ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

デートコース

大石農場ハム工房の自家製ハム作り体験

更新日:

先週の土曜日(2018.9.29)に、静岡県掛川市の大石農場さんのハム工房の「秋のハム祭」に行ってきました。

住所:掛川市沖の須451-3
営業:10:00~18:30(火曜定休)
電話:0537-48-5618

さらにそちらで、ハム作り体験にも参加させていただきました。

こういう、体験型のイベントってデートにもぴったり!ということで、みかん企画代表の吉本雅子がハム作りに挑戦!

この日は、雨にもかかわらず、たくさんのお客さんがいらっしゃいました。

掛川の地ビールとコラボしたセットメニューもあり、ちゃっかり僕もいただいてしまいました。
(ビール1杯と自家製ソーセージ3種で税込み1,000円)

焼きたてローストポークも丸焼きで、切り分けて販売。

お酒好きのカップルには、とても魅力的なイベントでした。

駅からは離れていますので、車で行くことになります。

カップルで行くと、どちらかが運転手になるのが残念ですが、ソーセージを買って帰ることもできるので、お家で一杯というのもいいですね。

では、ハム作り体験の様子です。

こちらは参加費が税込み1,000円。

作ったハムを持ち帰れます。

今回は参加者が3人だったので、10人前のソーセージを3人で作りました。

10人前を3人で分けたので、この日は参加費よりもたくさんのソーセージをいただいたので、かなりお得なイベントでした。


まず、調味料や薬味を調整します。


そこに豪快にお肉を投入。


手洗いしてキレイにした手で、ひたすら混ぜます。

写真では伝わりにくいですが、お肉がめっちゃ冷たい。

冷蔵庫で保存していたお肉を手で混ぜることになります。

途中で、冷たい冷たい、といいながら、3人で協力しながら混ぜました。


ようやく混ぜ終わり、それを専用の機械に入れます。


羊の腸に詰めていきます。

にゅるにゅるとソーセージがどんどん押し出されてきます。

僕も普段、何気なくソーセージを食べていますが、ソーセージってそういえば腸詰でしたね。


機械から出てきたソーセージを手作業で、ちょうどいい長さになるようにくるくる巻いていきます。

ソーセージって、元々はこんな長いものなんですね。

そういえば、とぐろを巻いたソーセージもありますよね。

あれって、ソーセージを長いまま途中で切らずに焼いたものだそうです。

なるほど。


せっせとソーセージを巻いた後は、炭火で焼きます。

これも贅沢ですね。

ハム作り体験のイベントならではです。


ソーセージを切るのは焼いた後。

これはちょっとしたポイントですね。


見事なソーセージのできあがり。


自分で作って焼いたソーセージ、やっぱり特別おいしい気がします(笑)

作りたて、焼きたてソーセージは、外はパリッとしていて肉の食感が半端ない。

肉汁もじわーっと出てきて、肉!って感じでした。

最後にたくさんのソーセージをお土産でいただいて、その日の夕食はもちろんビールで晩酌(笑)

大石農場さん、ステキなハム作り体験ありがとうございました。

-デートコース

Copyright© みかん企画 , 2018 All Rights Reserved.