ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

婚活の心理

彼氏のことが、好きかわからない!気になるあの人への感情は恋愛感情?

更新日:


気になる人がいるけれども、その人への気持ちが特別な恋愛感情かが分からない。

もしくは、お付き合いしている人への気持ちが、恋愛感情なのか「情」なのかが分からない、という方が多いかと思います。

今日は、「好きかどうかわからない」時に役に立つお話をさせていただきます。

・「好き」の種類
・どんな「好き」にも共通していること
・友情と恋愛感情の違いは?
・彼氏のことが好きかわからない時

以上のテーマでお話させていただきます。

「好き」の種類

「好き」と言っても色々な種類の「好き」があります。
恋愛感情の「好き」、友達としての「好き」、大切な仲間に対する「好き」などあります。

「好き」には以下の5つの種類があり、これらが織り混ざって、恋愛感情を持つようになるのです。

① 仲間意識から来る好き


これは、友人や同僚に当てはまる「好き」という感情。仲間意識を持っている相手に感じる「好き」です。

また、今まではなかった仲間意識が生まれた時にも、相手に対して「好き」という気持ちが湧き出てきます。

② 性的感情から来る好き


これは異性に対して感じる特別な「好き」という感情。言葉通り、性的に刺激されるときに感じる「好き」です。

特に、出会ったばかりの人、まだ関係が浅い人に対し感じやすいこの「好き」は、外見的要素が強く影響されています。

③ 家族的な絆から来る好き


こちらも言葉通り、自分の親や兄弟、子供に対する「好き」という感情。
一緒に時間を過ごすだけで、湧き出てくる仲間意識の感情がこの「家族的な好き」です。

つまり、交際期間の長いカップルや夫婦は、この「家族的な好き」に当てはまるでしょう。

④ 寂しさから来る好き


孤独を感じたとき、誰かに頼りたいとき、寂しいが故、誰かを独占したいと思う時に出てくる「好き」もあります。

わかりやすく言うと、嫉妬もこのカテゴリーでしょう。嫉妬が理由で、束縛したい気持ちが強まるのは、この「好き」が原因で、寂しさから来るものなのです。

⑤ 名誉から来る好き


特に女性に多いです。

ハイスペック男性と付き合うことに幸福を感じる女性は多くいます。
地位がある男性、名誉のある男性に対して、女性は「好き」という気持ちが生まれます。
ハイスペックな男性と付き合うことにより、自分の位置も上昇すると思い、自然とそんな男性に好きという気持ちを持つ女性は意外と多いです。

どんな「好き」にも共通していること

様々な種類の「好き」があることがわかりましたら、これらの「好き」には共通している部分があります。

① 自分のことを好きになってほしい、好きになってもらえるために行動する


たとえ、相手が家族であろうと友達であろうと、恋人であろうと、好きな気持ちを持っている相手に対し、自分のことも好きになってほしいという欲が出てきます。

また、好きになってもらえるよう、行動します。

たとえば、相手が悩んでいる時に話を聞いてあげたり、好きな相手と話をする時は笑顔であったり、など日頃から無意識に行なっているものがほとんどですが、これは「好き」だからこその行動なのです。

② 接触を持てることに幸福を感じる


こちらも相手が誰であろう、好きな相手と会ったり、連絡を取り合うことにより、幸福を感じます。
仲の良い友人から来る連絡はいつだって嬉しいですよね。それは相手のことが好きだからです。

これが、苦手な職場の上司から連絡の場合、嬉しい気持ちは皆無ですよね(苦笑)それはあなたがその上司のことを好きではないからです。

いかがでしょう?気になる相手から連絡が来た時は、嬉しいですか?

友情と恋愛感情の違いは?

さて、ここからが本題です。
気になるあの人に対して、恋愛感情を持っているか否か、これらのポイントをチェックしてみましょう。

① 相手があなた以外の女性とキスをした時に、どう感じますか?


気になる相手が、あなた以外の女性とキスをした時、あなたはどう感じますか?

「絶対嫌だ!」「なんかあまり気分良くないな」と感じる場合は、友情ではなく恋愛感情を持っている可能性があります。ただ、自分より先に彼女が出来てしまうなんてずるい!という感情は、恋愛感情ではなく、ただ友情から来る嫉妬なのでお間違いないように。

あなた以外の女性とキスしている場面を、想像した時に頭からその絵を書き消したくなったら、それは恋愛感情でしょう。

② 他の友達たちと比べて、どうか?


気になる相手と、他の友達たちを比べてみましょう。

男友達と遊ぶ時はそこまで気にしないメイクや服装も、気になる相手と会う時は、いつもより気にしている、また会うとドキドキしてしまう場合は、恋愛感情があるのかもしれません。

③ 気になる相手からキスされたら?


