ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

婚活コラム

婚活を3年やっても上手くいかない女性6つの特徴 たった半年で結婚する女性とは?

更新日:

From:婚活心理カウンセラー 吉本みかん

3年以上、婚活をしているのに上手くいかない。そんな声をよく聞きます。上手くいく女性、上手くいかない女性、その差は一体何でしょうか?今回はこのテーマでお届けします。

 

・趣味がマニアックな人ほど結婚が早いのは何故?

・婚活が上手くいかない人の6つの特徴

・婚活が上手くいかない根本的な原因

 

趣味がマニアックな人ほど結婚が早いのは何故?

僕たちが普通に思い浮かべるのは、誰にでも好感を持たれる人のほうが結婚が早いのではないか?ということ。つまり、これと言って短所が見当たらないという人のこと。確かにバランスが良い人ほどウケはいいでしょう。ただ、その逆で、とても個性的な人もいます。どこかで尖っている気もしなくはない。ところが、一般受けは悪いような気がする人の方が、意外と結婚が早かったりするんです。

それはなぜでしょうか?

 

例えば、僕の友だちで、どちらかというとコミュニケーションが苦手な女性がいます。その女性は理系で化学好き。その女性は、化学が大好きなこれまた僕の友だちと結婚しました。新居には何かの化学物質の分子モデルが置いてあります。生れた子ども、その分子モデルを転がして遊んでいました(笑)旦那さんは、大好きな化学の話を毎日できるので幸せそうです。会社でも、家に帰っても化学の話。一般的にはうんざりしそうな話でも、2人にとっては楽しい話題です。

人に受けが良いということは、たくさんの人から80点はもらえます。ですけど、一生に1人と結婚するときに80点で結婚しようとはなりません。ところが、万人に80点もらえる人は、特定の人から100点はもらえない。たった1人に100点を付けてもらってはじめて結婚できます。

 

その点、尖った趣味を持っていたり、バランスは悪いけど飛びぬけた長所がある人というのは、特定の人から100点をもらえます。他の人からほとんど赤点かもしれませんが、それでいいんですね。人はたくさんの人に好かれたら、その中から一番の人が出てくると思いがちです。でも大事なのは、その「好き」の熱量なんですね。自分の興味の先に市場がある

無難な自己紹介をする人がいます。映画が好きです、とか、旅行が趣味です、などですね。確かに男性から嫌われるようなことはないでしょう。ですけど、自分がこれ、というターゲットがありません。これがもし、ガンダム好き女子だったとしたら、結婚相手は選び放題です。ガンダム好きのコミュニティーに参加して、ガンダムの話を楽しめばいいんですよね。特に男性の趣味に被っていると、そこにはライバルも少なく、男性からは同じ話ができる貴重な存在になるでしょう。例えば、ゴルフや釣りなど、男性寄りの趣味はかなり強いですよね。そうは言っても、男性向けの趣味を無理に好きになることはできないでしょう。そのときは、今自分が興味のあることで、男性に受けが良い趣味に没頭するのもありですね。

 

受け身な態度

婚活も気軽な出会いから真剣な出会いまで色々あります。合コンなどの軽い出会いは、自分から動いていかないと相手が見つかりません。婚活が流行り始めたころは、それこそ出会いを求めて男女が積極的に相手を探していました。ところが、最近の傾向としては婚活に疲れてきたというのもあるのでしょう。自分にぴったりの男性を紹介してもらいたい、という傾向が強いですよね。実際、男女ともに一番多いのが、友だちに紹介を頼むこと。確かに身元もしっかりしていますし、自分のことを良く分かっている友だちはかなりおススメの方法です。ところが、面倒だからとりあえず紹介を頼むという態度なら、それは受け身ですね。

婚活に疲れてきたという女性も多いので、もう誰か紹介してよ、と言いたくなる気持ちも分かります。でも実際は、そうやって面倒だからと紹介に頼ってしまうと、何か違う、となってしまいます。自分にはどんな男性が合っているのか?ということを考えたり、そういう面倒なことをすっ飛ばして紹介に頼ってしまうと、何か違うで終わってしまいます。

