恋人への別れ話の切り出し方 話す内容・タイミング・場所のご紹介


恋愛に別れは付き物です。
ただ、別れ方には気をつけないと相手に一生癒えない傷を負わせてしまう事もあったり、あなた自身が次の恋愛に動けない状況になってしまいます。

綺麗な別れはただの理想に過ぎないかもしれませんが、相手への最後の配慮として別れ方にも気を配ることはとても重要です。

・別れ話を切り出す前にやるべきこと
・別れ話の切り出し方
・別れ話をする際はこの場所で
・別れのタイミングは相手の繁忙期を避ける
・別れ話後の対処法
・会わずに別れを切り出すのはアリ?

以上のテーマでお話させていただきます。

別れ話を切り出す前にやるべきこと

恋人との別れ話はもつれる可能性が大きい為、入念な下準備が必要です。実際に別れ話を本人にする前に以下の準備を整えておきましょう。

① 本当に別れる?


再度、本当に別れる選択肢しかないのか考え直してみましょう。あなたが抱えている心のモヤモヤを相手にぶつけることにより、解決策が見つかる可能性もあるかもしれません。

別れ話を切り出す前に、今一度本当に別れるしか解決策がないのか考えてみてください。考えた結果、別れたいという決意が固まったら、別れ話を切り出しましょう。

② 距離を作る


別れ話をする前に、相手とは心理的な距離を作るようにしておきましょう。
連絡の頻度を減らしたり、会う回数を減らしたりと、少しずつ距離を作ることにより、お相手も様子がおかしいと察知できるはずです。
突然別れ話をするよりも、徐々に距離を作り、別れを予感させておくことが大事です。突然の別れ話に驚いた相手が逆上してしまうシチュエーションを避けなくてはなりません。

連絡の頻度を落とすだけでなく、デート中にややそっけない態度を取ったりなど態度で距離を作るのも良いかもしれません。

③ 取り繕わない


別れを決意したら、恋人の前では取り繕うとする行為はやめましょう。デートの時に必要以上にオシャレをしない、自分の悪いところを見せるなどして、ネガティブな部分を見せましょう。

自分の印象を下げることにより、相手も別れを受け入れやすくなるかもしれません。1番避けなくてはいけないことは、相手を傷つけること。相手を傷つけない代わりに、自分の印象を下げてみるぐらいはできるのではないでしょうか?

④ 前以て、報告する


別れ話をする際は、前以て相手に「大事な話があるから、時間をください。」と伝えておきましょう。そうすることにより、相手も別れ話を察知でき、少しばかりの心の準備ができるはずです。

事前に報告しておくことにより、あなた自身も別れの決意がさらに固まり、いざ当日になったら、気まずくて別れ話ができなかったという状況も避けられるでしょう。

別れ話の切り出し方

先ほどもお話した通り、別れることで相手を傷つけてしまうのは事実ですが、それでもなるべく深い傷を負わせないようにすることが、あなたにできる最後の優しさです。
その為には、別れ話の切り出し方には細心の注意を払わなくてはいけません。

① 結論からしっかり言う


話を切り出したら、先ず「別れたい」ときちんと伝えましょう。

相手を傷つけないようにと、「あなたはとても良い人なんだけれども」「いまだに心の整理がついていないんだけど」など、回りくどい説明から始めてしまう人が多くいますが、そうなると相手も別れ話なのか否か混乱してしまいます。

あなた自身も結論が言いづらい状況になってしまうので、先ずは「別れたい」という意思を、話の始めにきちんと伝えましょう。
「ここ最近ずっと考えていたんだけど、あなたとはもう別れたいの」と、あなたの覚悟を真っ先に相手に分かってもらいましょう。

② 余計な話題はしない


別れ話は、会ったら真っ先に切り出しましょう。
デートの帰り際に別れ話をしてしまったなんて話をよく聞きますが、相手からすると「何で今!?」と戸惑ってしまいます。
余計な話題でごまかすのではなく、会ったら真っ先に話すようにしましょう。

③ 相手の話をきちんと聞く


別れ話は一方的です。
別れるという決意は固まっていたとしても、相手の話にも耳を傾ける姿勢を示しましょう。

先ずは、あなたから別れ話を切り出し、想いを伝えた後に、「あなたの話も聞かせてほしい」と一方的でない意思表示をすることにより、相手も冷静に話に向き合ってくれるはずです。

④ 期待を持たせる発言はしない


別れ話をする際、相手に気を使うことは大事ですが、偽りの優しさは不要です。
「今はもうあなたと付き合えないの。私が悪いの。」など、相手に期待を持たせてしまうような発言は避けましょう。

復縁する気がない場合は、相手に未練を持たせるような言動は控えてください。

⑤ 謝罪の言葉は忘れずに


もしかすると、彼の浮気ぐせが治らないから別れを切り出すのかもしれません。彼女の何かしらに不満を持って別れを決意したとは言えども、別れを決意したのはあなた。そして、相手が全く傷つかないわけはありません。

彼・彼女を傷つけてしまうような話をしてしまっていることに、きちんと謝罪の意を示しましょう。決して、声を荒げたり感情的になって別れ話をしないようにしてください。そのような行為は、相手を怒らせてしまい、別れ話がもつれてしまう一方です。

⑥ 最後まで話し切る


一方的な別れ話の切り方は良くないとお話しましたが、あなたのお話は最後まで話し切りましょう。あなたの話の途中で遮られてしまうと、話が違う方向に行ってしまったり、論点がずれてしまったりと、話の行き先がおかしな方向へ行くだけです。

