男女関係のNG 第一位

2018/1/14/ 12:00

From:吉本和広

今日、地元のJAで出店やフリマなどのイベントがありました。

そこで、何曲か演奏してきました。

と言っても、

演奏したのは3人。

僕と奥さんと、もう1人は、音楽友だちで子どもも同じ保育園に通うママ友。

僕がドラムで、奥さんがピアノで、その友だちがクラリネット。

音楽って、基本の要素が4つあって、

メロディ、和音、ベース、リズム。

ピアノは完全楽器と言われていて、

メロディと和音とベースが1つの楽器で弾けます。

ですので、リズム以外のものが全て揃っているので、ソロでも音楽になる。

奥さんがピアノを弾くので、僕がドラムをすれば、

一応音楽として成り立つな~という軽いノリでバンド活動を始めました。

それで、最初は子どもが通っている保育園で演奏することになりました。

その話を軽くママ友にしてみたら、私もやりたい!ということで、

3人編成に。

クラリネットだったので、メロディを担当してもらうことに。

そうすると、ますますバンドっぽくなってきました。

今日も、バンド演奏してきたんですけど、

この編成、軽いノリで合わせられる割には、何となく聞き映えが良い。

こうなってくると、ベースが欲しくなってきます。

揃えてみたくなる。

僕と奥さんだけでやっていたときは、それだけでもいい感じだったのに、

3人になったら、つい足りないパートが気になってきます。

これって、人の習性なんですよね。

どういうことかといいますと、

人って、あるものよりも、足りないものが気になるようになっているんです。

だから、僕と奥さんだけのときは、それだけで完結しているように思えていたんですね。

つまり、リズム意外をピアノ、というわけです。

それが、メロディーが入ることでベースも欲しくなってきた。

ちなみに、よくあるバンドの編成では、

ギターが和音を担当しています。

それにベースとドラムが入って、メロディーはボーカルですね。

ですので、僕もつい、そういう基本編成を完成させたくなったんです。

これは趣味の音楽だからいいですけど、

気をつけないといけないのは人間関係でこれをやってしまうとき。

これも、人はつい、相手の足りない部分に気が向いてしまいます。

ですけど、完璧な人間はいませんし、自分も完ぺきではありません。

男女関係でも人間関係でも、相手に完璧を求めてしまうことほど不幸なことありません。

そうではなくて、相手が持っている良い部分に目を向けるようにできたほうが人間関係は良くなります。

これって、習慣の話なんです。

相手が完璧でないから足りない部分が気になるのではなくて、

自分が空いての足りない部分が気になるという習慣を持っているだけなんですよね。

もし、あなたが相手の足りない部分が気になりだしたら、、

一度立ち止まって、その習慣を振り返るようにしてみてください。

きっと、お相手との関係が良くなりますよ。

PS 年末に開催したお料理婚活パーティーが大好評でした。

すぐに定員がいっぱいになってしまいました。

そこで、バレンタイン企画、ということで、

バレンタインに作ってあげたいメニューを一緒に作る、

お料理婚活パーティーを企画しています。

今回も定員が限られていますので、ご興味ある方は、お早めにお申し込みください。

定員も男女それぞれ9名までなので、すぐにいっぱいになってしまうと思います。

詳しくはこちらをクリックしてみてください。

心とろけるバレンタイン料理作り婚活パーティー
↓↓↓
https://mecan3.jp/shizuoka/party/20325.html