婚活の外見と中身

2017/8/28/ 12:00

From:吉本和広

今日は、お昼にたこ焼きを焼きました。

実家の和歌山県に帰省しているんですけど、

毎回たこ焼きをしている気がします。

関西ではたこ焼き器が一家に一台とよく言われます。

手慣れたもので、和歌山県に住んでいる僕の甥っ子も器用にたこ焼きを丸めていました。

たこ焼きを丸くきれいに焼くコツはよく分かりませんが、

たこ焼きの屋台でプロが焼いているのを思い出しながら僕も焼いています。

合っているかどうか分かりませんが、

僕が気を付けているポイントは2つ。

1つは、最初に半分くらい生地を流して、具を入れてから後から生地を足す。

もう1つは、少し生地があふれるくらい多めに入れる。

あとは、くるくる回しているとそれっぽく丸くなります。

平たく言うと、順番に気を付けているんです。

何かをするとき、順番って大事になることが多い。

例えば、このメルマガの記事にしてもそうです。

ただ適当に書いているように見えるかもしれませんが、

書く順番だけは気を付けています。

同じことを書いても順番が違うと、読みにくい記事になってしまうんですよね。

いわゆる構成というやつです。

これだけ気を付けていれば、中身は少し適当でもそれなりに読める記事が書けるんですよね。

婚活でも順番に関するご相談を受けます。

相談される方がこの順番でいいですか?

