婚活のリアル年収【30代40代男性編】~高年収男性の見分け方~

2018/08/03

心理カウンセラー:吉本みかん

婚活をしていると、お相手の年収って気になりますよね。

特に女性は、年収を気にされる方が多いと感じています。

僕も10年近く婚活パーティーの運営をしてきました。

婚活男性の年収をデータを踏まえ、実際に婚活パーティー運営をしてきた僕の経験と合わせてお話します。

男性の年収ゾーン別に、結婚後のライフスタイルをシミュレーションします。

今回は、

  • 婚活男性のリアル年収はどうなの?
  • 年収が高い男性の見分け方
  • 高年収の男性はどんな女性を選ぶのか?

をテーマにお伝えします。

婚活男性のリアル年収はどうなの?

30代40代男性の平均年収

最近の傾向として、婚活は30代40代が中心になってきています。

「平均年収.jp」という面白いサイトがあります。

このサイトでは、日本のあらゆる年収データをまとめてくれています。

その中で、平成28年の30代男性の平均年収は484万円、40代男性の平均年収598万円とあります。

ただし、これはあくまで平均値です。

実は、婚活をしている男性の平均ではありません

当然、既婚者も含まれますし、東京と地方では100万円近くの差があります。

本当は、実際の婚活男性の平均年収を知りたいところです。

ですが、婚活に当てはめると統計の根拠が乏しくなってしまうので、実際に婚活パーティー運営をしてきた僕の経験でお話します。

【年収300~400万円代の男性】

地方では、30代でもこれくらいの年収の男性は多いです。

もちろん地方にもよりますが、僕が婚活パーティーを開催している静岡県や愛知県では企業の工場がたくさんあります。

そうすると、「会社と自宅の往復では出会いがなくて」と言って参加されるんです。

それでも、地方ではこれくらいの年収があれば生活は成り立ちます。

むしろ、定時に仕事が終わって家庭と仕事を両立しやすいです。

共働きが希望などの生きがい重視の女性は、時間に余裕があるこの年収ゾーンの男性は狙い目です。

女性がパートで共働きをすると世帯収入も500万円前後になるでしょう。

正社員で働きたい、という希望の女性でしたら、世帯収入も600~800万円になりますので、わりと裕福に暮していけます。

【年収500~600万円代の男性】

ある程度、責任のある仕事に就いている男性です。

その分、忙しかったりします。

年収500万円以上というのは、婚活ではわりと年収は多いほうです。

その分、男性をめぐる女性間の競争率が高くなります。

平均年収からすると、わりといそうな年収ですが、他の女性からの狙いも集中します。

女性もそこそこ頑張らなくてはいけません。

この年収ゾーンの男性と結婚したら、女性はパートで子育てといったライフスタイルも多いですね。

ただし、男性の残業も多いですので、普段は1人で家事と子育てをしながら、土日は家族でお出掛け、といったライフスタイルが中心になります。

女性も正社員で共働きとなると、世帯収入も800~1,000万円。家事と子育ては男女分担が基本になるでしょう。

地方ならマイホームを建てても十分暮していける年収です。

【年収700万円~800万円代の男性】

この年収の男性になってくると、もうほとんどいません

いないというのは、婚活市場で売れ残っていないという意味ではなくて、そもそも世の中にいないんです。

本当に、これくらい稼いでいる男性は少ない。

しかも、婚活中で30代40代の独身でこの年収というと、僕もそうそうお見かけしません。

会社員だと、大手企業に勤めているとか、管理職とかになってきます。

経営者ならいるかもしれませんが、どちらにしても男性はとても忙しいです。

そこを理解できないと結婚は難しいかもしれません。

逆にこういう高年収の男性は、その仕事中心の生活を支えてくれる女性を求めています。

また、この年収であれば専業主婦もできてしまいます。

というか逆に、男性側はとても忙しいので女性には家を守ってもらいたい、というニーズが多いですね。

女性も外に出て働きたい、という場合は男性の高収入が共働きの妨げになってしまうかもしれません。

自分も外でバリバリ働きたい、という女性にはこの年収ゾーンの男性とライフスタイルが合わないでしょう。

【年収1,000万円以上】

この年収を会社員の男性に望むとしたら、探すのはほぼ不可能です。

役員クラスとか、金融関係で成果報酬で働いているとか、普通の会社員とは違う働き方をしています。

それでも、1,000万円の年収がいいという女性は、会社員ではなくて経営者を探す方が現実的です。

経営者で年収1,000万円なら探せば見つかります。

そうすると、もちろん専業主婦になる確率が高いです。

そのうえで、男性の仕事や事業を理解したり、ときには手伝ったりということも必要かもしれません。

そうやって、仕事とプライベートも含めた人生を共にするパートナーを見つけたい女性には、経営者の男性もいいかもしれません。

ライフスタイルとしては、男性の仕事が中心に回ることになるでしょう。

実際に、僕は奥さんと一緒に会社をやっていますが、仕事とプライベートの境目がないライフスタイルです。

これは好みですので、どちらがいいとは言えませんが。

【年収は気にしない】

こういう女性も現実にいます。

むしろ、男性の年収を気にせず、相手の人間性を見る女性のほうが年収の高い男性に振り向いてもらいやすくなります

婚活パーティーに参加する男性の中にも、「高収入だから年収は書きたくない」という方も多いです。

年収で寄ってくる女性が多くて、高収入の男性もこれまであまり良い経験をして来なかったのでしょう。

年収が高い男性の見分け方

そうは言っても、男性は正直に自分の年収を言わない場合がありますよね。

