アラフォーが理想の結婚を引き寄せる秘訣 引き寄せの専門家にインタビュー

2018/09/27

From:吉本みかん

夢を引き寄せる専門家、ドリームボード認定講師の坪井美希さんに結婚を引き寄せる秘訣を聞いてきました。

ドリームボードの作り方も体験を交えて動画で解説しています。

こんな質問にお答えいただきました。

引き寄せの専門家 坪井美希さん インタビュー

Q.半年で結婚する人と3年経っても結婚できない人の違いは何ですか?

坪井さん:半年とか短い期間で結婚まで結びつく人は、理想の結婚とかパートナーとかのイメージが明確になっています。
例えば、外見とか、職業とか年収とか、具体的になっているほど引き寄せられる確率が高くなります。

逆に、結婚や結婚相手のイメージがあやふやだったりすると、結婚まで年数が経ってしまいます。引き寄せは普段から私たちの周りに起こっていることで、特別なことではありません。いかに、理想の結婚をイメージできるかが引き寄せのカギになります。

Q.引き寄せの法則は結婚や恋愛で本当に使えるのか?

坪井さん:特に女性は、引き寄せの法則が好きですよね。

実際に効果が出せる人と出せない人の違いとしては、自分の根底にある思い込みや考えがポジティブな人の方が引き寄せは起こりやすいです。理想の結婚生活を引き寄せるコツとしては、この思い込みや考えをポジティブに変えていくことが重要です。

Q.女性が引き寄せの法則に望むのは結婚が一番?

坪井さん:あると思います。女性は結婚や恋愛、結婚生活が一番大きなテーマだと感じています。

ネットとかを見ていても、やっぱり一番に上がってくるのは恋愛や結婚です。多くの女性に、この引き寄せのコツを掴んでいただいて、理想の結婚を引き寄せてもらいたいですね。

脳科学で考える引き寄せの法則
引き寄せの法則というと、ホワッとしていてなかなか理解がしずらいですよね。
分かりやすくいうと、脳の特性を活かして引き寄せを起こしています。

ですので、この脳の特性を理解することは引き寄せを起こす上で重要になってきます。脳はイメージしたものと、現実で起きているものの区別がつかないんです。そこでしっかりイメージできていると、現実でも引き寄せようとする力が働きます。

潜在意識で考える引き寄せの法則
私たちの意識って、100%のうちで3%しか意識できていないと言われています。
新しいところに出かけるときも、朝何時に起きて、何時に出て、ということを頭をフル回転させていますが、これらもたった3%の領域での出来事なのです。
私たちは、イメージした通りの現実を再現するように、無意識で動いていて、

その結果として、時間通りに約束の場所に到着することができるんですね。
つまり、理想の状態のイメージを無意識にインプットすることができれば、それを現実に再現できるというわけです。

Q.引き寄せられるという表現は正しいの?

坪井さん:先ほどの脳科学や潜在意識のところでお話したとおり、これを引き寄せと呼んでいる人もいます。思考の現実化、という表現の方がより正確ではないでしょうか。

Q.  アラフォー世代が結婚を引き寄せるには?

坪井さん:潜在意識には、幼少期からの思い込みも含まれています。
例えば、小さいころから学生の頃とかに何かに挑戦して、失敗したとか、そういう記憶が思い込みになったりします。
自分が何をやっても上手くいかないんじゃないかと思ってしまったり。

それが婚活でも出てしまうと、なかなか難しいです。40代になるまでの経験で、色んな積み重ねがあると思います。
それを、「何をやっても成功できる」ということをしっかり潜在意識にインプットする必要があります。

それがアラフォー世代の結婚への近道になるでしょう。

潜在意識に婚活の成功イメージをインプットする方法

ここまでお話した脳の特性を生かして、ドリームボードというものを使って、イメージを潜在意識にインプットしていきます。ドリームボードを作っていく過程で、理想の結婚生活へのイメージが具体的になっていきます。イメージしてください、と言われてもなかなかイメージって湧いてきません。

そこで、イメージ化を手助けするためのツールがドリームボードです。
アラフォー世代が、理想の結婚生活を引き寄せるためのアドバイスを坪井美希さんにいただきました。

解説動画はこちらです。

↓↓↓

ドリームボードを体験してみた!

【準備するもの】

・画用紙(A3など大きめがおススメ)
・のり
・はさみ
・雑誌

【手順①】理想とする結婚生活を考える

まずはイメージ。
2人で行ってみたい場所など、具体的に決まっていればそれを連想するような雑誌の切り抜きを選びます。

【手順②】雑誌をペラペラめくっていく

気になったものをどんどん集めていきます。
ここでは自分の心との会話になります。
この作業を通して、はじめて自分がどうしたいのかが分かった、という人も多いです。
自分の夢が分からない、という方もよく来られます。

【手順③】雑誌の気に入った所を切り抜く

どんどん切り抜いていきます。

【手順④】レイアウトして貼る

それをまずはしっくりくる位置に置きます。
位置が決まったら、あとは貼るだけです。

【手順⑤】現在完了形、もしくは過去形の補足文字

イメージが湧きやすいように、文字で補足する場合は、〇〇したい、ではなくて、○○していますとか、〇〇しました、という表現にします。
否定形を使わないのもポイント。
例えば、太らない、ではなくて痩せた、などの表現ですね。

↓↓↓


ドリームボード講師
ママの笑顔コーチ
坪井 美希

メール:miki.dream2017@gmail.com
ブログ:http://s.ameblo.jp/miki19840828
LINE@:『@pnq3503x』と検索
Instagram:@miki.tsuboi828
Facebook:https://www.facebook.com/miki.tsuboi2017

メニュー
ドリームボード講座
個人セッション
想いを話す♡おはなし会を開催。

かけがわTVパーソナリティーも務めていらっしゃいます!

会場協力 ウイングホーム(株) シェアショップそらまめ

かけがわTVで坪井美希さんと対談。