デートで緊急対応の注意点

2017/10/3/ 12:00

From:吉本和広

今日、メイク講座をされている方に月刊みかんの取材をお願いしていました。

みかん企画が発行している情報誌、月刊みかんで婚活で使えるメイクを教えてもらおうという企画。

ところが、

その方お子さんが調子が悪いということで病院に連れていくことに。

急きょ、取材がなくなってしまいました。

でも取材をさせていただく場所にカフェを予約していたので、せっかくなので1人でご飯を食べに行くことにしました。

ただご飯だけというのも、何か時間がもったいない気がしたので、

そのカフェのオーナーに取材を申し込んでみました。

ちょうどまだ他のお客さんがいなかったので30分くらいゆっくりお話を聞くことができました。

そして、ちゃっかり次に取材させていただく方も紹介してもらいました(笑)

行ってみるもんだな~と思いました。

当初のメイクの方の取材は出来ませんでしたが、

月刊みかんの記事1つと、次の方を紹介してもらうという目的はクリア。

こういう想定外のことって、婚活をしていてもあると思います。

例えば、デートもそうですよね。

特にデートは天気に左右されますので、思っていたように進まないこともあるでしょう。

そんなときの対処法は、

目的を見失わないこと。

デートプランを一生懸命に練っている場合は、特にその通りに進めたい、という気持ちが強くなります。

ですが、そのデートを成功させる目的は、相手と距離を縮めたり仲良くなったりすることですよね。

そうすると、デートが上手くいくかどうかよりも、相手と仲良くなれることのほうが大事です。

天気以外にも、相手の体調が悪くて遠出は難しいとかいう場合もありますし、

急きょ早く帰らないと行けなくなった、ということもあるでしょう。

そんなときこそ、目的を見失わず、路線変更することをお勧めします。

今のその状況でどうすれば、本来の目的が達成できるのか?ということを考えるんですね。

相手の対象が悪いのでしたら、屋内で楽しめそうなところを探してみるとか。

むしろ、そういった配慮が逆に2人の距離を縮めてくれるかもしれません。

ということは、当初のデートプランではないけど、目的は達成されたわけです。

もしあなたも、デートで最初に想定していたのと違ったことが起こったとしても、

ぜひ目的に沿って、デートプランを変更してみてください。

きっと、そのほうが相手からの印象はいいですよ。


侮れないユニクロファッション

2017/9/29/ 12:00

From:吉本和広

今日、ユニクロに行ってきました。

と言っても、今回は自分の服ではありません。

セミナー会員さんと服を見に行きました。

しかも、今回は女性の服選び。

僕も何がどうなって、女性の服を選ぶようになったのかは分かりませんが、

気付けば女性の服装を選ぶようになって3年くらい経ちます。

だんだん選び方も上手くなってきて、

今回は1時間程度で選び終わりました。

ユニクロで選んだんですけど、1年くらい前に同じようにユニクロで服を見たら、

女性の服選びが結構難しかったんですけど、今日はスムーズにいきました。

なぜだろうと思ったら、ユニクロもずいぶん婚活で着れそうな服が増えてるんですね。

これまではショッピングモールの中でぐるぐる回って、

それでもなかなかフィットする服が決まらなかったこともあったんですけど、

今回はすぐに決まりました。

ユニクロのラインナップもずいぶん変わりましたね。

ショッピングモールどころか、大型店ですらない掛川店だけで完結。

逆にシンプルなデザインが多いので、自分に合った服はどんなのかというのがより分かりやすいかもしれません。

大事なのは、どの服にするということではなくて、

どんな選び方をすればいいのか、ということです。

そして、どんな服が自分の体型に合うのか、ということを知るほうが大事です。

そうじゃないと、毎回僕とショッピング行かないといけないことになりますからね^^;