でもこれは、ある程度判断ができます。

①小ぎれいにしているか

特別オシャレでなくても構いませんが、それなりに服装に気を遣っているというのは大事です。

最近の服は、どれもオシャレですが、やっぱり安物は質感が良くないですね。

かといって、特別高い服を着ているから良いというものでもありません。

それはお金がないの男性が高い服でごまかしているだけかもしれませんからね。

同じことは乗っている車にも言えます。

都会でしたら車を持っていないかもしれませんが、地方だと移動手段がだいたいが車になります。

それなりにきれいな車を小ぎれいに乗っているか、というのも大事ですね。

というのも、これは直接年収と関係ないかもしれませんが、服装や車を小ぎれいにしているというのは、自己管理が行き届いています。

そういう男性は、仕事もテキパキできますので、年収が高いです。

住んでいる家も小ぎれいにしているかも重要です。

②時間を守れるか

これはとても重要です。

レスポンスの早さ、とも言えます。

仕事ができるというのは、そのレスポンスの早さが大事です。

仕事を任されたとき、報告や連絡が遅かったり、段取りがもたもたしていると給料が上がりません。

年収が高い男性は、ここら辺がきっちりしています。

時間を守る、というのは約束を守る、納期を守るということも同じです。

とは言っても、もしかしたらこの基準だけでは、今の年収が低いという場合があるかもしれません。

ですが、こういう習慣を持っている男性は出世をしていきますので、むしろ金の卵を見つけた、と思って様子を見てみるのもアリです。

③素直かどうか

素直というのは、変なプライドや自分のやり方にこだわりが少ないという意味です。

これと年収に何の関係があるのかというと、かなり大きいです。

素直でないとそもそも仕事が覚えられません。

特に、今の世の中は変化が激しいですので、新しい技術や、成功のルールも日々変化していきます。

そんなとき、上手くいくやり方を素直に受け入れたり、今までのやり方を見直したり柔軟にできる人が出世していきます。

自分よりも年下の人の意見も素直でないと聞けません。

しかも、最新の情報は若い人が持っていたりするんです。

僕もインターネットの勉強をするのに、33歳の先生に教えてもらいました。

この記事を書いている時点で僕は41歳ですが、インターネットの世界はその先生のほうが詳しいんです。

そんなときに、何が成功のカギを握るかというと、ただ素直に「教えてください」と年下の先輩に言えるかどうか。

女性の意見も素直に聞けるとしたら、その男性は変なプライドも少ないでしょう。

高年収の男性はどんな女性を選ぶのか?

年収の高い男性と、年収の低い男性。高収入の男性を望む女性は、もしかしたら違いは年収だけ、と思っていないでしょうか。

高収入であればあるほど、その男性と話が合わないといけません。

先ほどの男性の年収のところにも書きましたが、高収入の男性は、お金目当てで寄ってくる女性は避けたいところです。

というのも、養って欲しいというだけの女性だとしたら、男性側からすると結婚の意味がないからです。

もし、お金目当てで寄ってくる女性を選ぶとしても、一時的な遊びか、それこそ若くてキレイな女性を選びます。

そうだとしたら、こういう男性に選ばれるためには、まず自分の仕事や生き方をしっかりできていることの方が大切です。

つまりシンプルに、高収入の男性に見合う女性になる、ということですね。

だからと言って、同じように女性が高収入であればいいという話でもありません。

そこが少し難しいところです。

逆に、女性の方が収入が高いと嫌がる男性もいますし、特に、女性起業家だと男性も張り合ってしまいます。

お互いに切磋琢磨して、という関係もいいんですが、僕が見てきた中では、なかなか上手くいかないケースが多いですね。

高収入の男性はどこで探せばいいのか?

本当は、経営者が集まる交流会とか、コミュニティに参加するのがいいですが、それに参加するにはそこそこ女性も頑張らないといけません。

そうなってくると、結婚相談所というのが1つの選択しとして上がってきます。

結婚相談所には、年収の高い男性は確かにいます。

ところが、それは高収入だけど結婚できない、ということとイコールなので、何かしら別の問題を抱えています。

コミュニケーションが苦手とか、家の事情とか、競争心が強すぎて仕事以外の人間関係が上手くないとか。

そうでなければ、普通は結婚しています。

なぜなら、他の女性がそんな男性を放っておくはずがないからです。

女性は常に良い男性を探していますし、女性はそういう男性を1回捕まえると絶対に逃しません。

結婚している確率が高いです。

ですけど、とにかく男性の収入が高ければOKという女性でしたら、1つの選択肢として結婚相談所はアリです。

その場合は、年収以外の条件を全て外すくらいの覚悟が必要です。

どんな結婚生活をしたいのか?

まとめると、女性は男性の年収をとても気にします。

ただ、それはあくまでも幸せになるための手段に過ぎません。

僕が好きな言葉でこんなのがあります。

「お金で愛は買えない、でもお金がないと愛は続かない」

そういう意味では、男性もある程度はしっかり稼がなくてはいけません。

逆にあなたが助成だとしたら、ちゃんと真面目に働いている男性であれば、それでOKくらいにしておかないと、本来の目的を見失ってしまいます。

もちろん、男性の年収は気になると思いますが、それは1つの条件程度であって、それだけを目的にはしないということが大事ではないでしょうか。

 

↓↓↓

みかん企画では、毎週末、静岡県愛知県で婚活パーティーを開催しております!朝婚活パーティー、カフェ婚活パーティー、夜婚活パーティー、ワークショップ型婚活パーティー等、様々なタイプの婚活パーティーをご用意しております!