ファッションの質を上げる簡単な方法

2018/2/8/ 12:00

From:吉本和広

今日、家に帰るとパソコンが届いていました。

スタッフ用のパソコンを先に注文して、そのあと自分のパソコンを注文しました。

中を空けると、ん?

色が違う。

もう、電話確認しないといけないのか、と思っていたら、

自分用のパソコンでした。

後から注文した自分のパソコンが先に届いたんですね。

注文から2日で届きました。

即納モデルでした。

つまり、組み立てをせず、在庫のある商品だったということです。

スタッフのやつは、受注から組み立てて国際輸送らしいので、もう少しかかりそうです。

届いたパソコンは、小さいサイズなので事務作業にはあまり向きません。

ですが、メインパソコンとして使いながらそのまま外に持ち出せるので、事務所用と持ち出し用と分けなくて済みます。

1台で済むのが楽でいいですね。

今は、事務所用と持ち出し用の2台使っているんですけど、結局1台にしてしまった方が便利ということに気づきました。

しかも、1台で済むのでその分性能も高く出来ます。

安いモデル2台分であれば、そこそこ性能が良いもの1台でも同じくらいの金額なんですよね。

つまり、数を減らせば質が上がる。

婚活の服装も同じような考えができます。

セールで安い服をいろいろ買いそろえるより、

これ、というスタイルに決めて少ない数で質を上げる。

意外とそれだけのことでオシャレ度がアップします。

決め手は、どれだけ種類を減らせるか、ということです。

用途を絞る、とも言いかえられますね。

服のローテーションは必要です。

ですので、ある程度の数は買わないといけないんですが、

これがまたやっかいなんですね。

問題は、

服の数ではなくて、種類です。

どんなシチュエーションで着るのか?というそのバリエーションを厳選するのがポイントです。

服のバリエーションが多いと、その分の数が必要です。

例えば、

キレイ目の服で、夏、春、秋、冬、

カジュアルで夏、春、秋、冬。

他にも、○○用で、夏、冬、

○○用で、、、

という風にキリがありません。

そうすると、どうしても安い服をいっぱい買わないといけなくなるので、

質が下がってきます。

服って、やっぱりそこそこのお金をかけるとわりとオシャレになります。

もしかしたら、

あなたの服装がパッとしないのだとしたら、

いっぱい服のバリエーションを持っているせいかもしれません。

そんなときは、まずは服の用途を検討してみてください。

PS 2/11大好評お料理婚活、あと残り2、3名入れます。

↓↓↓
https://mecan3.jp/shizuoka/party/20325.html