ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

コミュニケーション 自分磨き

束縛彼女の5つの特徴 「かわいい束縛」と「きつい束縛」の違い

投稿日:

念願の彼女!でも、いざ付き合ってみると束縛が激しい「束縛女」だった、なんて経験ありませんか?

実際に、カップルが別れる理由のTOP10には、「束縛」がランクインしているほど、きつい束縛に耐えきれず、別れを選ぶ人が多いです。

自分ではダメだと分かっていても、なかなか彼氏への束縛を止められない女性もいるでしょう。今回は、そんな「彼女の束縛」について深く掘り下げていきます。

・彼女に束縛されたい?
・束縛してしまう彼女の2つの心理
・かわいい束縛ときつい束縛 4パターン
・束縛彼女の5つ特徴
・束縛彼女への正しい3つの接し方
・彼氏への束縛をやめたい時

以上のテーマでお話させていただきます。

彼女に束縛されたい?


「マイナビウーマン」が、男性に対して行った「彼女に束縛されたいと思いますか?」という調査によると、「束縛されたくない」と答えた人は、全体の約8割を占めていました。

彼女に束縛されたい?
はい 20%
いいえ 80%

やはり多くの男性が、彼女からの束縛に対してネガティブな印象を持っているのが分かります。

束縛してしまう彼女の心理

もちろん彼氏のことが大好きだから束縛してしまうのですが、大好きな彼氏でも束縛する女性、束縛しない彼女がいます。

それでは、束縛してしまう女性にはどんな心理が隠れているのでしょうか?

① 傷つくことを恐れている


必要以上に束縛してしまう女性は、自分が傷つくことを最も恐れているのです。
二人の関係を良好なものにするという事を考える前に、「自分がいかに傷つかないか?」と自分にだけ意識がいってしまっているのです。

「他の女性に彼氏を取られてしまうのが怖い」「自分以外の女性を好きになってしまったら怖い」など、自分が傷つく状況を避けようとし、必要以上に束縛してしまうのです。

② 自信がない


自分に自信がない女性も、彼氏を束縛してしまう傾向が見られます。

「自分は可愛くないから、他の女性に目移りしてしまうのでは?」「自分にはこれといった魅力がないから、飽きられてしまうのでは?」と自分の自信のなさが全面に出てしまい、彼氏がなんと言おうと、浮気を疑ってしまったりします。

「君は十分かわいいよ。「君以外の女性を好きになったりするわけないよ。」と男性が伝えても、「でもどうせ私なんて・・・」とネガティブに考えてしまう女性は、危険です。

かわいい束縛ときつい束縛

「束縛」と言っても、「かわいいな。」と許せてしまう束縛もあります。

それでは、「かわいい束縛」と男性が嫌がる「きつい束縛」の違いはどんなものがあるでしょうか?

① 飲み会

かわいい束縛


「今日飲み会なんだ。なるべく早めに帰ってきてね!」

きちんと自分の気持ちを素直に伝えられる女性を男性は「かわいいな」と思います。
本当は、飲み会には行ってほしくないけれども、彼の人間関係や人付き合いを考慮してあげている彼女の器の大きさが伺えます。

でも、きちんと「早めに帰ってきて欲しいな」という彼女の希望も伝えてあげることにより、男性は「理解のある素敵な彼女だな。そんな君のためなら早く帰るよ!」と気持ちよく思えるのです。

きつい束縛


今日飲み会なの?行かなくちゃいけない飲み会なの?私と飲み会どっちが大事なの?」

この発言には、男性はうんざりしてしまいます。女性が一方的に自分の気持ちを押し付け、彼の立場になってあげられていません。

彼の人付き合いよりも、自分が寂しい思いをするという主張が強く出てしまっており、男性は「うざいな」と思ってしまうのです。

② 他の女性との接点

かわいい束縛


「女の子の友達多いよね。○○くんってモテるから心配になっちゃうな。」

こんな発言に、男性はキュンとしてしまいます。
先ほどと同じで、きちんと自分の気持ちを伝えられていることが○。さらに、女友達がたくさんいることに対して否定的な言葉をかけていないことが◎です。

