結婚に向かない男性の特徴とは!?あなたの彼氏は大丈夫?

2018/10/02


結婚願望があったわけではないのに、すぐ結婚できる男性。
結婚願望を抱き続け、婚活に全身全霊を注いでも成婚に至らない男性。

この2タイプの男性の決定的な違いは何でしょう?

今回は、結婚できない男性について深く掘り下げていきます。

・女性に聞いた!彼氏にはアリ!旦那にはナシ!男
・婚活中の女性は男性のココを見ている!
・結婚に向いている男性の7つの特徴

以上の3つのテーマでお話させていただきます。

女性に聞いた!彼氏にはアリ!旦那にはナシ!男

「彼氏にするには最高なんだけれども、結婚相手として考えたら難しいな。」という女性のセリフ、よく聞きますよね。実際にどんな人が結婚には向いていない男性なのでしょうか?女性にインタビューしてみました。

①ルックスが良い


「高身長、顔は私のタイプど真ん中で自慢の彼氏でした。でもいざ結婚したら価値観の違いで喧嘩が絶えず離婚してしまいました。正直、彼のルックスの良さはどうでも良くなり、見慣れると何も思わなくなりました。」(40代・女性)

ありきたりな事ですが、結局のところは中身なんですよね。どんなにルックスが良くても、お互いの価値観が合わないとこの様な残念な結果になってしまうのでしょう。
またルックスが良いと、結婚後も心配が尽きないから嫌だ!という女性の意見も意外と多いです。

②多趣味


「いろいろな趣味を持っている人は、話題も豊富で楽しいけれども、いざ結婚となると趣味を優先されて家事など手伝ってくれなさそう。」(30代・女性)

この女性の推理は正解!多趣味は魅力の一つにもなりますが、家庭的か否かと問われると難しいところ。実際に、週末はいつも出かけて家のことを手伝ってくれない、なんていう女性の不満もよく聞きますよね。

③ただ優しいだけ


「私の元カレはとても優しい人で、私の言うことは何でも聞いてくれるタイプでした。でも、いざ決断を迫られる場面になると、君の好きな様にしていいよ、と言い、私任せ。イライラすることが多かったです。そんなの優しさじゃない!」(30代・女性)

もちろん結婚相手にも優しさは必要ですが、「優しさ=女性任せ」ではダメですよね。ここぞと言う時の決断力、上部だけでない思いやりのある優しさが結婚には必要になってきます。ただ優しいだけで、頼りのない男性は結婚相手には不向きです。

婚活中の女性は男性のココを見ている!

実際に婚活している女性は、男性のどんなところを重点的にチェックしているのでしょうか?

① 価値観


「婚活パーティーで知り合った男性は、職業も年収もバッチリ。でもいざ付き合うと、お金の使い方、結婚に対する考えが真逆で付き合って早々別れました。今では、婚活パーティーでは条件を見ずに、まずは価値観チェックをしています。」(30代・女性)

結婚したら1年365日一緒に生活をするので、お互いの価値観が合わないとストレスだらけの結婚生活を送ることになります。

金銭感覚だけでなく、お互いがどんな結婚生活を送りたいか、どんな人生を歩みたいかの擦り合わせが必要不可欠になってきます。

結婚できない男性の特徴として、自分の人生観が定まっていないという部分があります。
どんな人生を送りたいのか、どんな生活を送りたいのかを自分の中で明確にしないと、いざ女性と知り合っても価値観の擦り合わせすらできません。

女性側からは「自分を持っていない男性だな。」と頼りない男性だと思われてしまうのです。

まずは、自分の価値観をちゃんと説明できるぐらい自分の中で明確にしましょう。

②自己管理

「婚活パーティーで知り合った男性は、無精髭。財布も汚い。生活の乱れが見受けられたので、1回目のデートでお断りしました。」(40代・女性)

婚活に励んでいる男性は、ほとんどの方が30代以上。つまり立派な大人なわけです。
金遣いの荒さなどのお金の管理だけでなく、シワだらけのシャツ、無精髭などがの身だしなみの欠如が、「自己管理ができていない人」と認識され、結婚相手の候補から即除外されてしまいます。(身だしなみについてはこちらの記事にも詳しく書いています。→婚活パーティーで○が付くファッション

たまに婚活パーティーに遅刻して参加される方もいますが、女性はそんなところもよくチェックしています。ちょっとした遅刻で生活能力を問われてしまいますので、くれぐれもご注意を。

③他人への態度


「初デートでディナー。大好きな彼と大好きなレストランでウキウキしていましたが、オーダーを取りに来てくれた店員さんへの彼の態度が上から目線すぎてドン引き!一気に冷めました。」(30代・女性)

意中の女性だけに優しく接していても、絶対ダメ。
「いつか私もこんな扱いを受けるのでは?」と女性は深読みし、結婚相手としてはNGと判断します。

婚活パーティーの場面でも、男性の女性参加者の前での態度とパーティースタッフの前での態度の違いに幻滅してしまうお話をよく聞きます。

また、家族との通話電話も家族にどんな風に接しているのか女性は見ています。
家族に対する態度は、結婚後の自分への態度にもなるので、女性は注意深くチェックしています。