婚活のファッションに限らず、僕がいつも大切にしているのは、

やり方をお伝えするということ。

結局は、自分の人生は自分でなんとかするしかありません。

ですので、婚活でもただ相手を紹介するというよりは、

より上手くいく方法をお伝えしたほうがいいと思っています。

メルマガやセミナーでやっているのはこれですね。

釣りに例えるなら、魚の釣り方は教えるけど、魚はあげない。

魚をもらっても食べたら終わりなんです。

その日は良くても明日の魚に困ってしまいます。

婚活だったら、結婚相手が見つかればそれでもう終わりじゃない?と思うかもしれません。

ですけど、結婚したからと言って、それがたまたま運が良かっただけであったとしたら、

その結婚生活は続きません。

ですので、一番良いのは、相手から見て良い結婚相手に自分がなることですね。

というわけで、あなたも婚活でもファッションでもやり方を覚えるようにしてみてください。

それがきっとあなたの将来の財産になりますよ。


別れ際に出る本性

2017/9/28/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

今日は、午後からスマホの格安SIMの設定をしていました。

格安SIMもずいぶん普及してきて、色んな業者がありますよね。

通信網は、大手の携帯会社のものを使っているので使い勝手自体は変わりません。

気になると言えば、SIMを入れ替えたり設定をどうするのか?ということくらいです。

僕も今日設定してみて、やり方は簡単でした。

ただ、SIMを入れ替えたのはいいものの、圏外。

僕の自宅が山奥にあるので圏外、というわけでもなさそうです。

それまでは電波が届いていましたから。

そこで、格安SIMのカスタマーサポートに連絡しました。

意外とすぐにつながり、設定も無事完了。

3時間くらいで設定が変わるらしいので、あとは待つだけです。

若干、設定で手間取りましたが、それほど難しいことはありませんでした。

これも最初にやってしまえば、あとは特に困ることはなさそうです。

なにより、僕が今の格安SIMの業者にした一番の理由は、電話がつながるから。

契約もシンプルです。

結局、大手携帯会社も窓口で待ったり、電話がつながりにくかったり、

色々不便なんですよね。

そう考えると、むしろ今の格安SIMの業者のほうが大手より手間がかかりません。

つながらないと言えば、婚活でも連絡が取れないです、というご相談が来ることがあります。

マッチングしたり、デートしたりして、最初はメールやラインをやりとりしているんですけど、

だんだんつながらなくなる、というアレです。

もちろん、ご縁がなかったなと、そういうことも婚活をしているとあると思います。

ただ、自然消滅的に連絡が取れなくなるというのは、何だか後味が悪いですよね。

いっそのこと、はっきり断ってくれればいいのに。。

気持ちは良く分かります。

僕もはっきり言ってもらえたほうがさっぱりしますよね。

ところが、

はっきり言ってもらったら、はっきり言ってもらったで腹が立つのも事実。

どっちやねん!(笑)

こういうとき、あなたならどんな対応をしますか?

それでシュンとなってしまうのも悔しいですし、断られて怒るのもカッコ悪い。

そんなときのお勧めの対応がこちら。

「今まで時間取ってくれてありがとう、楽しかったよ」

と強がる。

意外とこういう対応をする人は少ないので、相手はびっくり。

もしかしたら、私、もったいないことしてしまったのかも。

という気持ちにもなったり。

この別れ際のタイミングが一番人間の本性が出るところですので、

やっぱり断って正解だった、と思われるような対応だけは避けましょう。

そういう意味では、今回ご紹介した対応はお勧めですよ。


キズが付くことに気付かない

2017/9/25/ 12:00

From:吉本和広

今朝、目が覚めると両方のひじが痛い。

特に思い当たることはないのですが、確かに擦りむいている。

しかもキレイに2つ共8ミリくらいの大きさです。

昨日の夜は久しぶりに街中に飲みにいきました。

普段は掛川市の山奥に住んでいるので、飲みに行くことがほとんどありません。

ですので、飲みに行くときは街中に宿を取って、泊まることになります。

昨日はちょっと飲み過ぎたのか、宿までどうやって帰ったのか記憶があいまいです。

でも、ちゃんとフロントで鍵を受取ってメガネをはずしてベッドで寝ていたので、大丈夫だったんでしょう。

ところが、ひじのキズだけが思いだせない。

きっと、どこかでひじをついてしゃべっていたんでしょう。

でも、飲み屋さんのテーブルにひじをついたくらいでキズになるのか?

そんな疑問が、頭の中を駆け巡るわけです。

ただ、以前にもこれと似たようなことがあったので、僕の癖なんでしょうね。

それにしても、

気付かないうちにキズがつくっていうのは、ちょっと気持ち悪いですね。

気付かないうちにやってしまうことと言えば、婚活でもよくあります。

いわゆる地雷というやつです。

例えば、記念日を忘れるとか、髪の毛切ったことに気付かないとか。

細かい話で言えば、

「あなたのことが一番好き」

というのも受取り方によっては、2番があるの?と思ってしまいます。

この地雷の難しいところは、人によって何を気にしているのかというのが違うことです。

ですので、ある程度は気を付けることができても、多少は地雷を踏んでしまいます。

ということは、地雷を踏まないようにするよりも、

踏んでしまったときの対処法を身に付けたほうが役立つでしょう。

ではどうすれば、地雷を踏んだあと対処できるのか?

