自己紹介カードに年齢欄があるのに年収欄がないのは不公平じゃない?【婚活知恵袋15】

2018/08/30

From:婚活心理カウンセラー 吉本みかん

婚活パーティーでは定番の自己紹介カード。

相手に条件で判断されると嫌だな~、それはお互い様かもしれません。

男性は女性の年齢を気にします。

女性は男性の年齢を気にします。

片方だけ記入する自己紹介カードは不公平ではないのか?

確かに、不公平ですね!

そんなご質問に吉本みかんがお答えします。

 

質問者:女性

自己紹介カードを記入する婚活パーティーがほとんどだと思います。

そのとき、年齢の記入欄があっても、年収の記入欄がない婚活パーティーも多いです。

でも、これだと女性に不利ではないでしょうか?

男性は、女性の年齢を気にするって聞きます。

女性は、男性の年収を気にしますよね。

 

吉本みかんの回答:

確かに、これでは女性が不利ですよね。

僕が主催しているみかん企画の婚活パーティーでは、自己紹介カードに

年収の欄を設けています。

男女お互いに公平でないとね、ということもありますし。

婚活パーティー会社によってはそこはマチマチですよね。

ただ、婚活パーティーの良いところは、お見合いと違って条件よりも先に人柄を

見てもらえるところです。

お見合いだと、そもそも条件で会えない、なんてことも起こります。

結婚相談所のお見合いの場合、写真・年齢・年収などの条件だけ見られてしまうんですよね。

でも婚活パーティーの場合だと、実際に会って人柄をアピールできます。

それが婚活パーティーの良いところです。

ですので、このご質問者の方には、ぜひ年齢ではない自分の良いところをどんどん

アピールしてほしいですね。

でもこの質問からすると、お相手の年収を見たいって事なのかな?(笑)

自分は条件で見られたくないけど、相手の条件は見てみたい、なんていうことですかね?

もし、自分が条件で判断されたくないと思っているとしたら、

まずは、そこの意識を自分の方から変えていくことが重要ですね。

吉本みかんが動画で回答しています。

↓↓↓