結婚に向いている男性の7つの特徴

①思いやりがある人


「相手を思いやることができる人であれば、仕事も家庭も絶対うまく行く!最高の旦那さんです。」(40代・女性)

優しさと思いやりには若干違いがあります。
優しさは表面的な優しさでも成立してしまいますが、思いやりは内面的なものです。
しっかりと相手の立場になって考えてくれる、もしくは考えようとしてくれている姿が思いやりなのです。

つまり、親身に人と向き合える人が思いやりがある人とも言えるでしょう。
相手の立場になって物事を考え、口先だけでなく、実際に行動することです。

逆に思いやりがなく、デートコースも女性の希望を聞かず何でもかんでも一人で決めてしまう男性は、結婚後も男性の独断になってしまうんだろう、と女性は距離を置いてしまいます。

② 堅実


「私の旦那はとにかく堅実。結婚前にちゃんとと貯蓄をしていたので、結婚後にすぐ念願のマイホームもゲットすることができました。ルックスはイマイチで、お腹もぽっこり出ているけれども、そんなの気にしない!堅実さが一番!」(30代・女性)

堅実な男性は、結婚後の貯蓄・お金の使い方もしっかりしているので、女性は安心できます。背伸びせず、身の丈にあったお金の使い方をできる男性は、婚活でも大人気です。

③ 財布が綺麗


「旦那の財布はいつだって綺麗。財布が汚いとお金が逃げて行く、が彼の口癖です。」(30代・女性)

たまに財布からレシートが溢れている男性いますよね。またお札が同じ向きに並べられていない、など女性は細かくチェックしています。

財布が綺麗な男性は、こまめにレシートをチェックしお金の管理もされているという証拠です。

もし、いまあなたのお財布に不要なレシート、ポイントカード等ありましたら、今からでも綺麗にしましょう。女性だけでなく、もれなくお金もあなたに寄ってくるかもしれません。

④ 話を聞いてくれる


「最近、あまり食欲がないんだよね。とさらっと話したら『なんか会社で嫌なことあった?大丈夫?』と聞いてきてくれ、とても嬉しかったです。」(20代・女性)

これは当たり前のようで、意外と多くの男性ができていません。
どうしても自分の話ばかりしてしまいがちな男性は、女性の話に耳を向けましょう。
そして、きちんと質問をしてあげましょう。

一方的に話をするのではなく、女性の気持ちや心境を積極的に知ろうとする姿勢が、結婚への近道であるのは過言ではありません。

⑤「でも」を言わない


「以前お付き合いした男性は、口癖が「でも」「だって」でした。いつも言い訳ばかりであまり良い思い出ではないです。」(40代・女性)

「でも」「だって」を頻繁に使う男性は、人に責任転換しがちなタイプです。

結婚に向いている男性は、「ならば」という言葉を使う傾向にあります。

「それならばさ、こうしてみない?」「それならば、別のやり方を考えてみようよ。」と、必ず次の解決策に繋がる言い方をするのが、結婚相手にとても向いている男性です。
とてもスマートでかっこいいですよね。

⑥ ビジョン・価値観が明確


「初めて婚活パーティーで出会った時に、すぐ意気投合。交際前だったのにも関わらず、結婚後の仕事の仕方、子供のことなど、全てが意気投合し、もちろんすぐ交際。そして、今では旦那さんになり、お互いの思い描いていたビジョン通りの結婚生活を送れています!」(50代・女性)

婚活中の男性は、自分の人生のビジョンをイメージできていない人が多いです。

つまり自分がどんな人間でどんな生活が合っているのか理解できていないのです。そこをきちんと理解していないと、いざ女性と知り合っても、建設的な将来の話はできません。

結婚相手を探している女性は、将来のビジョンのイメージをしっかりと持っている人でないと、なかなか結婚相手の候補として見ることができないのが現実です。

⑦ 周りに流されない決断力

「いざ!と言う時に冷静な判断を下し、決断してくれる旦那さんにいつも救われています。家事は一切できなくて頼りないけれども、本当に大事な時に決断できるならばそれで充分!」(40代・女性)

責任を持った決断力のある男性は、結婚に非常に向いています

そんな男性は、プライベート、仕事面でも冷静に物事を考え、きちんと女性の意見も聞き入れ、常に平常心でいます。

中には、周りの意見に流されて、なかなか決断できなかったり、誤った決断を下してしまう男性もいますが、そんな男性は結婚相手としては不向きです。

いかがでしょうか?
彼氏としてはナシ、結婚相手としてはアリの条件の差異は、紙一重。
つまり、今からでもすぐ結婚相手としてはアリの男性になれるわけです。そのためには、まずはあなた自身が今一度、自身がどんな人間なのか分析し、価値観を明確にし、自分に見合う女性を見極めることが重要になってきます。