1つ簡単な方法をご紹介します。

それは、

「私はそこが好きだけどね。」

つまり、相手は自分を客観的に評価しているので、コンプレックスになったりするわけです。

そこを、客観的な評価から、こちらの主観的な感想にしてしまうわけです。

ちょっとしたすり替えですね。

でも、これは嘘をついているわけではないんです。

そう思っているのは事実なんですからね。

この方法、わりと使えますのでぜひあなたも覚えておいてください。

必要な場面は、突然やってきますから(笑)


合コン幹事のメリット

2017/9/23/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

今日、浜松で秘密のセミナーを開催しました。

何が秘密かというと、

メルマガの書き方講座。

最近は、みかん企画が発行している「月刊みかん」という情報誌に、

自分磨きや、面白い情報を提供するようにしたんです。

その取材をさせていただく方を募集するために、

自分で事業をしている人が興味ありそうなセミナーを開催することにしました。

メルマガの書き方と言っても、

メルマガを使ってどうやって自分を表現していくのか、どうやって自分の事業につなげていくのかという内容。

意外と好評で、また次回もやることになりました。

シリーズになるかもしれませんね(笑)

僕は人脈づくりを頑張るのが苦手なので、

来ていただいた方に他の人を紹介してもらえるような場を作ろうと考えたんです。

つまり、ホストになるということですね。

そうすると、何か来る人にメリットがあるものを提供できないといけない。

そこで、みかん企画を運営したりメルマガを書いたりするノウハウをお伝えするセミナーを開催したんです。

これが意外と好評で、続きも聞きたいとなったわけです。

そうすると、また他の知り合いも連れてきてくれますので、営業しなくてもよくなる。

ただ、セミナーを開催していれば人脈が増える。

しかも、ホストが一番影響力が強いんですよね。

こういうやり方、婚活や合コンでも上手く使っている人がいます。

そう、幹事をやっている方ですね。

確かに幹事は面倒なことも多いんですけど、

感じが一番人脈が増える。

いくら合コンに参加してもそこから広げるのは難しいとは思うんですが、

幹事はこれを一番やりやすい。

僕がセミナーのホストをやるのと同じ考えですよね。

合コンや集まりの幹事をやると、おまけで良いことがあります。

それは、

連絡先を交換しやすい。

当然といえば当然ですが、

合コンや集まりの事務連絡がありますよね。

そういう自然なコミュニケーションが取れるのもメリットです。

少し変則的な婚活ですが、

これもアリかなと思ったら、あなたもぜひ試してみてください。

婚活とはまた違った楽しさがあると思いますよ。


営業マンって人気ある?

2017/9/17/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

昨日、自宅に携帯電話の格安SIMの営業の方が来ました。

以前にも自宅に来て、その時はタイミングが合わなかったので、数ヵ月後にまた来ていただきました。

電話番号を大手キャリアから移すのに、その大手キャリアに電話をする必要がありました。

ところが、いろいろ契約がややこしくて、カスタマーサポートに連絡したり、

店舗に電話したり、しばらく返事待ちしたり、思ったより待ち時間がたくさんありました。

結局2時間半かかりました^^;