という質問をされるわけではないんですけど、

順番間違えてますよ、というアドバイスをすることがあります。

何の順番を間違えているのかというと、

男女で相手を見る順番。

外見と中身ですね。

男性は、外見がありかどうかを判断して、そのあと中身を見ます。

残念ながら最初から中身を見てくれる人は少ない。

でも中身を見ないということでもないんです。

順番がこうなっている、ということです。

逆に女性は、中身を先に見ていますね。

外見も確かに見るんですけど、それは内面を反映された外見という判断です。

だから男性は外見がダメなら中身を見てもらえないと思ったほうがいいと思います。

女性は、中身を見てもらうために外見を磨くのがいいのかなと思います。

あなたもぜひ、参考にしてみてください。


結婚を決めるタイミング

2017/8/27/ 12:00

From:吉本和広

今日は、実家の和歌山にいます。

朝早起きをして近くの港に釣りに行ってきました。

5時から小さなアジを釣るんですけど、

南蛮漬けや干物にして食べます。

ただ、釣れる時間帯があります。

朝の6時くらいまで、それから夕方も釣れます。

ですので、5時から釣りに行って6時になるとそこで終わり。

6時を過ぎると本当にさっぱり釣れなくなります。

アジが釣れるゴールデンタイムがあるんですね。

ゴールデンタイムというと、男女のあいだにもあります。

僕はそれを勝手にときめきタイムと呼んでいるんですが、

何をやっても相手のことが良く見えてしまう時間があるんです。

最終的には、このときめきタイムのときに結婚しよう、となるといいんですけど、

これを逃すとタイミングを逃してしまいます。

違う言い方をするなら、恋愛にピークがあるんですよね。

最初は相手のことを少しずつ知っていって、好きになっていきます。

それが加速してきて、ぐんぐん伸びる時期があります。

そこから少し落ち着いてピークを迎え、

そのあとは少しずつ恋愛モードから普段の状態に戻っていきます。

婚活をしていて、いつ結婚のタイミングかというのがあるんですけど、

何ヶ月という時間的なものというよりは、

このピーク前のぐんぐん相手を好きになっている時期がいいと思います。

なぜかというと、

そこで結婚が決まると、ピークの前にまた新しいときめきタイムが始まるからです。

例えば、

今までは恋愛相手として好きになっていたのが、

結婚相手として色んな面を見ていくことになります。

それが、婚活をしているとわりと早いタイミングでやってきます。

多くの人が6ヶ月くらいで結婚を決めていますね。

早い人では2、3ヶ月という場合もあります。

まとめると、

ときめきタイムはピークになるとあとは下がるということ。

その前に、次のピークに向けた行動を始めないといけない。

婚活の出会いから結婚という流れだとしたら、結婚を決める、というのがその行動になりますね。

ぜひ、あなたも結婚を決める場合は、恋愛モードのピークを迎える手前のタイミングにしてみてください。

ちょっと早いかなと感じるかもしれませんが、それくらいがちょうど良いタイミングですよ。


自己紹介カードで親近感

2017/8/26/ 12:00

From:吉本和広

今日は、和歌山の実家に帰ってきました。

というわけで、このメルマガは和歌山からお届けしています。

そう言えば、先日マクドナルドに行ったんですが、ドリンク対決で、

山形のなしvs和歌山のみかん

あなたはどっち?みたいな企画をやっていました。

そして、

マックvsマクド

という構図になっていて、僕も思わずクスッとしてしまいました。

関西のほうでは、マクドナルドをマクドって言うんですよね。

僕も学生時代はマクドって言っていました、と言いたいところですけど、

僕の住んでいた町はそもそもマクドナルドがない。

言う機会はありませんでした。

ですので、そこまでマックやらマクドにこだわりはありません。

でも、この日僕は和歌山のみかんのドリンクを注文しました。

特にだから何だ、という話なんですけど、

つい地元の名前があると買ってしまうんですよね。

人は、自分とのつながりのあるものに親近感を持ちます。

もちろん、これは人に対してもそうです。

例えば、趣味が同じ、出身校が同じ、地元が同じなど。

そういう共通のものがあると近く感じてしまうんですよね。

あなたも婚活をしていて、自分と共通のものを持っていた相手に親近感が湧いたことあるのではないでしょうか。

とは言っても、意図的にこれを使うのは難しいと感じてしまうでしょう。

ところが、

この親近感を意図的に増やすことができるんです。

それは、

情報をたくさん載せる。

つまり、自己紹介カードをいっぱい書くということです。

自己アピールというよりは、

いっぱい書いてあると、それだけ共通のものがひっかかる確率が上がる。

ただそれだけです。

僕も、ホームページとかメルマガで、

はっきり言ってどうでもいい情報を載せています(笑)

それは、何も僕が自己アピール好きだからそうしているというわけではありません。

できるだけ自分の情報を出すと、相手が勝手に共通のものを見つけてくれやすくなるからです。

これと同じことを自己紹介カードでやるんですね。

おまけとして、会話のネタも拾いやすくなりますので、1対1の自己紹介も盛り上がるでしょう。

あなたも、婚活パーティーでは自己紹介カードのここを気を付けて書いてみてください。


デートで不慣れな場合

2017/8/25/ 12:00

From:吉本和広

今日は、不慣れな仕事をしていました。

みかん企画が発行している情報誌「月刊みかん」のインタビュー記事を編集していたんです。

昨日、それから先週、デートで使えるお店や婚活での自分磨きの取材をしました。

お店は静岡県掛川市に今年オープンしたお店。

自分磨きはアロマですね。

10月号の月刊みかんで掲載予定です。

その編集をしていたんですけど、これはこれで楽しい。

インタビューって言っても質問しながらスマホのボイスレコーダーで会話を録音して、

それを文章に起す作業です。

最初のインタビューの内容とずれないようにしながら、

それを分かりやすくポイントを拾って編集します。

なんか僕も編集者みたいな発言してますけど、これ誰かに教えてもらったわけではないので、

正しいやり方かどうかは分かりません。

これもやりながら勉強ですね。

やってるうちに上手くなるでしょう。

婚活でも同じで、やってるうちに上手くなる。

やり方の前にまずやってみるのがお勧めです。

婚活でも、最初から正しいことをやろうとするとスタートできないことがあります。

もちろん、上手くいかない方法を何も考えずにただ繰り返すのは良くありません。

ですが、正しい方法を最初からやろうとするのも婚活が上手くいかない理由の1つです。

大事なのは、バランス、というよりも順番です。

先にこうかなと思うことがあったらやってみる。

それで、もう少しこうすればいいのかな、という工夫をしてみる。

その上手くいかなかったときに、上手くいきそうな方法を取り入れるというのが一番効果的です。

もっと簡単にいうと、

一回試してみて、上手くいかなかったところ見直すということですね。

この順番ですね。

僕の場合だと、編集作業やインタビューをまずやってみる。

そして、何か上手くできなかったな、というところがあれば改善する。

もう少し余裕があるときは、その段階でインタビューや編集のやり方を勉強します。

そうすると、かなり具体的に問題点が解決します。

こういう方法を婚活でも取り入れるということですね。

例えば、とりあえずデートに行ってみたけど、会話に困った。

というときに、本屋さんでコミュニケーションの本を読んでみるとか。

そうすると、あの場合は、こうすれば良かったのでは?とかいうことが具体的にイメージできます。

もちろん、デートの前後で勉強するのが一番いいですけど。

上手くいかなかった後にやり方を調べるというのは婚活でもお勧めです。

ぜひあなたも試してみてください。


気付いたら上達していること

2017/8/20/ 12:00

From:吉本和広

今日は、早起きをして5時から仕事をしています。

夏も気付けば終わりに近づいています。

お盆過ぎましたからね。

そのせいかどうか分かりませんが、夜めっちゃ寒いです。

夏は薄手のタオルケットを掛けて寝ているんですけど、

昨日の夜は、ふつうの掛け布団をかぶっていました。

テレビを見ていると熱中症対策がどうとか流れていますので、今年も暑いのかなと思っていました。

もしかして、冷夏ですか?