「結婚したいかどうかも分からない」

婚活をしている女性がよく口にする言葉がこれです。結婚したいなら婚活すればいいと思いますし、したくないなら結婚以外の幸せもあるでしょう。ですけど、結婚したいと思っていないのに婚活をしているという女性もかなりの人数います。そんな女性に結婚について聞いてみると、いつかはしたいと思っている人が大半。つまり、今すぐ結婚したい、という理由がないので決断が先延ばしになってしまっているんですね。

 

婚活が上手くいかない女性の特徴

 

では一体、婚活が上手くいかない女性にどんな特徴があるのでしょうか?まずはここを検証していきます。

 

①期間を決めていない

3年以上婚活をしています、という女性も最近では珍しくなくなりました。なかには5年以上という女性もいらっしゃいます。そんな女性の特徴としては、婚活に期限を設けていないことです。いつまで、というのがないので、いい人が現れたら、という考えで動いています。そうすると、「もしかしたら、もっといい人が現れるかも」といつまでも決めきれなくなってしまいます。もっといい人を探し出すと、終わりがないので婚活を延々と続けてしまうことになります。

 

②変わることが嫌

特に昔モテた女性に多いです。男性が自分に合わせてくれるのが当たり前というのがあります。そうすると、この男性は自分に何をしてくれるのか?という発想になります。僕の婚活相談に来られている40代後半の女性の発言が印象的でした。「20代の頃、男性は色々やってくれるもんだと当たり前のように思っていた」バブルの世代ですね。世の中が女性をチヤホヤしていた時代です。その頃の感覚そのままにいるとしたら、現状を受け入れるのは難しいのかもしれません。自分を変えたり、相手に合わすことよりも、男性に注文することに意識が向いてしまいます。

 

③精神的に自立できていない

特に実家暮らしの女性に多いです。中には40代で親と一緒に結婚相談所に行く女性がいます。

それも結構な人数いるんです。ちゃんと仕事をしていて経済的にも自立していそうに見えても、子どものままの精神状態だったりします。誰かに何かをしてもらうのが当たり前、安全な場所で挑戦がない人生。誰かと結婚して家庭を築いていくということが、そもそも難しいのかもしれません。

 

④理想の条件に妥協できない

誰もが理想の条件を持っています。それ自体は全く問題なく、むしろ「誰でもいい」というほうが厄介です。

ですけど、理想の条件が厳しすぎる場合は、これまた逆に難しいです。これは、ベストな買い物をしたい、という心理と似ています。自分の基準の中である程度収まっていれば、満足できるという買い方をする人がいます。

一方で、とにかくベストのものでないと満足できないという人もいます。どちらが、物を買ったあとの満足度が高いかというと、自分の基準の中に納まっていたら満足できる人です。こちらの方が決断も早いですし、買ったあと、他の商品を見たりはしません。ですが、ベストな買い物をする人は買ったあとも、「もっと良い買い物ができたのではないか?」と満足できないんです。同じことが結婚相手選びでも言えます。しかも、結婚の場合は、一度決断したら後戻りが難しいので、余計にタイミングを逃してしまいます。たとえ結婚したとしても、男性に不満を感じやすいです。

 

⑤自分に自信がない

自分に自信がない人は、相手から断れたときのショックが大きい。ですので、余計に慎重になります。相手が受け入れてくれないと、積極的にアプローチできないのでなかなか上手くいきません。しかも、仮に男性が「あなたのことがいいです」と言ってきたとしても、それを素直に受け取ることができません。結果的に、自らチャンスを潰してしまうことも多いです。

 

