【急増!】セックスはなし!プラトニックラブなカップルのメリット

2018/10/08


近年、プラトニックラブを選ぶカップルが急増中。
全くの新しいカップルの在り方として注目を浴びています。
婚活をされている方の中にも、プラトニックラブを希望される方がいるでしょう。年齢を重ね、体の関係よりも心が通じ合う相手が欲しい、もしくはセックスに自信がない・できないという理由でプラトニックな相手を求める方がいます。

・プラトニックラブとは?
・セックスをする意味は?
・プラトニックラブを求める人たちとは?
・プラトニックラブのメリット
・婚活においてのプラトニックラブ

以上のテーマでお話させていただきます。

プラトニックラブとは?


プラトニックとは、「純粋」「純潔」という意味があります。
つまり、肉体関係がなく純粋に相手を愛する恋愛関係を「プラトニックラブ」と言います。

最近では、「草食系男子」が急増しているため、若い子たちの間でもプラトニックラブ賛成派が多く見られます。

また婚活をされている中高年の方々にも、体の関係を抜きとして揺るぎない信頼関係関係が欲しい、セックスに対して体力的に自信がない、もしくはトラウマがあるといった理由で、プラトニックラブを希望される方が多いです。

男性は全体の3割女性は4割の方が、プラトニックラブ志向というアンケート結果も出ています。

セックスをする意味は?

性欲は3大欲求の1つですが、セックスをする意味を深く考えたことはないですよね。本能的な部分からいうと、子孫を残す目的と言われていますが、ほかにはどんな意味があるのでしょうか?

① 快楽


一番は「快楽」でしょう。「気持ちいい」という感覚を得るためにセックスをします。また、快楽を体感することにより、ストレスが軽減されるとも言われています。

② 関係の強化


セックスをすることにより、関係が強化するとも言われています。パートナーに満足してもらいたい、という気持ちが関係の強化に繋がります。特に女性の場合、自身の快感よりも相手の快感を重視し、喜んでもらいたいという気持ちが強いようです。

セックス後に、今まで以上にお相手のことを好きになる理由もここから来るのでしょう。

③ 愛情表現


満足できるセックスをすると、お互いの愛を感じることができます。肌を通して、お互い気持ち良くなってもらいたい、という気持ちが愛情表現に繋がるのでしょう。

プラトニックラブを求める人たちとは?

プラトニックラブは、「究極の恋愛」とも言われています。
人間の3大欲求の1つを抑えて、パートナーを愛するので「究極の恋愛」と言われるのも納得です。
それでは、この「究極の恋愛」を選ぶ人たちはどんな方達なのでしょうか?

セックスなしの愛を確かめたい


「セックスレス」が問題視されるほど、「セックスをしない=愛情がない」という認識が広まっています。反面、プラトニックラブを選ぶ方達は、セックスがなくても愛情がしっかりあることを確かめたいという考えを持っている方が多いです。特に、過去に辛い恋愛(不倫など)を体験された方は、このプラトニックな関係を求める傾向が多いです。

セックスできない事情


何かしらの原因で、セックスができないカップルも数多くいます。身体的に気にしている部分がある、もしくは過去にセックスにトラウマがあるなど理由は様々です。意外とセックスができない人は沢山いるのは事実です。婚活をされている方々の中には、これが理由でプラトニックな関係を求める方も非常に多いかと思います。

プラトニックラブのメリット

では、セックスをしないとお互いの愛を確認できないのか?セックスをしないと信頼関係を築けないのか?と言われると、そうではありません。セックスがなくとも、幸せなパートナー関係を保っているカップル・夫婦も数多くいます。

① 真の愛を確かめられる


1番の大きなメリットはこれでしょう。快感の象徴であるセックスがなくても、相手を想える気持ちは真の愛と言っても過言ではありません。結局、結婚するにあたり一番大事なことは身体の関係ではなく、「心と心の繋がり」ですもんね。

セックスをしなくても、この人とならば生涯一緒に居られるといった理由で結婚され、プラトニックな関係のまま幸せな結婚生活を送られている方もたくさん居ます。

「私の体の問題で、旦那さんとは性交渉ができないのですが、性交渉をするか否かよりも、どれだけお互いがお互いの気持ちを理解して、歩み寄れるかが大事だと思います。私と旦那さんは理解し合い、性交渉がなくてもそこらの夫婦よりも精神的な深まりがあります!とっても仲良しです!そして大好きです!」(40代・女性)

② 充実した安心感


プラトニックラブな関係であることにより、心と心が結ばれているという安心感があります。この安心感が精神的にとてもよく、穏やかな関係を保てるとも言われています。またこの精神的安心感が、家庭内だけでなく、普段の生活でも良い影響をもたらし仕事でも豊かな気持ちで頑張れる、という意見があります。

「セックスをできない自分を受け入れてくれた奥さん。私の性格的な悪い部分、良い部分全てをひっくるめて、中身を好きでいてくれてるんだな、という安心感が幸福に感じます。」(40代・男性)

③喧嘩した時に向き合える


「仲直りエッチ」なんて言葉ありますよね。仲直りの手段としてセックスを使うことがあります。

喧嘩して、話し合って解決して、セックスをするならば良いですが、解決しないままセックスをし、何となくなあなあで終わってしまうことありますよね?
話し合いが苦手が方も多い中、仲直りの手段としてセックスを選んでしまうカップルや夫婦も多いです。

そんな中プラトニックラブの場合、セックスがない分お互い解決するまで話し合うことができます。話し合うことにより、さらに関係が確かなものになっていくことは間違いありません。

「セックスをしてしまうと愛されていると思い込んでしまい、相手への不満も伝えないままのことが多かったです。今の旦那さん(2人目の旦那さんです)とはプラトニックな関係ですが、お互いセックスに逃げることなく何か不満や問題があったらちゃんと話し合えています!」(50代・女性)

婚活においてのプラトニックラブ


冒頭にも言った通り、セックスの1番の目的は「子孫繁栄」です。

ただ、お互い二人だけの人生で幸せに生涯ともに暮らしたいという願望があり、セックスに対してもプラトニックで良いならば十二分に幸せな結婚生活を送ることができます。

現に、プラトニックな関係を望む婚活中の男女は非常に多いです。とてもデリケートなトピックですが、きちんとパートナーとセックスに対する考えをシェアすることが大事です。でもこれだけデリケートな話をオープンにできる相手ならば、間違いなく幸せな関係を築くことができますので、ご安心を。

他人のモノサシで「幸せ」を測るのではなく、二人のモノサシで「幸せとはなに?」という基準を作り上げることがもっとも大事です。

恋愛・夫婦の形は一つは限りません。自分らしく、幸せな人生を送る方法をパートナーとともに見つけ出してくださいね。