仕方ないので、その営業の方とコーヒーでも飲みながら世間話でも、

ということで雑談をしていたんです。

すると、なぜか僕のやっている仕事に興味を持ってもらい、

もしかしたら営業してもらえるかもしれない。

その方も営業マンといっても個人代理店みたいなものなので、他のものも売っていいんですよね。

売り物は婚活パーティーとは全然関係ない、業者向けのサービスなんですが、

その方も格安SIMの営業のついでにできるので、特にデメリットがない。

どうなるか分かりませんが、言ってみるもんですね。

大手キャリアの事務手続きが長引いたのも、何かのご縁かもしれません。

「営業マンっていいですよね」

僕はそんな話をしていたんです。

営業できれば、何でも売れるわけですから一番いい仕事だと思います。

ところが、世間では営業マンの評価が低い。

ちょっと残念ですね。

僕も自分は営業はあまりできないので、僕もまた残念なんですが、

最近は営業の仕事が一番偉いと思っています。

婚活パーティーでは、営業の方が参加されるのはどちらかというと少ないかもしれません。

ですが、営業だから手に職がない、不安定という考えはちょっと違います。

もし婚活パーティーに参加されている方の中で、そういう誤解があるとしたら、もったいないですね。

もちろん、どの仕事でもしっかりやっていれば安定はすると思います。

ただ、その中でも営業ができるというのは貴重なスキルですよね。

特にこの方は飛び込み営業なので、もっと貴重です。

もしあなたが女性だったとして、婚活パーティーで飛び込み営業で生計を立てている男性を見つけたら、

候補に入れる価値ありですよ。


婚活ファッションの謎

2017/9/15/ 12:00

From:吉本和広

今年の春に、めっちゃ断捨離をしました。

服装もスタイルから見直して、今のライフスタイルに合わない服を全て処分しました。

ちょうど春だったので、冬物は次のシーズンまで必要ないということで、冬に着る服がなくなってしまいました。

まあ、冬になればそのとき買えばいいかなと思っていたのですが、

いよいよ買わないと冬に間に合いそうもありません。

そこで今日、冬物の服を買いにいきました。

と言っても、買ったのは黒ズボンと白シャツ。

僕は仕事でもプライベートでも同じものでいけないかと検討を重ねた結果、

行き着いた答えが、黒ズボンに白シャツ。

夏は、涼しい生地の黒ズボンもしくは、黒のショートパンツ。

シャツは白い薄手の半袖シャツ3枚。

冬は、厚手の生地の黒ズボンと白の温かい素材の長袖シャツ3枚。

春秋は、白いリネンの長袖シャツ3枚。

春秋のズボンは、その日の気候に合わせて夏用か冬用の黒ズボン。

基本的には年中同じ格好しているわけです。

気温によって、素材を変えているだけでほぼ同じ(笑)

でも意外とおかしくはないんです。

というのも、服装で一番見栄えがいいのは、シルエット。

はっきり言って、黒ズボンに白シャツだと、オシャレのしようがない。

だから、この制約のなかでどうやってキレイに見せるかというと、

体型に合った形を追求するくらいしかできません。

ですが、シルエットが決まると、逆にスッキリしてスタイルが良く見えるんです。

僕も婚活ファッションのアドバイスをしているので、自分もオシャレにしないといけないなと思っていたんです。

ところが、むしろこのシンプルな黒ズボンと白シャツでスッキリ見えるというほうが、

婚活ファッションの本質が伝わりやすいのかなとも思います。

つまり、

黒ズボンと白シャツだけで、スタイルが良く見えるんだったら、

この形でデザインや色を付けて加えていくと、もっとカッコよく見えます。

ですが、

デザインや色だけでオシャレをしても、この基本的なことを外していると、

ぜんぜん印象が良くならない。

というわけで、

今後は僕はこの黒ズボンと白シャツというスタイルで婚活ファッションのアドバイスをすることにしました。

黒ズボンと白シャツという制限のなかで、出来ることは、

・形

・素材の質感

くらいです。

ということは、逆にこのポイントさえ押さえておけば、良い印象を作ることができるわけです。

あなたも、ぜひ自分なりの婚活ファッション、研究してみてください。


会話は1年で上手くなる

2017/9/14/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

「入金まだなんですけど、大丈夫ですか?」

ものすごく個人的な話なんですが、今日住宅ローンの借り換えをしました。

元々借りていたところから、電話がかかってきて、借り換え先の銀行からお金が振り込まれていないとのこと。

15時までに入金がないと繰り上げ返済が実行できませんと言われ、少し不安になりました。

借り換え先に電話すると、「10分前にお振り込みしました。もうすぐ入金されると思います。」という返事。

電子処理に少しタイムラグがあるんですよね。

借り換えと言っても、ただ通帳の数字が動くだけなのであんまり実感はないんですけどね^^;

