ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

婚活パーティー攻略法

婚活パーティーでカップル不成立でも、デートはできる!

投稿日:

婚活パーティーの最大の目的は、意中の異性から○をもらうことです。
ただ、残念ながらなかなか簡単には○はもらえないのが現実です。

その理由には、あなたの第一印象であったり、会話であったり、様々な要因があるかもしれませんが、それよりも何よりも、「この人とはあまりピンと来ないな」といったザックリとした感想で○をもらえないことが殆どです。

ほんの数時間の婚活パーティーで、この人はアリかナシかを判断するのは、とても難しいこと。
もしかすると、あと1時間あれば、もう少しお互いのことをより知れて、○をもらえるチャンスだってあるかもしれません。

・マッチングしなくてもデートに誘いたい
・婚活パーティーの結果ではなく、二人きりで会った時の会話が重要
・パーティー後に直接声をかけるのは避けましょう
・メッセージカードをフル活用
・連絡の仕方
・相手の反応を最優先
・婚活パーティーは、○をもらうことだけが目的ではない

マッチングしなくてもデートに誘いたい


「第一希望の女性から、○がもらえなかったのですが、どうしても諦めきれません。お茶に誘いたいのですが、それってルール違反なのでしょうか?」(30代・男性)

この様なご相談を沢山いただきます。

第一希望の方とカップリングしなかった時点で、「NO」と言われていると解釈してしまうのはまだ勿体ないです。
どうしても諦めきれない場合は、自ら連絡を取り、お茶に誘ってみてもルール違反にはなりません。

婚活パーティーの結果ではなく、二人きりで会った時の会話が重要


確かに、ものの数時間の婚活パーティーで、お互いのことを深く知ることは不可能です。ましてや、他にも沢山参加者がいる中、特定の人とじっくりお話するなんてことは、とても難しいです。

婚活パーティーで○がもらえない理由は、単純に「何かピンと来ないから」「ドンピシャじゃないから」といったざっくりとした理由が殆どです。

大事なのは、婚活パーティーでの結果ではなく、実際に二人きりで会った時にどんな会話をできるかです。

そのためにも、意中の異性にはマッチングしなかったにしても、一度はアプローチしてみましょう。

婚活パーティーでの印象はイマイチだったけれども、二人きりで会うと「この人、意外と良い人かもしれない」と思ってもらえたら、次に繋がる可能性が大きいです。

逆のパターンだってあります。

婚活パーティーでの印象はとても良く、○を付けたけれども、実際に二人きりで会うと、「会話がつまらなかった」「印象が全然違った」と、マッチングしたのに次に繋がらないことだってあります。

むしろこのパターンが殆どでしょう。婚活パーティーでマッチングしたカップル全員が結婚しているわけでは決してありません。
マッチング後に1,2回会って「何か違うな」と違和感を感じ、音信不通になってしまうことがとても多いです。

つまり、大事なことは、婚活パーティーでの印象ではなく、そのあとの二人きりで会った時の印象です。その為、婚活パーティーで○がもらえなかったからといって、諦めるにはまだ早いのです。

パーティー後に直接声をかけるのは避けましょう


マッチングしなかった相手をお茶やご飯に誘うには、連絡先交換をしなくてはなりません。

みかん企画に多い問い合わせがこちらです。

「婚活パーティー後、マッチングしなかった男性が走って追いかけてきて、ご飯に誘ってきて怖い思いをしました。面と向かって断りづらいです。」

主に女性からこの様な問い合わせがとても多いです。

マッチングしなかったからといって、パーティー後に直接声をかけるのはやめましょう。女性を怖がらせてしまうだけです。あなたの印象も一気に悪くなります。

そうではなく、パーティー中に連絡先を交換して、パーティー後にLINEやメールを入れる様にしましょう。連絡をもらった側も、直接よりもLINEやメールの方が、YESかNOの返事がしやすいです。

メッセージカードをフル活用


どこの婚活パーティーに行っても、メッセージカードや連絡先交換カードが配布されます。ただ、このメッセージカードを利用する人が意外と少ないのです。

「連絡先を交換するのはちょっと恥ずかしい」「メッセージカードの使い道がよく分からない」といった理由で、未使用のまま帰宅される人が多いのですが、このメッセージカードが要なのです。

気になる相手には、直ぐにメッセージカードを利用して連絡先を交換する様にしてください。そうすれば、万が一マッチングしなかったとしても、まだチャンスが残されます。

連絡の仕方


マッチングしなかったのに、どんなメッセージを送れば良いの?と思う方もいるでしょう。

先ず大事なことは、その日のうちに連絡をすることです。

パーティーの数日後にメッセージを送ってしまうと、あなたの印象が薄れ、断られてしまう可能性が非常に高いです。
まだパーティーの余韻が残っているその日のうちに連絡を入れてください。

メッセージ内では、以下を伝えましょう。

・お礼→パーティー中に、連絡先交換してくれたことに対するお礼。
・お詫び→マッチングしなかったけれども、連絡を入れてしまったことをお詫び。
・理由→連絡を取った理由。
・お誘い→デートに誘う。

この4点を伝えましょう。

「理由」の部分がとても大事で、ただ「もう一回会いたい!」と伝えるのではなく、「婚活パーティー中に話した話しの続きをしたい」や「あなたが話した○○がとても面白かった」など、パーティー中に話した会話を元に理由を述べましょう。

人は、自分が話した会話を覚えてもらえると、嬉しい気持ちになります。「自分に本当に興味を持ってくれていたんだ」と好印象を持ってくれるので、必ずパーティー中に話した会話について触れる様にしましょう。

○をもらえなかった相手にメッセージを送ることはとても勇気がいることですが、このチャンスを逃してしまっては、何も発展しません。

相手の反応を最優先


パーティー後に連絡をしても相手が難色を示した場合は、潔く身を引く様にしましょう。
一回誘ってみて、ダメならばそれ以上は誘わないことです。

また連絡をしても、相手から返事がない場合、再度送信することはやめておきましょう。
2,3日経ってもお返事がない場合は、残念ながら脈はない、という意思表示です。

勇気を出して連絡をすることはとても良いことですが、強引になりすぎないようくれぐれも気をつけてください。

一回アプローチして反応がない場合は、脈はないと思うようにしましょう。

婚活パーティーは、○をもらうことだけが目的ではない


もちろん意中の人から○をもらえることが1番嬉しいのですが、○をもらえなかったからといって諦めるにはまだ気が早いです。

婚活パーティーの第一目標は、○をもらうこと。
カップルにならなかった人へのアプローチが第二目標としてあります。

カップリングしなかったとしても、婚活パーティー中に連絡先を交換し、パーティー後にLINEのやりとりが続けば、十二分に可能性はあります。

もしかすると、マッチングしたカップルよりも成功する可能性が大きいかもしれません。マッチングしたカップルは、パーティー後にデートに行って「何だか印象が違うな」というギャップを感じることがあるかもしれません。

でも、マッチングはしなかったけれども、連絡先を交換し、やり取りを続けられた場合、その人の人となりをさらに深く知ることができ、「この人、意外と良い人かも。」という良いギャップを発見できるかもしれません。

○をもらえなかったからといって、気を落とすのではなく、きちんとパーティー中に連絡先を交換し、マッチングしなかった時のための対処法も打っておきましょう。

マッチングしなかったとしても、最終的に良い結果になることは十分にありえます。

-婚活パーティー攻略法

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.