「結婚したくない人」と「結婚できない人」の違い

2018/10/11


三島由紀夫の言葉でこんな言葉があります。

「結婚してみたまえ。君は後悔するだろう。
結婚しないでいたまえ。君はやはり後悔するだろう。」

「結婚する・しない」には正解はなく自由です。そんな中、近年では結婚したくない女性が急増しています。

婚活をされている女性の相談でも、話を聞いていると「この人本当に結婚したいのかな?」と疑問に思ってしまう方も多いです。はたまた、「結婚したくない」と言っているのにも関わらず、実際は「結婚できないだけ」という女性も多いです。

今回は結婚したくない女性の特徴、そして、「結婚したくない人」と「結婚できない人」の違いについて解剖していきます。

・近年の結婚願望率
・結婚したくない理由
・結婚したくない人と結婚できない人の違い
・結婚しないメリット デメリット
・結婚を選んだ・選ばなかった方達の声

以上のテーマでお話させていただきます。

近年の結婚願望率


今年の5月にマクロミルが行なった調査によると、「結婚したい」理由のランキングはこのようになっています。

1位: 一人だと寂しいから
2位: 一人だと将来が不安だから
3位: 子供が欲しいから

やや消極姿勢な理由ばかり見受けられます。

さらに年代別で女性の結婚願望の有無を見るとこのような結果になっています。

10代: 13.3%
20代: 17.6%
30代: 27.8%

年代が上がるにつれ、結婚したくない女性の増加が見受けられます。

結婚したくない理由

続いて、「結婚したくない」理由のランキングはこのようになっていました。

1位: 一人が楽
2位: 結婚のメリットが見出せない
3位: 一人でも不自由がない

こちらの結果に関しては、今の生活に何も不満がないということから特に結婚への必要性を感じていない状況が伺い知れます。

① 一人が楽だから


昔とは状況が変わり、女性も高学歴・高収入と安定した経済面を持っています。
その為、女性が専業主婦となり、家を守る、という概念が消えつつあります。
専業主婦になり、家にこもるぐらいならば、一人で生計を立てて生活をしたいと願う女性が増えたのでしょう。

女性の社会進出が、結婚をためらう理由の1つとなっているのは間違いありません。
また、年収200万円が「未婚」と「既婚」の境とも言われています。
年収が200万円に満たない女性は、結婚を望む傾向にあり、200万以上の女性は結婚を望まないというデータも残っています。

さらには、結婚相手の経済力を不安視して結婚したくないという意見もありました。経済的、精神的に自立している人にとって結婚を「リスク」を考えている人もいるのでしょう。

② 結婚のメリットが見出せないから


結婚が幸せなことだと思わない女性もとても多いです。

年々、離婚率が増えている昨今、周りの離婚した夫婦を見たり、不仲な夫婦を見てそのような考えに至ってしまうのは、致し方無いことです。
夫はいらないけれども、パートナーならば欲しいとい理由で結婚を選ばず、常に恋愛に生きる女性も多くいます。

③ 一人でも不自由ないから


経済的にも自立しているので、不自由さを感じないのはもちろんのこと、実家で快適に暮らしている為、結婚に魅力を感じないという方もいます。

特に女性の場合、親とは友達のような仲の良い関係を保ち続けている親子が多いです。結婚したら、そんな親密な親子関係から離れてしまうと思い、結婚を選ばない女性もいます。

結婚したくない人と結婚できない人の違い


「結婚したくない人」と「結婚できない人」は大きな違いです。

「結婚したくない人」が結婚しない理由は、理想を自分に求めています
「一人の趣味の時間を惜しみたくない。」
「仕事にもっと集中したい。」
「収入を増やしてもっと自分磨きに投資したい。」

これらの理由は、すべて自分の生活・人生への理想がとても高いのです。

「結婚できない人」が結婚しない理由は、理想を相手に求めています
「自分に合う人が見つからない。」
「誠実で優しい人なんていない。」
「安心できる収入の人がいない。」

これらの理由で結婚を選ばない女性は「結婚したくない」ではなく、「結婚できない」に当てはまるのです。相手に求める条件をやや抑えれば、結婚はできます。

この2つの違いをしっかりと区別しましょう。

結婚しないデメリット メリット

メリット


結婚しないメリットの代表的なものは「自由」でしょう。時間、お金の自由が存分にあります。自分が稼いだお金を自分だけのために好きなように使うことができます。

恋愛においても自由です。
常に若い心を保て、ストレスのない生活を送ることができます。
また義理の家族との人間関係も一切生じず、束縛とはかけ離れた人生を送ることが可能です。

デメリット


「孤独」を感じることがデメリットと言えるでしょう。特に歳を重ねるにつれ「孤独」を感じやすくなるかもしれません。特に老後、大病にかかった時に「孤独」「不安」を感じやすくなります。治療費も自ら全額負担しなくてはなりません。

また、いくら未婚率が上がっているとは言えども、日本ではやはり「結婚するのが当たり前」という考えが根強いです。
ある程度の年齢になっても結婚していないと、何か事情があるのかしら?とやや変な目で見られることは避けられません
そんな人の目に耐えながら、生活していかなくてはいけない現実もあります。

結婚を選んだ・選ばなかった方達の声

40代・女性


結婚を夢見たことはありました。
でも、今考えると結婚しなくて良かったです。

私は自分が一番大切で、自分以外の人に時間を割き生活を共有するなんてできないと悟りました。
収入もあるので、金銭面で誰かに頼りたいという気持ちもありません。

どこかに出かける時に男性と行きたいなと思うことがあるので、常に彼氏はいます。
強がりとかではなく、心の奥底から「私は幸せ!」と胸を張って言えます。

確かに老後の心配はありますが、そのために頑張って仕事をして、思いっきり遊んで、ストレスなく毎日を楽しく過ごせています。人の思う幸せは人それぞれ。

私は幸せです。

40代・女性


私は結婚して5年。姉は独身です。
おそらく姉はこれからも独身のままだと思います。

ただ、姉は思う存分人生を楽しんでいて見ていてとても羨ましいです。
はたからみると、結婚している私の方が「幸せ」、そして結婚していない姉が「不幸せ」に映るようですが、人生を楽しんでいる姉はキラキラして見えて羨ましいです。

老後の心配もあるかもしれないけれども、姉の周りには素敵な仲間たちが常にいるので、きっと老後の孤独もないんだろうな、と思います。

どちらかというと、精神面では私の方が孤独を感じてしまっています。

まとめ

「結婚する・しない」は自由です。
ただ、結婚をしないという選択に対して妥協をしてはいけません。
「ぴったりの相手が見つからないから結婚しない。」という理由で、独身を貫こうとしている場合はもう一度考え直してみましょう。

「独身で自分の人生を謳歌したい!」という方は、独身のままで十二分に幸せな人生を送ることができます。
決して周りの目を気にせずに、思う存分人生を楽しんでいただきたいです!

最終的には自分次第。家族がいてもいなくても、幸せはその人次第です。