さて、タイムラグがあると言えば、

人は何かを覚えたり何かを身に付けたりするときにも、これがあるんです。

例えば、

楽器やスポーツの練習でも、自分がまだまだかな~と思っていて、

ある日気付いたら、そこそこできるようになっているということがあります。

まだまだと思っているときは、一生懸命練習しているので、上達していることが自覚できていません。

ところが、ある日ふっと気付いたときに上手くなっているんです。

これは学習曲線といわれるもので、

人が何かを覚えるときに、練習した時間の分だけ上達するわけではなく、

ある一定の時間を超えた瞬間に、急激に上達するポイントがあるんです。

そこそこのレベルになろうと思えば、2000時間必要と言われています。

ですが、その途中は、上手くなっている自覚があんまりないんですよね。

この2000時間ですが、1年365日で割ると、5.5時間。

つまり、1日5.5時間、覚えたいことをやれば1年でそこそこできるようになります。

婚活なら、いくら会話が苦手だったとしても、1ヶ月でどうこうはならないにしても、

1年あればそこそこ上手くなれます。

そう言うと、なかなかそんな時間取れない、と言われてしまうのですけど、

普段の生活の中に取り入れることができれば、気付けば上達しているということが起こります。

楽器の練習で1日5.5時間とかは難しいと思いますけど、

会話の練習なら、普段の仕事場でもプライベートでもできます。

例えば、その仕事の時間に会話の練習を意識するだけで、

わざわざ会話の練習をしなくても、仕事をしているだけで会話が上達する。

僕も、20代のころ、仕事やプライベートの時間に会話の練習をしていました。

周りには、僕が練習していることに気づく人はいません。

外から見て分かりませんからね。

この方法は特にお勧めです。

何がお勧めかというと、ついでにできるんです。

普段の仕事やプライベートを無理に変えなくてもいいので、とてもやりやすい。

もしあなたも、会話がちょっと苦手だな~と思うことがあるとしたら、

普段の仕事やプライベートに会話の練習を混ぜてみてください。

意外とすぐに上手くなりますよ。


会話が続く自己紹介の書き方

2017/9/8/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

毎週日曜日、宇宙戦隊キュウレンジャーという戦隊ものがTV放送されています。

子どもが観るので、僕もつい観てしまうのですけど、結構面白いです。

このキュウは9人という意味なのか?と思っていました。

ナレーションでも9人の救世主が、うんぬんという説明をしていましたし。

ところが、

今は12人(笑)

もしかしたら、今後はそれ以上に増えるかもしれません。

それで、よくよく番組を観ていると、キュウレンジャーのキュウは、

球っぽいんです。

キュウレンジャーそれぞれがキュウタマというアイテムを使って変身します。

丸い玉という意味なんでしょうけど、

キュウもタマも同じ意味のような気もします。

そんな細かいことはお構いなしで、語感で名前を付けているようですね。

韻を踏んでいるんでしょう。

そうやって、戦隊ものを観ていると色々ツッコミどころが満載です。

キュウレンジャーの敵のボスは、

ドン・アルマゲ。

アルマケドン?

雑魚キャラは、インダベー。

インベーダー?

エンディングでは、キュウタマ タマタマ タマタマキュウと歌いながら、

「変なおじさん」の振り付けじゃないのか?という踊りをしています。

そういうの、大丈夫?と思ってしまうんですが、

そもそも世界観もスターウォーズっぽいし。

こんなにも、ツッコミどころ満載ですと、

キュウレンジャーについて語り合うのにネタが尽きることはなさそうです。

さて、ネタが尽きるというと、婚活の会話でもネタ切れは深刻ですよね。

あの緊張感がとてもつらい。

僕も初対面の人と、話すことがないのは苦手です。

でもそんなとき、もしツッコミどころ満載であれば、相手からいろいろ質問してくれます。

婚活パーティーには、自己紹介カードがありますよね。

その自己紹介カードにもツッコミどころを入れておく、というのも面白いと思います。

例えば、好きなテレビ番組に、アメトークの戦隊モノ編、とか(笑)

趣味に、ゲーム音楽の演奏、とか。

マニアック過ぎますかね?

ですが、差し障りのない書き方をすると、つっこむ側も難しいんです。

ちょっと、面白みがある書き方をしてみると、それだけで会話のきっかけができたりします。

もしあなたが、初対面の人との会話が苦手だとしたら、こういうポイントを工夫してみてはいかがでしょうか。


趣味の出会い

2017/9/3/ 12:00

From:吉本和広

今日、散歩がてらポケモンGOのアイテムを探しに街を歩きました。

ポケモンGOも出た当初から1年以上経ったんですが、

若者よりも中高年に人気というニュースを見つけました。

街中に出掛けてみると、確かに中高年、ポケモンGOやってます。

僕もその中の一人ですね(笑)

