結婚後の不安

2017/8/30/ 12:00

From:吉本和広

今日の15時くらいに、格安SIMの営業の人がやってきました。

いま流行りの携帯電話の通信料を安くするサービスです。

これまで何となく大手キャリアを使っていたんですけど、

仕事で3台使うので合計すると馬鹿にならない。

そこで、重い腰を上げて契約を変えることにしました。

まだ新しい契約に切り替わるまで2週間ほどかかるんですけど、

とりあえず後は待つだけです。

最近節約に凝っていて、

いろいろ生活費を見直しているんです。

その中でも特に大きな出費が、

携帯電話、生命保険、住宅ローン。

全部、契約関係ですね。

節約というと、◯万円で1ヶ月生活、みたいな食費をどうとかやるのをイメージするんですけど、

まずやるべきは、固定費。

固定費というのは、毎月かかってくるお金のことです。

それこそ、携帯電話や生命保険、家賃など。

ここを抑えずに、食費などでケチケチ節約生活をしても、あまり効果がありません。

ということで、食費などは後回し。

まずは固定費の見直しをします。

何でこんな話をしているかというと、これをすることで将来の不安が減るんです。

多くの人は、意外と自分がどれくらい生活費が必要なのか把握できていません。

僕もそうなんですけど、

把握できていないので、お金がないと不安なんですね。

婚活をしていると、結婚後の生活費が気になる方も多いと思います。

今もしあなたがまだ結婚相手が見つかっていないとしても、

一人でどれくらいで生活できるのかということを把握しておくと気分が楽になるでしょう。

そうすると、結婚したらこれくらいかかって、だから相手の年収はこれくらい、というのがわかります。

これができると、相手がどんな条件や働き方であれば、自分の希望の生活ができるのか具体的に想像できます。

すると、交際している場合でも、結婚について検討するとことができるんですね。

中には、相手の年収や自分の年収を気にして、結婚を躊躇している場合もあると思います。

そんなときは、まずはシミュレーションをした上で、

節約してみてください。

きっと、気分もすっきりしますよ。

さらに、結婚も具体的に進んでいくと思います。

あなたに相手がいる場合も、いない場合もぜひ試してみてください。


ある男性の結婚する理由

2017/8/24/ 12:00

From:吉本和広

昨日、婚活中の方とランチに行ってきました。

40代の男性の方なんですが、許可をいただいたのでプライバシーに触れない程度にお話したいと思います。

仕事もしっかりされていて、ご自身の仕事のスタイルも決まっています。

そのお仕事がだめになったとしても、

他でもやっていける技術があります。

ということでお仕事は特に問題ない。

そんなにお金も使わないので、貯金もある。

将来の設計もしっかりされているので、仮に独身のままだったとしても老後は大丈夫。

なかなかここまでしっかりされている方も珍しいんですけど、

何のために働いているのか分からなくなってきたそうなんです。

というのも、

将来の心配もない。

貯金もある。

仕事も困らない。

だから、そこそこ今稼いで、マイペースで暮らしています。

ところが、それ以上やる気になれないんだそうです。

もっと稼ごうと思えば出来る。

でも稼ぐ理由がない。

目的がないということなんですが、

人って、今の生活が不安定だとそこばかり意識がいって、

意外と充実していたりするんです。

ところが、満たされると逆に精神的に不安定になります。

まさしくそういう状態なんだそうです。

だから、結婚したいと仰っていました。

個の方に、僕がお勧めしたいのは、

ちょっと可愛くわがままを言ってくれる女性。

たぶん、張り切って働くと思います。

僕もそうなんですけど、

結婚してから10年、奥さんが望んでいるような生活にするために、がんばってきました。

しんどいこともたくさんありましたけど、確かに充実していました。

きっと、僕も結婚してなかったら、こんなに仕事がんばらなかったと思います。

でもそれが一通り落ちついたら、なぜか目標がなくなったんです。

本当は、これでチャンチャンでいいはずなんですけど、

人ってそれじゃダメみたいですね。

ですので、僕もこの男性の気持ちがよく分かるんです。

最近、僕の奥さんもわがまま言わなくなりましたし(笑)

