ミラーリング効果を使えば、言葉を使わず相手から好かれる!

気になる異性が目の前にいるとします。
さて、この異性に言葉を使わずに関心を引き寄せるにはどんな方法があると思いますか?

今日は、言葉なしで相手に好意を伝えられる「ミラーリング効果」についてお話させていただきます。

会話は苦手、好きな人といると緊張でうまく話ができないという人は、まずミラーリング効果からトライしてみるのはいかがでしょう?

・ミラーリング効果とはなに?
・恋愛でのミラーリング効果の活用法 5選
・LINEでのミラーリング効果の活用法
・ミラーリング効果の間違った使い方

以上のテーマでお話させていただきます。

ミラーリング効果とはなに?


恐らく一度は「ミラーリング効果」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

ミラーリング効果とは、自分に真似た言動をとる人に対して、好意を抱きやすい心理傾向を指します。また、自分が好意を寄せている人の言動を無意識に真似してしまうこともミラーリング効果と言います。

ご自身の友人関係を振り返ってみましょう。
「類は友を呼ぶ」という言葉通り、あなたの考え・言動に似た友人が多くありませんか?
実際に、自分に似た人たちの方が、気心が知れて居心地が良いので、一緒に遊ぶことが多いということもあるでしょう。

このミラーリング効果を意識的に使うことにより、気になる異性との距離も縮めることができます。

恋愛でのミラーリング効果の活用法 5選

それでは、このミラーリング効果を恋愛の場面でどのように使っていけば良いのでしょうか?

① 好きな人の仕草を真似る


好意を寄せている人の仕草をよく観察して、一緒にいるときは、その仕草を真似するようにしましょう。

例えば、相手が足を組み替えたとき、あなたも足を組み替えてみましょう。
相手が前のめりに座ったら、あなたも前のめりに座りましょう。
相手が悲しい顔をしているときは、あなたも悲しい表情を作りましょう。
相手が楽しそうに笑っているときは、あなたも笑顔を見せましょう。

このように一個一個の仕草を真似ることによって、相手はあなたに対して親近感を持つようになります。

② 同じものを注文


好意を寄せている人とのデート。
お相手がアイスコーヒーを頼んだ場合、あなたは何を頼みますか?
ここで、ミラーリング効果を使って恋愛を成就させたい場合は、あなたもアイスコーヒーを頼むことをオススメします。

飲み物だけでなく、食べ物も同じです。
全く同じ食べ物を頼む必要はありませんが、相手がカルボナーラを頼んだ場合、あなたもクリーム系のパスタを頼みましょう。
相手が、ナポリタンを頼んだ場合、あなたもトマトベースのパスタを頼むようにしてみましょう。

そうすることにより、相手は「自分と趣向が似ている人なんだ!」と親近感が沸くのです。

③ 相手が食べるときに食べる、相手が飲むときに飲む


ミラーリング効果を使って、食べる・飲むペースも相手に合わせるようにしましょう。
相手がアイスコーヒーを飲もうとしたら、あなたも一緒にアイスコーヒーを飲んでください。
相手が前菜のサラダを食べようとしたら、あなたもサラダを食べてください。

「食べ物の趣向が合うだけでなく、食べるタイミングも一緒なんだ!」とさらに、親近感を持ちます。

また食べるスピードも、意外と人は気にします。
自分よりも食べるスピードが早い人と一緒に食事をすると、どこか居心地が悪く感じてしまうもの。

ミラーリング効果を使って、相手のペースに合わせて食事をすることにより、さらにあなたに対し、好印象を持ってくれます。

④ 相手と同じ言葉を繰り返す


コミュニケーションが苦手な人は、ぜひミラーリング効果を活用して、相手の言葉を真似するようにしてみましょう。

例えば、相手が、
「先週のドラマ、泣けたよね。」と話してきた場合、正しい回答は何でしょう?