⑥完璧主義で行動できない

一見、完璧主義の方が理想を叶えやすいように思えます。ところが、逆に完璧主義は何も物事を達成できません。なぜかというと、完璧にできないことは行動に移せないからです。つまり、ゼロ点か100点なんです。完璧主義ではない人の方が理想に近づけます。50点でも60点でもいいから、試すことができるからです。ゼロ点より50点の方が理想に近いですよね。そうやってまず試しているうちに、70点、80点と自分に合った相手に近づいていけます。これも、完璧主義の人には、「100点じゃなきゃ意味がない」と言われてしまいそうですが。

 

上手くいく人の特徴

逆に上手くいく人はどんな人なのでしょう?単純に、上手くいかない女性の特徴の逆になりますが、整理しておきましょう。婚活相談に来られる女性で、半年以内に結婚相手を見つけていく方の特徴はこんな感じです。

 

・明るい

・アドバイスを行動に移せる

・笑顔が素敵

・柔軟性がある

・上手くいかないときも人のせいにしない

 

婚活が上手くいく女性は、相手の人間性で選んでいる人です。結婚したあと、恋愛感情は冷めていきますし、男性の条件も変わっていくかもしれません。最近は会社がどうなるかも分かりませんし、見た目がいい、と思ってもハゲてきたり太ってきたりします。そんなとき、相手の男性と一緒に過ごせるかどうかは、男性としてではなく、人として好きになれるか?です。一言でいうと、表面的なことではなくて、相手を見ましょう、ということですね。

 

婚活が上手くいかない根本的な原因

もう少し、婚活が上手くいかない原因を深く探っていきましょう。こういうと、身も蓋もありませんが、男女の違いです。

 

①男女の違い

そもそも婚活が上手くいかないのは、男女の違いを分かっていないからです。女性は相手の男性を好きにならないと結婚しません。いくら婚活であっても「恋愛」ありきなのです。ところが男性は、あまり恋愛を重視していません。婚活に来る男性は結婚相手を探しているんですね。すると、2人の関係は噛み合わなくなってしまいます。つまり、ときめかないのです。そうすると、いくら条件の良い男性が目の前に現れても「何か違う」となってしまいます。逆に、ときめく男性に魅力を感じてしまいます。婚活をしている男性で、ときめく男性というのは、条件や人間性に難ありという場合がほとんどです。

婚活が上手くいかない女性は、自らダメ男にときめいてしまう傾向にあります。

 

②相手のことを考えていない

婚活をしていると、どうしても自分の都合で相手を探してしまいます。ところが、結婚はお互いさまなので、相手の都合も満たしてあげられないと相手に選んでもらえません。自分に都合の良い男性が見つかったとしても、相手にとってメリットがなければ選んでもらえないのは当然です。相手の男性が私を選ぶメリットを考えないといけないわけです。この発想を持てるかどうかはとても重要です。上手くいく女性は、まず相手の男性にとって自分と結婚するメリットを考えます。つまり、相手のニーズを満たしてあげられる男性が自分にぴったりの相手になるんですね。

 

③義務感で婚活している

「婚活に疲れました」という女性は、だいたいが義務感で婚活をしてしまっています。「結婚したい」ではなく、「結婚しないといけない」になっているんですね。親が結婚しろと言うから、という他人のせいにしてしまっている場合もあります。そろそろ年齢だから、友だちが結婚して焦った、とかの理由も義務感です。子どもを生める年齢が過ぎてしまうから、も残念ながら義務感です。「子どもを生みたい!」なら結婚したいになるのでしょうけど。自分の内側から、「幸せになりたいから結婚したい」というのがないと婚活は上手くいきません。そんなときは少し休んでみて、「結婚したいな」と思えるようになってから婚活を再開してみてください。

 

↓↓↓

みかん企画では、毎週末、静岡県愛知県で少人数婚活パーティーを開催しております!朝婚活パーティー、カフェ婚活パーティー、夜婚活パーティー、ワークショップ型婚活パーティー等、様々なタイプの婚活パーティーをご用意しております!

-婚活コラム

Copyright© みかん企画 , 2018 All Rights Reserved.