この方、家も建てようと思えば建てられるんだそうです。

貯金も毎年貯まっていく。

だから、変な話、お金を使ってくれる奥さんが必要なんでしょうね。

可愛くおねだりできる女性がいたら、今度紹介してあげようかなと思っています。

結婚は、制約があると思っている方も多いですけど、

実はその制約が幸せそのものなんです。

これに気づけると、良い結婚生活が送れますよ。


結婚相手を選ぶ決め手

2017/8/8/ 12:00

From:吉本和広

今日は、台風が近づいてきています。

静岡県や愛知県は今夜がピークでしょうか。

昨日からお知らせさせていただいていましたが、今日は静岡の8/7(月) FM-Hi! (76.9)の「ひるラジ!」に出演してきました。

無事、収録が出来ました。

生放送だったので、ホッとしてます。

セミナーとか、Youtubeとかでしゃべっているので、一体何が違うんだというのがあるんですけど、

結構緊張しました^^;

なんで緊張するのかな?と帰りの車の中で考えていたら、ふとこんなことが思い浮かびました。

相手がいるからですね。

もちろん、Youtubeにもセミナーにも相手がいます。

ですけど、これはあくまでも対お客さんという意味の相手です。

もし僕が粗相したとしても、その結果やクレームは僕が責任を取れます。

でも、他人のラジオ番組なのであんまり下手なことはできないなと考えていたら、

緊張してきました。

でも、そこはさすがにプロのパーソナリティさん。

僕も本番はけっこう楽しめました。

話すとき気を付けていたのは、自分やみかん企画のことではなく、

どうすれば、10分の持ち時間、良い番組になるかなということ。

そう考えていたら、視聴者に僕がどう思われるとか、ラジオ局の人に気に入られるとか、

そういうところには一切意識が向きませんでした。

どこまでできたか分かりませんが、ラジオ局や聞いてくださっている方にとって、

面白い番組になればなということに集中できました。

こういった意識のコントロールは、婚活でも大事です。

多くの人は、こんなことに意識が向いています。

自分は相手にどう思われているだろう?

どうすれば相手に気に入られるだろう?