1匹の強いポケモンを、近くにいるユーザーが協力して倒すというバトルがあります。

それに勝つとアイテムやポケモンをゲットできるんです。

今日、僕もそのバトルをやろうと思って、ポケモンがいる場所に行くと、

めっちゃ人だかり。

中高年がわいわいポケモンゲットのために集まっています。

15人くらいいたでしょうか。

レアポケモンをゲットでき人に、次々と周りの人が、

「おめでとうございます」

という言葉が。

これはこれで面白い交流なんだなと思いました。

僕は、自分の気晴らし&散歩のためにポケモンGOをやっているので、あまり詳しくありません。

そこで、近くにいた気の良いおじさんに色々バトルについて教えてもらいました。

残念ながら、僕はレアポケモンはゲットならずでしたけど^^;

ポケモンGOで集まっている人たち同士だと、

話しかけるのも自然にできるんですよね。

これはアレに似てるな~と思いました。

釣り。

釣り人が、釣り場に行ったとき、初対面の人にも

「調子どうですか?」

と聞くのに似ています。

僕も実家が和歌山県の漁師町なので、こういう風景を見慣れています。

ポケモンGOも同じだ(笑)

改めて思いました。

趣味が同じだと話しかけやすいですよね。

婚活も同じ趣味の人同士だと話しかけやすいですよね。

それでも、初対面の人には自分から話しかけにくいという方にお勧めの方法があります。

それは、

教えてもらう。

例えば、はじめて行った場所だとすると、

その場のルールだとか、

これはどういうことなんですか、とか聞いてみる。

僕も今日は、ポケモンのバトルについておじさんに聞いてみました。

これが山登りとかだと、すれ違った人に挨拶して、良い天気ですね、と話しかけるのもいいでしょう。

きっかけさえあれば、同じ趣味だとしたら、ネタに困ることはありませんよね。

9月に入って、行楽シーズン到来です。

ぜひ、あなたも行動範囲を広げてみて、

趣味友探しをしてみてはいかがでしょうか。


婚活の外見と中身

2017/8/28/ 12:00

From:吉本和広

今日は、お昼にたこ焼きを焼きました。

実家の和歌山県に帰省しているんですけど、

毎回たこ焼きをしている気がします。

関西ではたこ焼き器が一家に一台とよく言われます。

手慣れたもので、和歌山県に住んでいる僕の甥っ子も器用にたこ焼きを丸めていました。

たこ焼きを丸くきれいに焼くコツはよく分かりませんが、

たこ焼きの屋台でプロが焼いているのを思い出しながら僕も焼いています。

合っているかどうか分かりませんが、

僕が気を付けているポイントは2つ。

1つは、最初に半分くらい生地を流して、具を入れてから後から生地を足す。

もう1つは、少し生地があふれるくらい多めに入れる。

あとは、くるくる回しているとそれっぽく丸くなります。

平たく言うと、順番に気を付けているんです。

何かをするとき、順番って大事になることが多い。

例えば、このメルマガの記事にしてもそうです。

ただ適当に書いているように見えるかもしれませんが、

書く順番だけは気を付けています。

同じことを書いても順番が違うと、読みにくい記事になってしまうんですよね。

いわゆる構成というやつです。

これだけ気を付けていれば、中身は少し適当でもそれなりに読める記事が書けるんですよね。

婚活でも順番に関するご相談を受けます。

相談される方がこの順番でいいですか?

