彼女ができない男性の10個の特徴と解決策をご紹介!


婚活をしている男性の皆さんの中で、「結婚相手どころか彼女ができない!」と頭を抱えてしまっている方も多いのでは?
中には、一般の男性に比べ顔も整っており、収入もあるのになかなか彼女ができないという方もいるでしょう。

それでは何が欠けているのか?
今回は、彼女ができない男性の特徴について深く掘り下げていきます。

・彼女ができない男性の特徴と解決策

以上のテーマでお話させていただきます。

彼女ができない男性の特徴

それでは、彼女ができない男性の特徴を1つ1つ見てみましょう。

① ファッションセンスが悪い


「顔はイケメンなのに、休日の彼の格好を見て幻滅しました。どっからどう見ても、くたびれたおじさん。彼女ができない理由も何となく分かりました。」(30代・女性)

やはり人は見た目重視な部分があります。特に女性は、ダサい服装の男性とデートに行きたいとは思うわけがありません。職場がスーツスタイルの男性は、休日のファッションまで気を使う余裕がないかもしれませんが、彼女を作りたいならば、私服のファッションセンスも磨き上げる必要があります。

<解決策>


決して、高いブランドの洋服を着なくてはいけないわけではありません。清潔感のある服装であればOKなのです。清潔感とは、洋服のサイズ感を指します。お値打ち価格の洋服でも、自分にぴったり合う洋服であれば、清潔に見えオシャレ感が増します。

ダボッとしたズボンをスリム・スキニーズボンに変えてみましょう。ダボッとしたロンTをスリムシャツに変えてみましょう

それでも洋服選びに困ってしまう人は、お店の店員さんに聞いてみるのもアリです。あなたにぴったりの洋服を選んでくれますよ。

たかが服装と思うかもしれませんが、女性にとって男性のファッションはとても重要なのです。

関連記事:婚活パーティーで○が付くファッションとは?男性はこれだけ押さえればOK!

② プライドが高い


「私の男友達は彼女いない歴=年齢です。そんな彼、とにかくプライドが高いんです!女性に求める理想像がとにかく高い!そのくせして、傷つくのが怖いのか自分から女性にアプローチもできないんです。そりゃ、彼女ができるわけないですよ。」(30代・女性)

モテない男性の特徴の1つに「プライドの高さ」も挙げられます。

プライドの高い男性は、自分のことを否定されると分かりやすく機嫌が悪くなったり、ヘソを曲げます。女性からすると、「器の小さい男」として見られてしまうのでしょう。

また、プライドが高いので、自分が傷つくことを1番恐れています。その為、女性に積極的にアプローチできず、なかなか彼女ができないという状況に陥るのです。

<解決策>


相手に求めるだけでなく、自分もきちんと磨きましょう。

プライドが高い男性に限って、自分磨きに欠けています。失敗を恐れるあまりに、新しいことにチャレンジしない傾向にあるからです。あなたが考える理想の男性像を思い浮かべ、その理想に向けて自分磨きに励み、足りない部分を補っていきましょう。

また、女性へのアプローチを恐れないようにしましょう。女性から断られることばかりを不安視していると、このまま一生彼女ができない可能性も十分あるのです。断られたとしても、あなたの恋愛経験値が増えるだけです。一生彼女ができないよりも、恋愛経験値を積むほうが幸せな恋人ライフが期待できますよ。

関連記事:好きな女性への正しいアプローチ法 10選

③ 人の話を聞けない


「婚活パーティーでマッチングした男性とご飯に行ったのですが、男性ばかりずーっと話していてつまらなかったです。緊張していたせいもあるかもしれませんが、流石に彼の仕事の話を3時間も聞かされてうんざりでした。」(20代・女性)

彼女ができない男性は「人の話を聞けない」という特徴もあります。つまりコミュニケーション下手です。

彼女ができない男性は、一方的に自分の話をして、女性の話を聞いていないことが多々あります。そして気づかぬうちに自慢話をしてしまっている男性もいるでしょう。女性を目の前にして、気に入ってもらいたい!という強い気持ちが原因で、自分の話ばかりしてしまう気持ちは分かりますが、これでは彼女はできません。

また、人の話を「でも」という否定語で遮る男性もモテない男性の特徴でしょう。

<解決策>


コミュニケーションで大事なことは、うまく話すことよりも、しっかりと相手の話を聞くことです。

円滑なコミュニケーションを取るのに大事なことは「自分の話2割:人の話3割」です。女性の話を聞いてあげられる「聞き上手」になることが、女性から好かれる近道です。特に女性は、男性に包容力を求めているので、話を「うん うん」と聞いてくれる男性に好意を寄せるのです。

女性の話に「でも」という否定語で返してしまっては、女性も話をする気がなくなってしまいます。大事なことは、女性の話を聞いてあげる、そして女性の話に共感してあげることです。

関連記事:モテる男性の会話の特徴&LINEテクニック

④ 自分に自信がない


「職場の同僚は、声が小さい、人の顔色ばかり気にしているで、自信のなさがバレバレ。残念ながらそんな彼は、かれこれ15年彼女がいません。なんか納得・・・。」(30代・女性)

自分に自信満々な人なんかいませんが、過度に自信を持っていない男性は、モテません。

女性は、男性に守られたい、頼りたいという気持ちがとても強いので、自信のある男性がとても魅力的に映るのです。あまりにも自信のない男性は、頼りなさそう、弱々しいというイメージを持たれ、「この人は、いざという時に助けてくれなさそうだな。」と彼氏候補から外されてしまいます。