このどちらもあまり良い結果は生みません。

じゃあどうすればいいのかというと、

相手とどういう結婚生活を作っていけばいいのか、ということ。

例えば、恋人同士であれば、お互いがお互い向き合って見つめ合っています。

ところが、結婚するということは、お互い向き合うのではなく、

横に並んで同じ方向を向く、ということなんです。

今日の僕のラジオ出演でいうなら、自分でもなく相手でもなく、

良いラジオ番組を作る、という目標に関わる全員が向かっている状態がベストです。

ラジオの内容は、どうか分かりませんが、

少なくともラジオ局の人とも10分間は同じ方向が向けたかなと思います。

もしあなたが、どんな結婚相手がいいのか分からない、という悩みをお持ちでしたら、

同じ方向が向けるお相手を選んでみてください。

きっと、充実した結婚生活を送れますよ。


婚活を確実に進める方法

2017/8/7/ 6:00

メルマガ不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

突然ですが、ラジオ出演します。

8/7(月) FM-Hi! (76.9)の「ひるラジ!」の12時くらいにしゃべります。

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm-hi%EF%BC%81

インターネットでライブ配信もしているみたいで、このURLを再生したら、ラジオが流れました。

これだと全国で聞けるみたいです。

何年か婚活事業をやっていると、たまに取材とかあったりするんですけど、

やっぱり緊張しますよね。

あんまり慣れていないことをするから緊張するのは当たり前なんですけど、

よくよく考えると、僕も最初セミナーを開催したときはめっちゃ緊張しました。

ドキドキしながら、それでもエイヤってやったんですよね。

数えてみると、もう自主開催のセミナーも50回やっていました。

でもそれもだんだん慣れてきました。

セミナーをやったことがない人にとっては、きっと緊張するんでしょうね。

もしかしたら、ラジオは平気だけどセミナーはちょっと、、

という人もいると思います。

これは一体何なのかというと、

人は自分が慣れ親しんだことから外のことに恐怖を感じるんです。

それが、やってみたら簡単なことや、飛び込んでみたら意外とできることだったとしてもです。

婚活は特に、自分が恐怖を感じることへ飛び込む、ということの繰り返しです。

連絡先を教えて、と言ったことがない人にとってはそれは恐怖です。

2人でデートする、ということに慣れていないとしたらそれも恐怖です。

ですが、その恐怖へ飛び込むことが出来ないと婚活も先に進めません。

婚活相談を受けているときも、人当たりとか、会話とか、

そういう技術的なことに特に問題はなく、

しかも、結婚に対してネガティブな感情もないのに、

どうしても先に進めない、という場合があります。

そういうとき、自分が恐いと思うことへ一歩を踏み出すのができていないだけ、ということがあります。

これはひとことで言うと、恐怖突入、というやつなんですが、

人生を切り開いていくためには、これがどうしても必要です。

何も、いきなりめっちゃハードなことへ挑戦する必要はありません。

ところが、本人には何の問題もなさそうなのに、今一つ前へ進めない方に多いのは、

ちょっとの挑戦もしていない。

もし、目の前の恐怖に飛び込むのがきついのなら、それを1つ1つ小さくして、

順番に恐怖突入すればいいんですよね。

100%の自分の中ではなく、常に101%であればいいということです。

この1%の差は大きいです。

婚活パーティーでいうなら、

会話が苦手だとしても、まずにっこり笑顔で挨拶する、というのは少しハードルが下がりますよね。

ポイントは、今の自分よりちょっとだけ。

ぜひ、あなたも婚活で101%の恐怖突入をしてみてください。

少しずつ、でも確実に前に進んでいきますよ。


婚活の裏ワザ

2017/8/6/ 12:00

メルマガ不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

今日は、婚活の裏ワザをお伝えします。

昨日、みかん通信不要の方は、メルマガ解除してね、というメルマガを書きました(笑)

すると、5、6%くらいの人が解除したでしょうか。

解除の通知が一斉に僕のメールボックスに届いたので、一瞬びびりましたが、

冷静に数えてみると、10%もいっていませんでした。

思っていたより少ないですね。

良かったなと思います。

ただメールが届いているだけの読んでいない方が解除したのでしょう。

こういうのは、定期的にやったほうがいいんですけど、

メルマガの頭に解除URLを付けたので、それも必要なくなるかもしれません。

メルマガとかブログとか書いていると、やっぱり読者数というのは気になるもです。

ですので、解除となると、必要以上に落ち込んだりしがちなんですけど、

これはそれほど気にすることではないと僕は思っています。

ただ単に、その情報に興味がないだけ。

これを自分とメルマガを同一視してしまうと、やっかいなんです。

自分を否定された、みたいに受け止めてしまうんですよね。

面白くないメルマガを書いていて解除というのは、確かに反省しないといけません。

ですが、全員に気に入ってもらおうと思うのも現実的ではありません。

そこのバランスですよね。

今日は、昨日解除せずにみかん通信を続けて読んでくださっているあなたへのお礼に、

婚活の裏ワザをお伝えします。

といっても、技術的なことではありません。

僕が昨日やったことと同じことが、実は婚活でも使えるんです。

それは何かというと、

逆説志向、というもの。

これは元々心理療法の技法なんですが、これを昨日僕は使ったんです。

例えば、昨日の僕の場合だと、

メルマガみんな解除したらどうしよう、と思うわけです。

そこを逆に、「みんな解除させてしまえ」と本気で念じます。

そしてそのように実行します。

ただそれだけです。

これは何を狙っているかというと、自意識過剰を克服するための技法なんです。

だいたい、精神的に参っているときとか、周りが気になるときって、

意識が自分に向いています。

そうすると、相手のことが見えません。

本来なら、メルマガも今こうして読んでくださっているあなたに役立つ情報は何か?

