【男女別】結婚相手の決め手 結婚相手に欠ける特徴 

婚活をしていても、なかなかしっくり来る人が来ない。

彼氏・彼女は良い人なんだけれども、結婚の決め手に欠ける。そんな悩みを抱えている人は数多くいます。

今回は、結婚した人たちは、どんな決め手で結婚を決意したのか、深く掘り下げていきます。

・男性の結婚相手の決め手 TOP3
・女性の結婚相手の決め手 TOP 3
・結婚の決め手に欠ける男性の特徴
・結婚の決め手に欠ける女性の特徴

以上のテーマでお話させていただきます。

男性の結婚相手の決め手 TOP3

それでは、男性はどんなことが結婚相手の決め手になるのでしょうか?女性に求められるものは、ランキング形式で見てみましょう。

第一位:価値観


1番多かったのは、「価値観」でした。
いくら好きな気持ちがあっても、「価値観」が異なれば、共同生活は送れません。

結婚生活は、楽しいことだけではありません。恋人期間に比べると、夫婦になってからの方が様々な試練があります。
その試練を潜るには、夫婦が共通の価値観を持っていなければなりません。

マイホームを取得するには、共通の金銭感覚が持っていなければ、一生マイホームを手にすることはできません。妻に浪費ぐせがある場合、夫はストレスが溜まる一方で、二人の関係も悪化していくことでしょう。

身近なことで言うと、味覚もです。毎日食する食べ物がお互い好きなものがバラバラだと、最初は良くても、後々衝突の原因になってしまうこともあります。

同じ価値観を持って、同じ目標に向かえる二人でないと、夫婦の形は成り立ちません。

第二位:人間性が好き


二位は、女性の「人間性」でした。

女性の外見は、毎日顔を合わせていたら見慣れてしまうものですが、人間性に関して言うと、何年一緒にいても飽きることはありません。
「人間性」が好きな故に、きちんと相手のことも尊重できるはずです。

夫婦間で大事なのは、「お互いが尊重できるか?」です。尊重できるならば、長く一緒にいてもストレスを感じる事はなく、年月が経てば経つほど、強い絆が生まれてきます。

第三位:家事ができる


やはり家事ができる女性は、男性に大人気です。
特に料理が得意な女性に、思わず男性は「結婚したい!」と思うようです。
「彼女の美味しいご飯を毎日食べたいから結婚を決めました。」と言う声も意外と多いのです。

最近では、夫婦で家事を分担する家庭が増え、男性も積極的に掃除、洗濯などを手伝ってくれるようになりましたが、それでもやはり男性は女性に家事スキルを求めてしまいます。

女性の結婚相手の決め手 TOP 3

それでは、女性は男性のどんな所を見て結婚を決めるのでしょうか?こちらもランキング形式で見ていきましょう。

第一位:いつも自分を優先してくれる


女性は、特別扱いされると幸せを感じます。いつも自分を優先して接してくれる男性と、一生一緒にいたいと思うのでしょう。

男性同様、女性も結婚相手に「外見」を求めず、「内面」を求める傾向にあり、特に「一緒にいて楽しい」と思える男性と一緒にいたいのです。
交際するのはオラオラ系の男性の方が頼もしく感じますが、結婚相手として考えると、女性を1番に考えてくれる心優しい男性が好まれます。

第二位:尊敬できる


男性に尊敬できる部分があればある程、女性は結婚相手として見るようになります。
自分にはない考え方、行動力を持っている男性は、とても魅力的に見え、何か困った時に頼れる存在なのでしょう。

ピンチの時も、自分には持っていない解決策で対処してくれるという安心感が、女性を魅了するのです。

第三位:経済面


女性は、とても現実的です。やはり結婚となると男性の「経済状況」を見ます。
「好き」という気持ちだけでは、夫婦生活は送れないことも、女性は理解しており、ある程度の収入があって、やっと夫婦生活が成り立つと考えています。

「収入」も男性の魅力の1つなのは間違いありません。

結婚の決め手に欠ける男性の特徴

「あなたはとても良い人なんだけれども、結婚相手としては考えられない。」と言われてしまった苦い経験ありませんか?