お盆が過ぎて今更って感じですけど、こういうのって後から気付くことが多いですよね。

他にも普段何気なく生活をしていて、後から気付くこともあります。

今までやってきたことなんかもそうですね。

例えば、仕事とか趣味とか。

そのときは、ただ特別意識せずにやっているんですけど、気付いたらけっこうやっていた、みたいな。

僕もは趣味で打楽器をやっているんですけど、昔から木琴やら鉄琴やら音階がある楽器は苦手だったんです。

でも、先日地元の吹奏楽団の練習に行ってきたら、

それがまた意外とできたんです。

何が苦手って、音階のある楽譜を読むのが苦手だったんですね。

手は動くんですけど、どこを叩けばいいのか、楽譜が読めないと分からない(笑)

それが、なんと楽譜を読みながら叩けたんです。

そんなにスラスラはできませんでしたが、以前は完全に楽譜を覚えないと叩けなかったんです。

あれ?気付いたら出来ているようになっていた。

そんな感覚です。

あなたもそういう経験あるのではないでしょうか?

特に仕事だと、ずっとやっているだけだし、みたいに自己評価が低い人も多いんですけど、

それを何年も続けているということは何かしら身についているんですよね。

婚活でも同じです。

何年も婚活やっていて、全然進歩がない、と思っている人も多いんです。

ですが、少なくとも婚活をしてなければ、初対面の人とそこまで話す機会もなかったかもしれません。

自己紹介の練習にもなりますしね。

そういう経験は、必ず自分の身になっています。

それが実感できるときというのは、後からなんですよね。

しかも気付いたときには、結構出来るようになっているときです。

もしかしたら、あなたの婚活も、あなたが気付かないうちに進んでいるかもしれませんよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625


ワンランク上の共感

2017/8/19/ 12:00

From:吉本和広

今日は1日セミナーのプログラムを見直していました。

明日は会員さん向けのセミナーです。

テーマは、「結婚運が上がるたった1つの習慣」

一歩が踏み出せないときにどうすればいいのか、という疑問にお答えする内容です。

最終チェックをしていたんですけど、

プログラムを作っている僕の方がドキドキしてきました(笑)

もちろん、セミナーを受講される方向けの婚活の内容ですけど、

僕も自分の人生で一歩踏み出すときによく使っている方法です。

そうしたら、だんだんプログラムの内容にのめり込んでしまって、自分のことのように感じてきました。

今日の僕は、プログラムにのめり込んでしまったんですけど、

男女の会話でも、同性同士の会話でも、相手の会話にのめり込んでしまう場合があります。

よく言えば、共感能力が高い、というやつです。

もちろん、これは特技でもありますし、

共感能力が高いとコミュニケーションも上手くできます。

ところが、何でもやり過ぎると良くなくて、

この共感もやり過ぎると逆効果になってしまうことがあります。

どういう場合かと言うと、

相手が話している内容が、もう自分が体験したかのように感じる場合。

そうすると、2つのデメリットがあるんです。

1つは、自分が疲れる。

まあ、、疲れますよね。

相手が感じていることをいちいち100%同じように感じていたら、身が持ちません。

ときどきこういう方いらっしゃいますよね。

だから、逆に人といると疲れるからと言って、人を避ける場合もあります。

2つ目のデメリットは、

本当に相手のことは分かっていない。

残念なことではあるんですけど、相手のことを自分のことのように感じていても、

実際に相手がそう感じているとは限らない。

逆に、「分かる、分かる」を連発されて、

「そんな簡単に私のこと分かってくれるなよ」と反発心も生まれてしまいます。

ですので、共感もほどほどがいいと思います。

もしあなたが、自分には共感力が足りないな~と感じているとしたら、

もうちょっと相手に共感してみてください。

逆に、いつも共感し過ぎて疲れてしまう、と感じることが多としたら、

少し他人事だと思って話を聞いてみてください。

こういうちょっとした調整で、あなたのコミュニケーションがワンランク上がりますよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625


スムーズなデートにするために

2017/8/17/ 12:00

From:吉本和広

今日は、長男のハルウミ(小2)の自由研究を手伝いました。

手伝ったと言ってもほとんど僕が作ったんですけど^^;

小学校の低学年だと、きっと親がやるんでしょうね。

8歳とかで自由な発想で何かやるっていうのも難しいですよね。

貯金箱を作るとか、アリの観察をするとかもそうですが、

自分で計画を立てないといけません。

ただ作業をするだけなら簡単なんでしょうけど、そこが一番難しい。

今日僕が作ったのは、

あ、もう僕が作ったってなってますけど(笑)