どうすれば、あなたの婚活が上手くいくのか?ということを考えなくてはいけません。

それが、こんなこと書いたら解除されるかな?という感じに僕自身のことばかり考えていたら、

あなたにとって、良い記事にはならないんです。

同じように、婚活パーティーでも、相手に気に入られるかな?とか、

嫌われたらどうしよう、とか自分のことばかり考えていると、

その相手が何を望んでいるのか、どうすれば楽しんでもらえるのか、

ということに意識が向きません。

そこで、逆説志向を使います。

○ゼロでいいやと。

この開き直りですね。

その上で、相手のことだけ考えてみてください。

最初から○ゼロでいいと思えば、気負わずに婚活パーティーに参加できます。

このほうがかえって○が付くから不思議です。

こういうメンタルのコントロールが意外と婚活パーティーでは重要なんですよね。

ぜひあなたの婚活の参考にしてみてください。


結婚生活の負担

2017/8/3/ 12:00

From:吉本和広

今日は、浜松市にある整体に行ってきました。

定期的に通っているんですが、

特にどこが悪いというわけではなくて、定期メンテナンスで行ってます。

そのときに、事業どうですか?みたいな話を整体の先生に聞かれます。

同じ商売をやっている者同士、そんな話題をよく振ってくるんです。

婚活パーティーって外から見ていると簡単そうな事業に見えるんですね。

婚活事業を始めた当初から同じようなことを言われ続けてきました。

そのときにお話しするのが、

どれも同じですよ、ということです。

簡単そうに見えるとしたら、やっていることが簡単そうに見えるだけで、

実際にやってみると思っているほど簡単ではない。

簡単そうに言う人は、婚活パーティーの当日だけ見て簡単だと言っているんですね。

実際の仕事は、当日以外のところが90%以上です。

僕も婚活パーティーの仕事が当日だけなら簡単だと思います。

もし簡単だったとしても、その分その事業をやる人が多くなるので、

その時点で簡単ではなくなる。

確かに、僕が婚活をはじめた当初はわりとすぐに人が集まりましたし、ライバルもほとんどいませんでした。

ところが、そんな状況は1年ももちません。

そのときに、「うわ~、この仕事楽やな~」と思っているとダメになります。

逆に、楽だと感じたらヤバいと思わないといけないです。

これは、自分がやっていることと受取っている報酬のバランスが崩れている状態です。

つまり、おいしい状態ですね。

そしてこれは長くは続かない。

そのときに楽をすると、終わりです。

事業だけでなく、仕事でもわりの良い仕事をしたいというのは人情なんですけど、

もし今の仕事楽だな、と感じたらヤバいです。

会社の業績が悪くなったら仕事がなくなります。

でも、今の仕事わりに合わないな~と感じているとしたら、それはきっと安泰です。

給料分以上の仕事をしていることになるからです。

そんな人は業績が悪くなっても会社にとっては最後まで確保したい人材ですよね。

これが婚活と何の関係があるのか、というと、

男女関係でも同じなんです。

一方が楽だと感じた場合、相手側は負担を負っていることになります。

そんな関係は長くは続かないでしょう。

とくに結婚生活を続けていく上では、これはかなり危ないです。

ですので、どちらかというと、

結婚生活の負担が自分の方が多めになっていてはじめて安心できる、ということですね。

ただ、やりすぎると相手も依存してしまいますんで、ほどほどにしてください。

ポイントはちょっと自分のほうが負担が大きいかな、と思えるくらいがちょうどいいでしょう。

参考にしてみてください。


婚活で迷ったとき

2017/8/2/ 12:00

From:吉本和広

昨日、夜の10時に山道で迷ってしまいました(笑)

自宅が静岡県掛川市の山奥にあるんですけど、家までは一本道が続いています。

ところが、たまに工事中のことがあって、通行止めになっています

夜の9時から朝まで通行止めになるんです。

先週も、同じ時間に通行止めに会いました。

そのときは引き返して別の道を通って帰ったんですが、30分くらい余計に時間がかかりました。

それもあって、昨日はちょっと冒険したくなりました。

「まわり道→」

この看板が出ていたので、別の山道に入ったんです。

しばらく行くと、4つ角の交差点。

方角的に元の道に戻りたいなと思って、とりあえず左折。

ナビを見ると、元の道と平行に進んでいます。

「順調、順調」

と誰もいない、草が茂った山道をどんどん進みます。

ところが、その先には行き止まりで道がない。

おいっ!

