ひとりで行ける婚活パーティー&婚活攻略法

みかん企画

デート術

婚活デートと一般的なデートの違い 交際に発展するまでの理想的な婚活デートの回数

投稿日:

婚活のデートと一般的なデートでは、大きな違いがあります。

その違いをしっかりと把握して婚活デートに望まなければ、いつまでたっても生涯のパートナーを見つけることはできません。

今回は、婚活デートと一般的なデートの違い、そして婚活デートならではのポイントについてお話させていただきます。

・婚活デートの目的はたった1つ
・婚活デートの回数は、一般的なデートより多め
・婚活デートは、必ず次のデートに繋げよう
・交際に発展するまでの理想的な婚活デートの回数
・婚活デートは、短めのデートでもOK
・婚活中のLINEでの、駆け引きはNG
・婚活デートのキス

婚活デートの目的はたった1つ


みなさん、お分かりのように、婚活デートの目的はたった1つ、「結婚相手」を見つけることです。

一般的なデートは、ただ楽しい時間を過ごして関係を育んでいけばOKです。ただ、婚活デートの場合、楽しい時間を長々と過ごしているだけでは、目的は達成されません。

婚活デートを重ねて、相手がどんな人なのかを見極め、交際に発展できるのか?さらには、結婚相手にふさわしいか?を判断しなくてはなりません。

婚活デートの回数は、一般的なデートより多め


一般的なデートに比べ、婚活デートの回数は多めです。
1ヶ月に3回〜4回、つまり週1ぐらいのペースがオススメです。

先ほどもお話した通り、婚活デートの目的は「結婚相手」を探すことです。一般的なデートのように、ややゆっくりのペースで進めてしまうと、なかなか結婚までの道が縮まりません。

またお相手も婚活中の方でしたら、ペースが遅いことに「脈がないのかな?」「自分に好意はないのかな?」と思ってしまい、交際に発展する前に自然消滅してしまいます。

婚活デートで大事なことは、コンスタントにデートを重ね、次のデートにつなげていくことです。

婚活デートは、必ず次のデートに繋げよう


婚活デートの場合、デートの最後に必ず次のデートの約束を取り付けましょう。

もし、お相手が自分に合わないなと判断したら、次のデートをする必要がありませんが、少しでも良いなと思った場合は、絶対に次のデートの約束を決めてください。

デートが終わって、そこであぐらをかいてしまっては、お相手はあなたの元から直ぐ離れてしまいます。

先ほどもお話した通り、お相手も婚活中の場合、あなたと同じで「結婚したい」という気持ちがとても強いはずです。

あなたが結婚相手としてふさわしいパートナーか、お相手もあなたを見ています。そこで、次のデートの約束も取り付けず、期間を空けてしまうと、お相手は「もう脈がないのかな。時間が勿体無いから次に行こう!」と思ってしまい、別の人を探し始めます。

交際に発展するまでの理想的な婚活デートの回数


婚活デートは、一般的なデートに比べ、交際までのスケジュールがタイトです。お互いに結婚相手を探している状態なので、あまりゆっくりと進めることはできません。

交際できるか・できないかの判断は、4回目のデートで決めてしまうことが理想です。

1回目のデートでは、お互いの人となりをチェックするのがメインの目的です。

2回目のデートでは、「結婚」の話を触れてみましょう。お互いにどんな結婚観を持っているのか、どんな結婚生活を送りたいのか、じっくり話してみるのが良いです。

3回目のデートは、お互いの価値観のすり合わせをします。結婚観だけでなく、金銭感覚、家族関係など、より具体的にお互いの未来について話し合いましょう。

所謂、「結婚相手にふさわしい相手か」の最終チェックを、3回目のデートでしてください。

そして、最後の4回目のデートで、告白をしましょう。

婚活をしていても、なかなか次のデートに進めない人の大半が、「目的」を持たず、会っているだけなのかもしれません。
一回、一回のデートに目標を掲げ、結婚へ少しずつ近づいていくことが、婚活デートにはとても重要です。

上記のスケジュールは、あくまでも「目安」ですが、それぐらいのスピード感で、デートは進めていくことをオススメします。

関連記事:デートは2回目が勝負!誘い方とそのタイミングを検証

婚活デートは短めでもOK


デートとなると、デートコースを考えたり、お店を考えたり、色々とプランを練るでしょう。

もちろんお相手が喜ぶようなデートプランを組むことも大事ですが、それよりも何よりも大事なことは、会う回数を増やすことです。

決して、夜ご飯を毎回食べる必要はありません。30分のティータイムでも良いので、コンスタントに顔を合わせることの方が、大事です。

何度も顔を合わせることにより、相手もあなたに心を許すようになり、ストレス・負担がなく、あなたと会ってくれるでしょう。

「ザイオンス効果を使った恋愛メソッド」でもお話した通り、接触する機会が増えれば増えるほど、お互いの距離が縮まり、親密さを感じ、好意を抱きやすくなるのです。

相手はとても素敵な人だけれども、毎回デートプランを考えることが、やや面倒になってしまい、婚活がストップしてしまったという人もよく見かけます。

一般的なデートとは異なり、婚活デートは生涯一緒に過ごせるパートナー探しが目的です。生涯一緒に過ごすには、お互い無理のない関係を築き上げることが大事です。

交際前から無理をするのではなく、自然体を見せて、無理のないデートをコンスタントに重ねることが、結婚へ繋がります。

婚活中のLINEでの、駆け引きはNG


わざと返事を遅らせたり、既読スルーしたりと駆け引きをして、好きな人に振り向いてもらう手法がありますが、婚活中のLINEに関しては、そのような恋の駆け引きは絶対にNGです。

わざと返事を遅らせたりすることにより、相手は「もう脈ないのかな。」と捉え、あなたに連絡を取らなくなり、自然消滅してしまいます。

婚活中の人は、一日でも早く結婚をしたいと思っているので、あなたの恋の駆け引きに付き合う暇はありません。

もし相手からLINEが来たら、時間が許す限り直ぐに返事をするようにしましょう。

婚活デートのキス


一般的なデートでは、交際前に流れで「キス」をしてしまうことがあるでしょう。一般的なデートの場合、お互いが元から顔見知りな関係であることが多いため、交際前にキスをしてしまうこともなくはありません。

ただ、婚活デートの場合、交際前までは赤の他人であることが殆どです。
婚活パーティーや街コン、お見合いで知り合っていることが多いので、交際前にキスをしてしまうと相手が不快な思いをしてしまう可能性が大きいです。

その為、婚活デートの場合、1回目のデートでのキス・手を繋ぐのはNGです。

3,4回ぐらいのデートを重ねてから、手を繋ぐぐらいがちょうど良いでしょう。

キスに関しては、きちんと交際の申し込みをしてOKをもらってから、試みるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご覧いただいてわかるように、婚活デートは「結婚」というゴールが明確のため、交際までのスピードがとても早いです。

一般的なデートの感覚で、婚活を進めてしまうと、なかなか結婚相手は見つかりません。決して焦る必要はありませんが、いつもより少し早歩きするぐらいの感覚で、婚活デートに励みましょう。

なあなあなデートを重ねるのではなく、一個一個のデートに目標を持って臨んでもらえれば、あなたにふさわしい結婚相手が見えてきますよ。

関連記事:デートは2回目が勝負!誘い方とそのタイミングを検証

関連記事:「ザイオンス効果を使った恋愛メソッド!会う時間よりも会う回数で、恋愛の命運が別れる!」

-デート術

Copyright© みかん企画 , 2019 All Rights Reserved.