という質問をされるわけではないんですけど、

順番間違えてますよ、というアドバイスをすることがあります。

何の順番を間違えているのかというと、

男女で相手を見る順番。

外見と中身ですね。

男性は、外見がありかどうかを判断して、そのあと中身を見ます。

残念ながら最初から中身を見てくれる人は少ない。

でも中身を見ないということでもないんです。

順番がこうなっている、ということです。

逆に女性は、中身を先に見ていますね。

外見も確かに見るんですけど、それは内面を反映された外見という判断です。

だから男性は外見がダメなら中身を見てもらえないと思ったほうがいいと思います。

女性は、中身を見てもらうために外見を磨くのがいいのかなと思います。

あなたもぜひ、参考にしてみてください。


結婚を決めるタイミング

2017/8/27/ 12:00

From:吉本和広

今日は、実家の和歌山にいます。

朝早起きをして近くの港に釣りに行ってきました。

5時から小さなアジを釣るんですけど、

南蛮漬けや干物にして食べます。

ただ、釣れる時間帯があります。

朝の6時くらいまで、それから夕方も釣れます。

ですので、5時から釣りに行って6時になるとそこで終わり。

6時を過ぎると本当にさっぱり釣れなくなります。

アジが釣れるゴールデンタイムがあるんですね。

ゴールデンタイムというと、男女のあいだにもあります。

僕はそれを勝手にときめきタイムと呼んでいるんですが、

何をやっても相手のことが良く見えてしまう時間があるんです。

最終的には、このときめきタイムのときに結婚しよう、となるといいんですけど、

これを逃すとタイミングを逃してしまいます。

違う言い方をするなら、恋愛にピークがあるんですよね。

最初は相手のことを少しずつ知っていって、好きになっていきます。

それが加速してきて、ぐんぐん伸びる時期があります。

そこから少し落ち着いてピークを迎え、

そのあとは少しずつ恋愛モードから普段の状態に戻っていきます。

婚活をしていて、いつ結婚のタイミングかというのがあるんですけど、

何ヶ月という時間的なものというよりは、

このピーク前のぐんぐん相手を好きになっている時期がいいと思います。

なぜかというと、

そこで結婚が決まると、ピークの前にまた新しいときめきタイムが始まるからです。

例えば、

今までは恋愛相手として好きになっていたのが、

結婚相手として色んな面を見ていくことになります。

それが、婚活をしているとわりと早いタイミングでやってきます。

多くの人が6ヶ月くらいで結婚を決めていますね。

早い人では2、3ヶ月という場合もあります。

まとめると、

ときめきタイムはピークになるとあとは下がるということ。

その前に、次のピークに向けた行動を始めないといけない。

婚活の出会いから結婚という流れだとしたら、結婚を決める、というのがその行動になりますね。

ぜひ、あなたも結婚を決める場合は、恋愛モードのピークを迎える手前のタイミングにしてみてください。

ちょっと早いかなと感じるかもしれませんが、それくらいがちょうど良いタイミングですよ。


自己紹介カードで親近感

2017/8/26/ 12:00

From:吉本和広

今日は、和歌山の実家に帰ってきました。

というわけで、このメルマガは和歌山からお届けしています。

そう言えば、先日マクドナルドに行ったんですが、ドリンク対決で、

山形のなしvs和歌山のみかん

あなたはどっち?みたいな企画をやっていました。

そして、

マックvsマクド

という構図になっていて、僕も思わずクスッとしてしまいました。

関西のほうでは、マクドナルドをマクドって言うんですよね。

僕も学生時代はマクドって言っていました、と言いたいところですけど、

僕の住んでいた町はそもそもマクドナルドがない。

言う機会はありませんでした。

ですので、そこまでマックやらマクドにこだわりはありません。

でも、この日僕は和歌山のみかんのドリンクを注文しました。

特にだから何だ、という話なんですけど、

つい地元の名前があると買ってしまうんですよね。

人は、自分とのつながりのあるものに親近感を持ちます。

もちろん、これは人に対してもそうです。

例えば、趣味が同じ、出身校が同じ、地元が同じなど。

そういう共通のものがあると近く感じてしまうんですよね。

あなたも婚活をしていて、自分と共通のものを持っていた相手に親近感が湧いたことあるのではないでしょうか。

とは言っても、意図的にこれを使うのは難しいと感じてしまうでしょう。

ところが、

この親近感を意図的に増やすことができるんです。

それは、

情報をたくさん載せる。

つまり、自己紹介カードをいっぱい書くということです。

自己アピールというよりは、

いっぱい書いてあると、それだけ共通のものがひっかかる確率が上がる。

ただそれだけです。

僕も、ホームページとかメルマガで、

はっきり言ってどうでもいい情報を載せています(笑)