良い人なのになぜ?という疑問にお答えします。結婚の決め手に欠ける男性の特徴はこちらです。

① メンタルが弱い


メンタルが弱い男性に対して、女性は「この人と結婚しても大丈夫かな?」という不安がよぎります。

どんなに優しくて良い人であっても、メンタルが弱いと、家庭内で何か問題に直面した時に、対処出来ないのでは?
さらに、職場では人間関係でうまくいかず仕事をすぐ辞めてしまうのでは?と、様々なリスクを考えて、女性は結婚相手としてはNGを出してしまうのです。

男性側のメンタルが弱いと、全ての負担が女性に来ることを懸念しているのでしょう。

② 経済的に不安定


経済的に不安定な男性は、なかなか女性から結婚相手として見てもらえないかもしれません。

安心感のある結婚生活をイメージができないと、女性はなかなか結婚には踏み切れないのです。例え高収入でなくても、安定した収入があれば問題ありませんが、収入が不安定な男性は、先ずは安定した経済力をつけることをオススメします。

③ ギャンブルをする


ギャンブルをする男性は、結婚の決め手に欠ける人になりがちです。
大金をキャンブルに注いでいなくても、女性からはマイナスな印象を受けがちです。

「ギャンブルするぐらいならば、家にお金を入れてほしい。」「結婚後はギャンブルをやめてくれるのかな?」と、女性は家計のことを気にしてしまうのです。

お金がないのにギャンブルに走ってしまうリスク、生活費をギャンブルに注いでしまうリスク、などリスクばかりを考えてしまうのは、仕方ないことです。

④ 怒った時の態度


普段は何も問題ないけれども、怒った時の男性の態度がどうしても受け入れられず、結婚相手として見てもらえないこともあります。

怒った時、物に当たったり、声を荒げる男性はNGです。喧嘩になった時に、きちんと話し合いができる人を女性は求めます。

特に結婚後に衝突してしまうことは多々起きます。そんな時に、すぐ怒って話し合いもできない状態が続くと、離婚にまで発展してしまうことだってあります。

結婚相手として見てもらうには、きちんと感情をコントロールできる男性にならなくてはいけません。

結婚の決め手に欠ける女性の特徴

それでは、男性側の意見を見ていきましょう。
男性が思う、結婚の決め手に欠ける女性は、どんな女性なのでしょう?

① 自分の意見を言わない


男性の言う事を全て聞く女性は、一見結婚相手にはもってこいのように見えますが、男性にとってはやや物足りなさを感じてしまうようです。

自分の意見を言わずに、いつも男性の意見を優先してしまうと、男性は負担に感じてしまい、結婚後の苦労も頭によぎってしまうのです。

「結婚するならば、きちんと自分の悪いところを指摘してほしい」「何か問題に直面した時は、全て男性任せではなく自分の意見もしっかり言ってほしい」というのが男性の本音です。

② 新しい環境を拒む


現状維持を好む女性、いますよね。

彼が何か新しいことにチャレンジしようとすると「やめといたら?」と言ってきたり、行ったことのない場所に行こうとすると「いつもの場所の方がいい」と、現状を変えたがらない女性のことを指します。

そんな女性に男性は物足りなさを感じてしまうのです。

結婚生活が始まると、新しいことが増えます。思いっきり環境を変えなくてはいけない場面にも直面します。そんな時に「このままがいい」と言われてしまうと、迷いが生じてしまいます。

③ おせっかいすぎる


おせっかいすぎる女性も、結婚の決め手に欠ける女性の特徴です。
彼が求めていることを察知して、先回りすることは素晴らしいことなのですが、やりすぎてしまうのは良くありません。

家事、仕事など、何でも世話を焼く女性を、男性は窮屈に感じてしまうのです。

大好きな気持ちがあるからこそ、彼のために何かしてあげたいという気持ちもとても大事ですが、彼も一人前の大人です。
適度に距離を取って、放置してあげることも優しさです。

まとめ

いかがでしでしょうか?
男女共通して分かったことは、結婚相手に求めるものは「外見」ではなく「内面」ということ。

ただ、「好き」という気持ちだけでは、幸せな結婚生活を送ることはできず、どちらかと言うと、何かに直面した時に共に手をとりあえるか否かを、男女ともに見ています。

幸せな結婚生活を送れるよう、今のうちから改善できるところは徹底して改善していきましょう。

関連記事:婚活で妥協すべきポイント、妥協してはいけないポイント

関連記事:スペック重視は古すぎ!?結婚で「外してはいけない条件」