仕方がないのでまた同じ道を戻り、最初の「まわり道→」の看板を横目に、

結局先週と同じ道で帰りました。

普通に帰ったら30分のロスで済んだところ、さらに30分くらいロスしました。

結局家に帰ったら11時半くらいになっていました。

あとから考えたら、やっぱり急がば回れかなと思いました。

ですが、道に迷った時の教訓ですが、ロスかもしれなくても、

最初の道に引き返すのがいい。

やっぱりそれが一番ロスが少ないです。

婚活に限らずですが、いろいろやってみて迷うことってあると思うんです。

人生いろいろと言いますし。

そんなとき、僕が気を付けているのは、元に戻す、ということ。

周りを見ていると、意外とこれをやっていない方が多いのには驚きます。

新しいことをはじめたり、挑戦してみたり、

だけど上手くいくことばかりではありません。

そんなとき、また別の違うことをはじめてしまう、というパターンが多いんです。

もし、以前の方法である程度結果が出ているのであれば、

一旦そこに戻ってから、次のことを始める、というのがいいと思います。

あれもこれもやっていると、本当に人生迷ってしまいます。

婚活でも迷ったとき、やることなすこと空回りしてるな~と感じるときは、

一旦落ちつくのがお勧めです。

そしたら、次の光が自然に見えてきますよ。


小さなきっかけで別れる理由

2017/7/30/ 12:00

From:吉本和広

最近、怒涛のように日が過ぎていきますね。

もう7月も終わりです。

でもなぜが僕の自宅の周りではセミの鳴き声がしない。

今年はセミがいないのかと思っていたら、意外とそうでもなさそうです。

僕の自宅は山奥にあるので、少し街中と環境が違います。

気温もずいぶん低いです。

それにしても思い出せないのが、セミは今年だけいないのか、

それとも去年もいなかったのか。

8月に入ったら、セミは僕の自宅の周りにも出てくるのでしょうか。

今までこんなにセミのことを考えたことはありませんでしたが、

いったん気になると気になりますよね。

気になると言えば、婚活でも相手のこういうところが気になる、というお話をよく聞きます。

でもよくよくお話を聞いていると、

最初から気になっていたわけではないんです。

何かのきっかけで、気になりだしたら、

今までも気付いてはいたけど気になっていたことが気になりだします。

あなたもこんな経験ないでしょうか。

そうすると、今度はまた別のところが気になってきます。

そして、だんだん相手が嫌になってくる(笑)

これって何なんでしょうね。

1つ言えるのは、ダメな理由を探している場合があるということ。

もともと気に入っていた相手なので、最初はその人の個性の一部と思っています。

ところが、何かのきっかけで、もうだめだと思ったとき、

それがはっきり意識できているのか、無意識でそう思っているのかに関わらず、

気になることが増えてきます。

裏を返せば、ダメな理由を探している状態とも言えます。

人はそれぞれ良いところもありますし、

ダメなところもあります。

それでも気にならないときというのは、相手とどうすれば上手くいくだろう?と考えているとき。

つまり、ダメな部分を見たとしても、

それをどうやってサポートするか、もしくは解決するかという発想です。

結婚すると、一緒にいる時間が増えます。

ですので、当然ダメな部分が目につくようになります。

交際している間もそうですし、結婚生活でも言えることです。

そんなとき、その関係が続くのか終わるのかの分かれ目は、

一緒にやっていく気があるかどうか。

相手がダメなところがあるから、というのは本当の理由ではないんですね。

それは、ダメな前提でいるから気になるんです。

何もかも受け入れて下さい、という倫理的な話でもないんですけど、

ちょっとしたことでも、もし気になってきたとき、

あなたも一度この話を思い出してみてください。

関係が壊れるのを防げるかもしれませんよ。


婚活でいい人が見つからない

2017/7/23/ 12:00

From:吉本和広

今日、メルマガを書きためていたクラウドサービスを整理していたら、

過去の分を間違ってゴミ箱に入れてしまいました。

1463通ありました。

急いで戻そうと思ったんですけど、

「まてよ」

思い立って、そのまま全て削除しました。

いろいろ思い返してみたら、結局過去の記事って見返すことがないんです。

あとは、メルマガ配信のサービスや、ブログにも記事はありますので、

探そうと思えば探せる。

きっともう使わないでしょうけど。

そう思ったら、消してしまえ、となりました。

すると、スッキリ。

全部なくなったので当たり前ですけど(笑)

それにしても、何でまた全部消してもいいのかというと、

もう書いている記事の内容が過去と違うんです。

最近は、僕もすっかり遠慮せず言いたいことをメルマガで書けるようになってきました。

以前は、こんなこと書いて大丈夫かな?

言い過ぎじゃないかな?