先ずは、きちんと自分の話を話し切ること。その後に、相手の話に耳を傾けるようにしましょう。
万が一、話を遮ってきても「ごめんなさい。一度、最後まで聞いてもらえますか?話終わったら、あなたの話も聞かせてほしい」と伝えることが親切です。

⑦ 何が悪かったのか、きちんと伝える


理由が分からないまま恋人に別れを告げられてしまった人は、恋愛のトラウマにハマってしまい、挙げ句の果てには恋愛恐怖症に陥ってしまう人も数多くいます。
それだけ納得のできない別れは、人の心に大きな闇を抱えさせてしまうのです。

相手の何が悪かったのか、きちんと伝え理解してもらうことが大事です。
ただ、言葉を選んで伝えましょう。柔らかい表現で、お相手に納得してもらえるよう話をすることがポイントです。うやむやにしたまま、一方的に別れを突き出すことは許されません。

⑧ 最後に感謝の気持ち


別れ話には感謝の気持ちもマストです。
結果的に別れることになったとは言え、交際期間中は幸せな時間を共に過ごしたわけです。共有した時間に対しての感謝の気持ちを伝えることにより、相手も気持ちを受け入れやすくなります。別れ話には、謝罪の言葉と感謝の言葉がセットです。

別れ話をする際はこの場所で

別れ話は、話の仕方が重要ですが、場所の選択も間違ってはなりません。

① 密室(部屋・車)は避ける


どちらかの家などの密室での別れ話は避けたほうが良いでしょう。特に女性の場合、別れ話を切り出して、彼が逆上してしまうと、密室内で何が起きるか分かりません。
感情を露わにしないタイプの彼でも、いざ別れ話を切り出すと人が変わる可能性もあります。必ず密室での別れ話はやめましょう。車も避けたほうが良いです。

② 喫茶店


静かな喫茶店で別れ話を切り出すのは良いでしょう。人の目を気にして、自制心が働くので、突然暴れたり暴言を吐いたりなんてことは避けられます。
ただ、人目につく席での別れ話は、相手のプライドを傷つけてしまう可能性もあるので、なるべく人目につかない隅の席などが良いでしょう。

③ 公園


公園での別れ話も良いです。人目も気にせず、落ち着いて話せるはずです。ただ、話がこじれそうな場合は、なるべく人で賑わっている公園が良いです。
また、公園に呼び出す時点でお相手も別れ話だという事を感じ取ってくれるかもしれません。

別れのタイミングは相手の繁忙期を避ける


別れ話をするタイミングも重要です。タイミングを間違ってしまうと、話がこじれてしまう可能性も出てきます。

特に避けてほしいタイミングは、相手の仕事の繁忙期です。ただでさえ仕事で追われている時に、別れ話をされると大きなストレスを与えてしまうことになります。
相手の仕事に影響がでないタイミングを見計らうことが大人な対応です。

別れ話後の対処法

別れ話を切り出した時に、お互いが納得できれば良いです。ただ、残念なことに話がこじれてしまう事が多々あります。

① 別れを受け入れてくれた場合


相手が素直に別れを受け入れてくれると、「やっぱり別れたくないかも」と、あなたは躊躇してしまうかもしれません。別れ際で大人な対応ができる人はとても魅力的ですが、ここでまたあなたが曖昧な行動を取ってしまうと、相手を傷つけるだけです。
別れを決意したのならば、あなた自身がブレないよう気をつけましょう。

② 逆上した場合


別れ話を切り出して、相手が逆上した場合、決してあなたも声を荒げたり感情を高ぶらせたりしようにしましょう。謝罪し続ける事が賢明です。ただ、万が一、彼が暴力を振るったりした場合は、必ずその場からすぐ去り、助けを求めるようにしてください。

それ以降は連絡を取る必要は一切ありません。というか、連絡は絶対取らないでください。

③ 別れたくない!と言ってきた場合


どうしても別れたくないと訴えてきても、別れると決意したのならばきっぱり別れましょう。それ以降は、一切連絡を取ってはいけません。
連絡が来ても無視し続けることにより、あなたの決意が固いものだと相手も確信します。
それでも、しつこくあなたに連絡をしてきたり、ストーカーのような行為に出た場合は、必ず証拠を残してください。

会わずに別れを切り出すのはアリ?


直接、面と向かって別れを切り出すのが気まずく感じ、電話やLINEで別れを切り出したいという人もいるでしょう。

電話に関しては、相手が電話にでない事もあります。また電話に出てくれたとしても、相手が別れ話を聞いてくれるタイミングではないかもしれません。
どうしても電話で別れ話をしたい場合は、事前にメールなどで「大事な話がある」と伝え、日時を決めてください。

LINEやメールに関しては、話がもっとこじれる可能性があるので要注意です。文字では、あなたの表情や仕草を見る事ができない為、間違った解釈で捉えられてしまう可能性もあります。また、文字のやりとりだと終わりが見えなくなってしまう事もあるので、あまりオススメできません。

それでも、どうしてもLINEやメールで別れを告げたい場合は、相手に別れを切り出し、それ以降の連絡には返事をしないようにしましょう。ここで1回でも返事をしてしまうと、やり取りが続いてしまうだけです。

ただ、一方的な別れ方なので、何度も言いますがあまりオススメできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
別れで1番大事なことは、いかに相手に配慮ができるかです。
ただでさえ傷つく別れ話。この傷がなるべく深い傷にならないよう、慎重に別れ話はしてください。お互いが前向きな気持ちになれる別れは、あなたの気遣い・配慮次第です。