きつい束縛


「もう女友達と遊びに行かないで。」

こんな発言は、男性に嫌われてしまいます。
これもまた、女性側の主張を一方的に伝えているだけです。女友達がいることも、彼のパーソナリティの一部です。そのパーソナリティを否定してしまうと、男性からするとただの「重い面倒な女」と思われてしまうだけです。

③ 連絡

かわいい束縛


「連絡ありがとう。返事遅かったけど忙しかったんだろうね。でも、○○くんから連絡きたらすごい癒されちゃった!」

返事が遅かったことに対して文句を言わないけれども、遠回しで連絡があるととても嬉しいという気持ちを伝えています。

こんな事を言われると、男性は「寂しい思いをさせちゃって悪かったな。」と思ってくれるのです。

きちんと、「連絡が来ると嬉しい!」と素直な気持ちを伝えることが、かわいい束縛になるのです。

きつい束縛


「なんで返事くれなかったの?どんだけ寂しい思いをしたか分かってる?」

これは、きつい束縛ですね。
きちんと自分の気持ちを伝えてはいますが、ネガティブな気持ちを伝えることにより、男性側に義務感を与えてしまいます。

確かに、連絡がなく寂しい思いはしたのでしょう。でも、結果的に連絡が来て、嬉しい気持ちになったはずです。きちんと「嬉しかった」という気持ちを伝えることが大事です。

④ 証拠

かわいい束縛


「今日、飲み会なの?誰と飲みに行くの?」

彼が飲み会に行くとなると、不安な気持ちが生まれるのは当たり前。誰と飲みに行くの?ぐらいは聞いてOKです。男性側も何も悪い気はしません。

きつい束縛


「今日飲み会なの?誰と飲みに行くの?じゃあ、飲み会の場についたら写真送ってね。」

これはきついですね。でも、意外と「証拠写真」を要求する女性は多いんです。

写真を要求されることにより、男性側は「俺ってそんなに信用されていないの?」と不快な気持ちになってしまいますし、彼女に強制的に何かをさせられている気分になり、「うざい束縛」と思い始めてしまうのです。

束縛彼女の特徴

さらに具体的に束縛彼女が取りがちな行動を見ていきましょう。

① 頻繁に来るLINE


何度も何度も来るLINEに、男性は「束縛」を感じてしまいます。
中には、返事が来ていないのに、一方的に「何で返事くれないの?何しているの?」とメッセージを送ってしまう女性もいるでしょう。

そもそも男性はマメな連絡が苦手で、頻繁な連絡を要求されることにより、「自分の自由がなくなる」と感じてしまうのです。

彼女としては、彼のことが好きだからこそ「常に連絡を取って繋がっていたい」と思うのでしょうが、「頻繁な連絡」よりも「彼のことを信頼する」方が、良好な関係を築くことができます。

② 彼の行動を常にチェック


束縛女性は、彼の毎日のスケジュールも把握したがります。
仕事だけでなく、彼が誰とご飯を食べる、何時に食べる、はたまた彼の寝る時間まで、把握したがるのです。

女性側としては、彼の行動を知ることで自分自身が安心できるのでしょうが、それは一方的な気持ちであり、彼としては「監視されているようで嫌だ。」と窮屈に感じてしまいます。

③ 被害妄想が激しい


ちょっとLINEの返事が遅れただけで、「誰かと会ってたの?まさか内緒で女性と遊びに行ってた?」と、束縛女性は、被害妄想を繰り広げます。

男性としては、毎回潔白であることを証明しなくてはいけないことに苦痛を感じてしまいます。

④ 「私のこと好き?」


束縛女性は「私のこと好き?」と、男性が困ってしまう愛情確認の質問をしがちです。

言葉で「好き」と言われないと、不安になってしまうのでしょう。ただ、あなたへの愛情は、きちんと男性が行動で示してくれているはずです。

何度も言葉で愛情表現を求めてしまうと、男性は「うざいな。」と思ってしまうので、要注意です。

⑤ 彼のスマホチェック


束縛女性は、彼のスマホの中身まで束縛してしまいます。
「ちょっと携帯見せて。誰とLINEしてたの?」と聞いたり、はたまた、彼に見つからないようにこっそりと彼のスマホを見てしまったり、と彼のプライバシーにまで足を踏み入れてしまいます。

特にやましいことがなくても、スマホの中身を見られるのは誰だって嫌な気分になってしまいます。

束縛彼女への正しい接し方

あまりにもきつい束縛に「もう別れたい!」と思ってしまう男性もいるかと思いますが、まだ彼女を更生させられる余地はあります。

① 共通の趣味を見つける


束縛の激しい彼女は、趣味を持っていないことが多いです。
無趣味が理由で、すべての時間を彼氏に当ててしまっている傾向にあるので、一緒に楽しめる趣味を探してみるのはいかがでしょうか?