<解決策>


何か1つで良いので、自信を持てる得意分野を作ってみましょう。そうすることにより、自信がみなぎり、得意分野以外の部分でも自信がモテるようになってきます。

新しい趣味にトライしてみることも良いですし、髪型を変えたり、筋トレをしたりといった外見にまつわる自信でも良いです。何か1つでも良いので、自分に自信が持てる部分があれば、出会いの場へも足を運ぶようになるはずです。

関連記事:モテる男性になるには?モテる男性の中身&外見の特徴 10選

⑤ 気遣いができない


「婚活パーティーで出会った男性とデートに行ったのですが、歩くスピードも気にせず、先にスタスタ歩くし、買い物した荷物も持ってくれないし、なんだかなと思ってしまうところが沢山ありました。2回目のデートはないかな。」(40代・女性)

彼女ができない男性の特徴に「気遣いができない」という特徴もあります。女性は男性のさりげない気遣いに、「私を特別扱いしてくれている。」「私を女性として扱ってくれている」と好感を持つのです。

<解決策>


気遣いができないのは、あまり周囲を気にしていないからでしょう。自分が周りにどう見られているのか気にしすぎて、周囲の様子に目を配ることができていないのです。

解決策としては、女性をお姫様扱いしてあげることです。レストランに行った時は、空調を気にしてあげたり、少し顔色が悪そうだったら体調を気にする言葉をかけたり、ヒールを履いていたら、ゆっくり歩いてあげたり、と相手をお姫様扱いしてあげましょう。

ただ、お姫様扱いしてあげたことに見返りを求めてはいけません。そんな見返りを求める言動は女性にすぐ見透かされてしまいます。彼女が欲しいならば、レディーファーストを徹底しましょう。

関連記事:モテる男性になるには?モテる男性の中身&外見の特徴 10選

⑥ オタクすぎる


「彼女いない歴=年齢の男友達の家に行ったら、露出度の高い女の子のフィギュアが沢山あって正直引きました。」(20代・女性)

オタクと言っても、様々な種類のオタクがありますが、特に二次元が大好きなオタクは女性にはモテません。

二次元好きが悪いわけではないのですが、女性からすると二次元好きの男性とどんな会話をすればいいのか分からないのです。

二次元が好きだけれども、リアルでも彼女が欲しい人は、リアルな世界にも少し足を突っ込んでみる必要があります。

<解決策>


二次元オタクな男性は、リアルの女性に求める理想像が高い傾向にあります。女性はこうであるべき!という固定概念を外しましょう。
また、オタク男性は、周囲に自分の趣味を押し付ける傾向にあります。女性と接する時は、自ら自分のオタク趣味について熱く語ることを避けたほうが良いかもしれません。

とは言っても、最近ではオタクブームが到来しています。二次元が大好きな女性も増えており、オタク限定の婚活パーティーなども各地域で開催されています。
オタクだからといって、塞ぎこむのではなく、彼女を本当に作りたいのならばそのような出会いの場に足を運ぶことも大きな一歩です。

関連記事:オタクだからこそモテる7つの理由 結婚するならばオタク男性がおすすめ!

⑦ 男性ばかりの環境から離れられない


「女性と遊ぶよりも男性と遊ぶ方が楽しいから、つい休日も男友達とばかり遊んでしまうんです。」(30代・男性)

女性との関わりがない環境で過ごしている男性は、なかなか彼女ができないでしょう。職場のみならず、プライベートでも男性とばかり群れている男性は、「男友達といるだけで十分楽しい!」「男友達といる方が楽しい!」と思ってしまっているのです。
となると、必然的に女性への接し方、アプローチの仕方、はたまた女性に対する免疫も皆無になってしまうでしょう。

彼女がいなくても楽しい人生を味わってしまうと、簡単には彼女はできません。

<解決策>


彼女が欲しいならば、男性コミュニティから離れて、女性がいる場所へ出向くようにしましょう。もしかすると、「やっぱり女性はつまらない。男友達の方がいいや」と思ってしまうかもしれませんが、女性と接する機会を少しずつ増やして、女性に対する免疫をつけていくことが重要です。

⑧ マザコン


「ちょっといいなと思っていた男性に手料理を作ってあげたら、「母親の味はもう少し薄い」「母親だったらこうやってくれた」とマザコン気質全開の発言が多くて、一気に冷めました。」(30代・女性)

意外と多いのが、こちら「マザコン」です。彼女ができない男性の特徴に「マザコン」というのも代表的な特徴です。母親が手取り足取り身の回りのことをやってくれた為、大人になっても簡単な家事ができない男性が多くいます。

そんな男性を見て女性は「結婚しても家事は手伝ってくれなさそうだな。」「何でもお母さんの言うことしか聞かないんだろうな。」と敬遠してしまうのです。

<解決策>


お母さんが過保護だったのは仕方ないことです。何よりも大事なことは、今は自分で身の回りのことをきちんとできることです。

必要最低限の家事、料理はできるようにしましょう。特に結婚したい男性の場合、家事ができないと結婚相手候補から真っ先に除外されてしまうのでご注意を。

関連記事:「マザコン」と「母親思い」の違いは?マザコン男性の特徴

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、彼女ができない男性の代表的な特徴を紹介しました。どの解決策も今日から実行できるもののみです。

本当に彼女を作りたいならば、今から少しずつ実行することをオススメします。あなたの行動力次第で、彼女ができない自分からはお別れできるはずです。