気になる相手から突然キスをされた時のあなたの感情は?

特に恋愛感情のない男友達からキスをされた時は「何?私は全然そんな気じゃないんだけど。」と咄嗟に思うはずですが、「もしかしたらちょっと意識しちゃうかも。」と感じた場合は、恋愛感情を持っている可能性があります。

④ 気になる相手からの連絡を待っている?


ついつい、気になる相手からの連絡を待ってしまっている場合は、恋愛感情があると言えます。

自分から送ったLINEになかなか返事がない時に、「既読」が付いているか何度も確認してしまう。何か間違ったことを書いてしまったかな?と心配になってしまう場合、確実に恋愛感情があると言っても良いでしょう。

⑤ 気になる相手が今何をしているのか気になる


恋愛感情のある相手の場合、常に何をしているのか気にしてしまうものです。

友達に対しては、「今何しているかな?」「どこにいるのかな?」とは気になりませんが、恋愛感情のある相手のことは気になってしまうのです。何をしているのか気になるから連絡を取りたいという気持ちも見え隠れしますよね。

彼氏のことが好きかわからない時

それでは、今お付き合いしている彼氏のことが好きかどうか分からなくなった場合、この様なことを考えてみましょう。

① 彼氏の不満だけでなく、良いところを書き出してみる


彼氏のことが好きかどうか分からないという事は、彼氏への不満が募っている状況だと思います。

そんな時、不満は次から次へと出てくるので、逆に彼の良いところを具体的に挙げてみましょう。
彼の良いところを振り返ることにより、好きな気持ちも再び戻ってくるかもしれません。

② サプライズをしてみる


日数を重ねるたびに、付き合い当初のドキドキ感を感じなくなってくるのは、当たり前のこと。
ドキドキ感を感じなくなるのは、それだけ彼氏との信頼関係が築き上げられている証拠なのですが、どうしても女性は「本当に彼氏のことが好きなのかな?」と感じてしまいます。

そんな時は、マンネリを打破すべく、お互いイメチェンしてみたりサプライズプレゼントを渡したりなどしてみましょう。

安定した関係の中で、ちょっとした変化があると、ドキドキ感を再度味わえます。

③ いつもと違うデートコース


彼氏以外の男性と一緒にいる方が楽しい、と感じてしまうこともあります。

それは、単純に、新鮮だからです。新鮮が故に、他の男性の良い部分ばかり目がいってしまうのです。
そんな時は、彼氏と旅行に行ったり、行ったことのない場所にデートに行ったりと工夫してみましょう。

今まで見たことのない彼氏の一面を見られかもしれません。

④ 共通の趣味を見つける


ある程度、交際が長くなると、「一人の方が気楽で楽しい」と感じ始めます。
それは、一緒にいる時間が長い分、彼の嫌な部分が目につくようになるからです。でも、これは相手が誰であろうと、交際が長くなれば直面する壁です。

そんな時は、二人で楽しめるものを見つけてみましょう。
ゲームでも良いです。食べ歩きでも良いです。同じ趣味を見つけて、二人でいる時間を楽しい時間にすれば、モヤモヤした気持ちは解消されます。

⑤ どんな困難も一緒に乗り越えられますか?


彼と交際していく上で、将来のことを考えた時に「果たしてこの人が結婚相手で良いのだろうか?」と疑問に思ってしまうこともあるでしょう。
さらには、結婚のことを考えると、そもそも彼のことが好きか分からないと混乱してしまうこともあるかと思います。

先ほどもお話しした通り、付き合いたて当初のドキドキ感は永遠続くものではありません。

ただ、結婚に「ドキドキ感」は不要です。
結婚に必要なものは、安心と信頼です。

彼との結婚を考えた時に、「どんな困難も一緒に乗り越えられる!」と思えるならば、結婚しても後悔することはありませんので、安心して大丈夫です。

逆に「この人のために何でもできるとは思えない・・」と感じている場合は、今一度、彼との交際を考え直した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
気になる相手への感情は、もしかすると恋愛感情なのかもしれません。
ただし、「好き」という感情は、1日でコロッと変わってしまうこともあります。
急いで結論を出そうとせずに、ゆっくりと自分の気持ちと向き合ってみましょう。

また、彼氏がいるあなたは、一時的なモヤモヤで別れを決意する前に、もう一度彼とコミュニケーションを取る努力をしてみてみましょう。付き合いが長くなればなるほど、コミュニケーションは減っていきます。単純に、コミュニケーション不足で、迷いが生まれているだけかもしれませんよ。

-婚活の心理

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.