没頭できる趣味を見つけることにより、彼女の束縛も軽減されるかもしれません。

ただ、趣味を持たせる際、「何か趣味を見つけたら?」と伝えるのではなく、「何か一緒にできる趣味見つけない?」とあくまでも一緒にできる趣味を提案してあげましょう。

一方的に「趣味を見つけたら?」と伝えることにより、「私と一緒に時間過ごしたくないの?なんで?」と束縛がさらに激しくなってしまう可能性があるので、あくまでも「一緒にできる趣味」を主張しましょう。

② 具体的に褒める


「私のこと好き?」と聞かれ時に「好きだよ」と答えるのではなく、「君のこんなところが好きだよ」と彼女の良い部分を具体的に伝えてあげましょう。そうすることにより、彼女は自信がつき、安心してくれます。

束縛女性は、彼氏のことが大好きなので、具体的に褒めてあげることにより「じゃあ、もっと好きになってもらうために、さらにもっと頑張ろう」と前向きに自分磨きにも励んでくれます。

③ ストレートに伝える


「彼女からの束縛が嫌だな」と思っていても、直接それを彼女に伝えていない男性も多くいるでしょう。

彼女に「君のこういう束縛はちょっと困るな」とはっきりと具体的に伝えましょう。
そこで彼女の反応を見てみてください。意外と、自分が束縛してしまっていることに気づいていない、もしくはあなたが束縛を嫌がっていることに、女性が気づいていないパターンも多いです。

彼氏への束縛をやめたい時

束縛されるのも嫌な気分になりますが、束縛する側も常に不安な気持ちを抱え、ストレスフルですよね。
束縛は、二人の関係を悪化させてしまうので、以下の方法で束縛をやめていくことをオススメします。

① 彼を信用する


彼を信用してあげましょう。これは、恋人関係だけでなく、夫婦関係になった時にも、必要になってくるものです。

逆の立場で考えてみましょう。彼氏のことが大好きなのに、彼氏から「浮気しているでしょ?何してたの?」と疑いの目で見られてしまうと、悲しい気持ちになってしまいませんか?

お互いに信頼関係を築き、安心した関係を保つことが、大人な恋愛であり、結婚相手としてもぴったりな相手になり得ます。

② 彼氏以外のものに夢中になる!


彼氏以外の芸能人に夢中になってみたり、彼氏以外に夢中になれる趣味を見つけてみましょう。
「彼が浮気しないか?彼は何しているのだろう?」と気にしている時間を、彼以外の時間に費やすことにより、心がだいぶ穏やかになります。

③ 自分磨きに励む


束縛してしまう理由に「自分に自信がないから」といったものがあるように、自信がない故に他の女性に目移りしてしまうのでは?という不安に怯えてしまうのでしょう。

「束縛=自分の自信のなさの表れ」という事実をしっかりと認め、自分磨きに励んでみてはいかがでしょうか?

思い切ってイメチェンしたり、ジムに通ってみたり、勉強したり、なんでも構いません。自分を磨くことにより、どんどん自信がついていきます。

また自分磨きに夢中になればなるほど、あなたはどんどん魅力的な女性になっていきます。自分磨きに時間を費やす事で、彼のことで悩む時間も必然的になくなってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大好きな人だからこそ「束縛」してしまうもの。彼女を安心させることにより、束縛は少しずつ軽減されていきます。大事なことは、きちんと彼女と向き合い、彼女の不安を取り除いてあげましょう。

女性も、束縛は自分の自信のなさの表れということを認識し、彼の浮気を疑う前に、彼を信頼してあげる癖をつけるようにしましょう。

-コミュニケーション, 自分磨き

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.