それは、何も僕が自己アピール好きだからそうしているというわけではありません。

できるだけ自分の情報を出すと、相手が勝手に共通のものを見つけてくれやすくなるからです。

これと同じことを自己紹介カードでやるんですね。

おまけとして、会話のネタも拾いやすくなりますので、1対1の自己紹介も盛り上がるでしょう。

あなたも、婚活パーティーでは自己紹介カードのここを気を付けて書いてみてください。


デートで不慣れな場合

2017/8/25/ 12:00

From:吉本和広

今日は、不慣れな仕事をしていました。

みかん企画が発行している情報誌「月刊みかん」のインタビュー記事を編集していたんです。

昨日、それから先週、デートで使えるお店や婚活での自分磨きの取材をしました。

お店は静岡県掛川市に今年オープンしたお店。

自分磨きはアロマですね。

10月号の月刊みかんで掲載予定です。

その編集をしていたんですけど、これはこれで楽しい。

インタビューって言っても質問しながらスマホのボイスレコーダーで会話を録音して、

それを文章に起す作業です。

最初のインタビューの内容とずれないようにしながら、

それを分かりやすくポイントを拾って編集します。

なんか僕も編集者みたいな発言してますけど、これ誰かに教えてもらったわけではないので、

正しいやり方かどうかは分かりません。

これもやりながら勉強ですね。

やってるうちに上手くなるでしょう。

婚活でも同じで、やってるうちに上手くなる。

やり方の前にまずやってみるのがお勧めです。

婚活でも、最初から正しいことをやろうとするとスタートできないことがあります。

もちろん、上手くいかない方法を何も考えずにただ繰り返すのは良くありません。

ですが、正しい方法を最初からやろうとするのも婚活が上手くいかない理由の1つです。

大事なのは、バランス、というよりも順番です。

先にこうかなと思うことがあったらやってみる。

それで、もう少しこうすればいいのかな、という工夫をしてみる。

その上手くいかなかったときに、上手くいきそうな方法を取り入れるというのが一番効果的です。

もっと簡単にいうと、

一回試してみて、上手くいかなかったところ見直すということですね。

この順番ですね。

僕の場合だと、編集作業やインタビューをまずやってみる。

そして、何か上手くできなかったな、というところがあれば改善する。

もう少し余裕があるときは、その段階でインタビューや編集のやり方を勉強します。

そうすると、かなり具体的に問題点が解決します。

こういう方法を婚活でも取り入れるということですね。

例えば、とりあえずデートに行ってみたけど、会話に困った。

というときに、本屋さんでコミュニケーションの本を読んでみるとか。

そうすると、あの場合は、こうすれば良かったのでは?とかいうことが具体的にイメージできます。

もちろん、デートの前後で勉強するのが一番いいですけど。

上手くいかなかった後にやり方を調べるというのは婚活でもお勧めです。

ぜひあなたも試してみてください。


気付いたら上達していること

2017/8/20/ 12:00

From:吉本和広

今日は、早起きをして5時から仕事をしています。

夏も気付けば終わりに近づいています。

お盆過ぎましたからね。

そのせいかどうか分かりませんが、夜めっちゃ寒いです。

夏は薄手のタオルケットを掛けて寝ているんですけど、

昨日の夜は、ふつうの掛け布団をかぶっていました。

テレビを見ていると熱中症対策がどうとか流れていますので、今年も暑いのかなと思っていました。

もしかして、冷夏ですか?

お盆が過ぎて今更って感じですけど、こういうのって後から気付くことが多いですよね。

他にも普段何気なく生活をしていて、後から気付くこともあります。

今までやってきたことなんかもそうですね。

例えば、仕事とか趣味とか。

そのときは、ただ特別意識せずにやっているんですけど、気付いたらけっこうやっていた、みたいな。

僕もは趣味で打楽器をやっているんですけど、昔から木琴やら鉄琴やら音階がある楽器は苦手だったんです。

でも、先日地元の吹奏楽団の練習に行ってきたら、

それがまた意外とできたんです。

何が苦手って、音階のある楽譜を読むのが苦手だったんですね。

手は動くんですけど、どこを叩けばいいのか、楽譜が読めないと分からない(笑)

それが、なんと楽譜を読みながら叩けたんです。

そんなにスラスラはできませんでしたが、以前は完全に楽譜を覚えないと叩けなかったんです。

あれ?気付いたら出来ているようになっていた。

そんな感覚です。

あなたもそういう経験あるのではないでしょうか?

特に仕事だと、ずっとやっているだけだし、みたいに自己評価が低い人も多いんですけど、

それを何年も続けているということは何かしら身についているんですよね。

婚活でも同じです。

何年も婚活やっていて、全然進歩がない、と思っている人も多いんです。

ですが、少なくとも婚活をしてなければ、初対面の人とそこまで話す機会もなかったかもしれません。

自己紹介の練習にもなりますしね。

そういう経験は、必ず自分の身になっています。

それが実感できるときというのは、後からなんですよね。

しかも気付いたときには、結構出来るようになっているときです。

もしかしたら、あなたの婚活も、あなたが気付かないうちに進んでいるかもしれませんよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625