事により、本性が出てしまうこともあるため、お酒に飲まれないよう、綺麗にお酒を飲む事を心がけてくださいね。

-コミュニケーション, デート術

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.