なんて考えながら書いていたんですね。

でも、言うべきことは言わないと、メルマガを発行している意味がない。

だから、表現に気をつけながら、オブラートに包んだ言いまわしだったんです。

最近は、言いたいことを言っても、

それほどきつい表現にならなくなりました。

これも訓練の成果でしょうか。

婚活相談を受けていると、いい人が見つからないとか、

イマイチな人ばっかり寄ってくるとか、

そういうことで悩んでいる方も多いです。

ご本人は、自分でもよく分かっていないようなんですけど、

お話を聞いていると、半分以上の、いや8割、9割くらいの人が、本質的に同じ原因を抱えています。

それは、自分らしくいられない、ということ。

婚活をしているとついつい相手に合わせてしまいます。

気に入られたいですからね。

でも、気に入られようとしている人を見て、気に入る人はいないんです。

それよりも、活き活きと自然に振る舞いながら周りと調和している人をみて、

魅力を感じます。

これ今、簡単に書いてますけど、難しいので、あなたが今できていなくても心配することはありません。

究極言うと、これは人生の終わりまで続くテーマですからね。

同じような理由で、自分のやりたいことが分からない、というのもよく聞きます。

ライフワークとか仕事とかのご相談ですね。

根本的には、自分がどうしたいのか、どう生きたいのか、どういう人生にしたいのかということなんです。

究極の話なんですけど、

ちょっとずつ自分の生活の中で見つけていくしかありません。

残念なのは、それを見つけていこうとしている人も少ないことです。

普段少しずつやっていれば、だんだんと分かってきますし、

自分のこともよく分からるようになってきます。

ですのでまずはそこからですね。

もしあなたも、婚活パーティーでいい人が寄ってこない、と悩んでいるとしたら、

普段の生活から見直してみてください。

遠回りなようですが、実は一番の近道ですよ。

PS 昨日、「婚活パーティーで3倍○が付く方法」電子書籍の無料ダウンロードのご案内をしました。

もしあなたがまだ見ていないようでしたら、一度見てみてください。

婚活のヒントになるはずです。
↓↓↓

http://mecan3.jp/3baimaru.html


婚活疲れの対処法

2017/7/22/ 12:00

From:吉本和広

なぜか今日は、朝早く目が覚めてしまいました。

起きたのは、2時半。

夜中やん!

寝付けないので仕方なく、書斎で仕事をすることにしました。

眠いはずなのに、意外と仕事がはかどります^^;

今時計が4時半。

もうちょっとできそうですね。

あなたもこんなことありませんか?

眠いけど眠れない、ということに限りませんが、

頑張りたいけど、頑張れないとき。

そういうとき、あなたならどうしますか?

僕は、こういうときがんばらないんです。

今日も、どうせ寝れないんだったら仕事しよう、みたいな。

何か気がかりがあるから眠れないわけですよね。

しかも、眠ろうとすればするほどたぶん寝れない。

そして、昼間眠くなって仕事できない。

だったら、今仕事して、昼眠くなったら寝ればいい、と思ったわけです。

頑張らないといけないけど頑張れない、というときも僕は頑張りません(笑)

きっと婚活疲れも同じような状態だと思います。

そんなときの僕の対処法は、

身辺整理。

こういうときは、どのみち頑張れないんです。

そして無理して頑張っても空回りして結果が出ません。

むしろ状況をさらに悪くすることのほうが多いんです。

だから、頑張るのをやめて断捨離ばかりやってます。

そうすると、また気分が上向いてきたときに一気にいけるんですね。

この頑張れないときに身辺整理をしていないと、

気分が上向いたときに、一気にいけません。

ですので、どうせ動いても結果が出ない時期は、

動いたら結果が出るときの効果を何倍にも膨らませるために身辺整理をします。

もしあなたが今、婚活で疲れたな~と感じたり、無理してるな~と感じた時は、

この身辺整理がお勧めです。

断捨離以外にも自分を見つめ直したり、家計を見直したり、

調子の良いときには面倒でできないことをするといいと思います。

調子がいい時は、それをやってるよりも世界を広げる方向にエネルギーを使っています。

そんなときは、なかなか身辺整理をしている余裕がありません。

ですが、身辺整理が済んでいないと、調子がいいときエネルギーがだだ漏れになります。

これが、一気にいけない理由でもあります。

これは、仕事でも婚活でもプライベートでも同じようなことが言えます。

自分の気持ちの波をコントロールするコツだと思っていただければいいと思います。

よかったら、あなたも使ってみてください。