「うんうん。来週も楽しみだよ。」と答えてしまっては、NGです。

相手が使った言葉を繰り返すことがミラーリング効果なので、この例で言うと、

「うんうん、本当に泣けたよね。来週も楽しみだよね。」が、正しい返し方です。

もう1つ。

相手が「この前、嵐のコンサートに行ったんだけどさ」と話しかけてきたときは、

「へえ!嵐のコンサートに行ったんだ!どうだった?楽しかった?」正解例
「そうなんだ。どうだった?」NG例

大事なことは、相手が使った言葉を繰り返し使うことです。そうすることにより、相手は、自分の話をきちんと聞いてくれているんだ、とあなたに対して好印象を持ってくれます。

特に女性は自分の話をしっかり聞いてきくれる男性を好む傾向にあるので、男性の皆さんは早速実践し、意中の女性の感心を引き寄せましょう。

⑤ 相手の持ち物を真似る


言葉、仕草だけでなく、物も真似ることにより、ミラーリング効果は発揮されます。

例えば、お相手がくまモンのストラップをつけている場合、あなたもこっそりくまモンのストラップを入手して、早速スマホにつけましょう。

そうすることにより、相手は「あれ!?同じものを持っている!」と、あなたに対して親近感を持つようになります。
「くまモンのストラップ、お揃いだね。」と言われたら、「あ!本当だ!くまモン好きなの?」と、あくまでも偶然を装うようにしましょう。

LINEでのミラーリング効果の活用法

ミラーリング効果を使って、LINEでもお互いの距離を縮めることができます。

① 口癖を真似る


対面の会話同様、LINEでも人それぞれの口癖が見られます。
その人の使う言葉を分析し、あなたも真似して同じ口癖を使いましょう。

語尾に「なのだ!」をよく使う相手には、あなたも語尾に「なのだ!」をつけて返しましょう。
「しゅごーい!」といった言葉を使う相手には、あなたも真似して「しゅごすぎる!」と返しましょう。

LINEでも、さりげなく相手の口調を真似ることで、距離を縮めることが可能です。

② 同じスタンプを使う


例えば、相手がリラックマのスタンプを使っている場合、あなたもリラックマのスタンプで返しましょう。

もし、相手が持っているスタンプを持っていないならば、こっそり購入することをオススメします。
「同じスタンプ持っているんだ!」と相手は親近感が沸き、喜んでくれます。

③ やり取りのペースも真似る


相手が返信が早い人は、あなたもなるべく早く返事をするようにしましょう。
メッセージを送っても、返信に時間がかかる相手には、あなたもすぐ返信するのではなく同じぐらいの時間をあけて返信するようにしましょう。

先ほどもお話しした、食べるペースが同じだと居心地が良く感じる心理と一緒で、LINEのやり取りのペースもお互い同じペースであれば、相手も負担に感じず、気持ちよくあなたとやり取りができるのです。

ミラーリング効果の間違った使い方


ミラーリング効果は、人間関係を築くにはとても効果が期待できるテクニックですが、使い方を間違えてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。

ミラーリング効果を使うときに、1つだけ注意すること、それは「わざとらしいミラーリング」をしないことです。

相手が発言するたびに、ミラーリング効果を使用してしまうと、相手は違和感を感じてしまいます。
相手が持っているものを真似しすぎると、気持ち悪がられてしまいます。

つまり意識的にミラーリング効果をしていることが、相手にバレてしまうと、あなたに対してマイナスな印象を持つようになってしまいます。

相手から「この人、私の真似をしている?」と思われてしまうとアウト。あくまでも、「この人、私に似ているな。」と程よい感じで、親近感を持たせることがキーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミラーリング効果、相手の言動を真似することにより、二人の関係性をぐっと縮めることが可能です。
特にコミュニケーション能力に自信がないひとは、今すぐ実践できる恋愛メソッドなので、ぜひ今日から活用してみてください。

恋愛の場面だけでなく、ビシネスシーンでも効果は発揮できるので、どんどんミラーリング効果を使って、より良い人間関係を築いてください。