作ったのは、ビー玉迷路。

迷路を段ボールで立体的に壁を作って、ビー玉をスタート地点からゴールまで転がすアレです。

作りだすとまた面白くてつい、難易度を上げてしまいました。

迷路に穴を空けて、ビー玉が下に落ちるようにしたり、

坂を作ってトラップをショートカットできる仕掛けを作ってみたり。

完成して良い出来だ、と満足していたのはいいんですけど、

明らかに親が作ったのバレバレ(笑)

うーん、どうしようと考えていたらいいことを思いつきました。

迷路の周りをデコレーションしよう。

それをハルウミにやらせればいいですね。

肝心の迷路は僕がほぼ作りましたが、デコレーションを子どもがやる。

そしたら、子どもの作品っぽくなるでしょう。

ただ、子どもはこれできっと満足すると思います。

婚活でもこういう考え方を使うとデートコースを決めやすいですね。

男性がデートコースを決める場合が多いと思います。

ただ、女性の好みも取り入れたい。

でも、女性にデートコース全てを聞くと、それはきっと上手くいかない。

そこで、男性はまず肝心のどういうルートでどういうお店やどこに遊びに行くのを決める。

タイムスケジュールや、大まかなアウトラインを決めるということですね。

そのあと、女性の希望を取り入れながら微調整していく、というのが美しいかもしれません。

これは、何もデートコースだけに限った話ではなく、

結婚式や新婚旅行のプランなどでも同じように使えます。

というわけで、デートに誘うときは、大まかなアウトラインを決めておきましょう。

その上で、相手の要望を取り入れてみてください。

スムーズなデート運びになりますよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625


婚活で平日休みの人はどうなの?

2017/8/16/ 12:00

From:吉本和広

あなたはどんなお盆をお過ごしでしょうか?

僕は今、静岡県掛川市の自宅にいます。

当たり前やん!と突っ込まれそうですが、

僕の実家は和歌山県なので、毎年お盆に帰省していました。

ところが、今年はめずらしく帰省はせずに自宅にいます。

ラッシュを避けて、8月の末に帰省しようかと思っています。

というわけで、お盆のうちに仕事を進めておかないといけません^^;

今日も、2件仕事の打ち合わせが入っています。

僕も自分で仕事をするようになってから、休日の感覚が変わってきました。

何が変わったかとういうと、

土日に休みたいと思わなくなった。

僕はサービス業なので、基本的には土日が仕事です。

最初はやっぱり土日休みがいいのかなと思っていたんですけど、いざその生活をしてみると、

土日仕事がいいですね。

必然的に平日休みになってしまうんですが、平日休みはどこに行っても空いている。

最初は、解放された感じがしていいなと思っていましたが、それでも土日休みはいいなというのがありました。

それがだんだん平日休みに慣れてくると、

もう土日に休みたいと思わない。

理由は、単純で混んでいるから。

平日は何をするにしても便利なんですよね。

平日休みと言えば、

婚活パーティーでも平日休みの方は狙い目です。

婚活パーティーで相手の仕事が平日休みだと躊躇する人がいるんです。

たしかに、それはデートとかの日程を合わせるのは難しいかもしれません。

でも逆に、これは狙い目でもあります。

というのも、土日仕事の人が休みをやりくりして婚活パーティーに参加している場合、

競争率が低いんですね。

当然他のライバルたちも土日仕事か~と思ってしまうわけです。

しかも、土日仕事の相手はたまにしか婚活パーティーに参加できません。

そうするとライバルも少ない。

マッチングしても休みが合わず続かない可能性も高いのでさらにライバルが減ります。

もし、あなたが今度婚活パーティーで平日休みのお相手を見つけたら、

チャンス!と思ってみてください。

この逆転の発想が婚活の成功率を上げてくれますよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625


今すぐできる印象アップ

2017/8/10/ 12:00

From:吉本和広

そう言えば、最近僕は自分の肩書を変えました。

肩書といっても、勝手に自分で名乗るのでなんとでもなるんですけど。

分かりやすいのがいいのかなと思い、こんな肩書きにしました。

みかん企画 オーナー

ちょっと偉そっぽいですよね(笑)

本当なら、肩書も何もなくてもいいのが理想なんですけど、仕事をしていると、

あんた誰?みたいな感じになるのも面倒なんです。

ただ、社長は僕の奥さんがやっているので、どうしたもんかなと思っていました。

すると、アイデアが降ってきました。

オーナーやと。

意味としては株主という意味ですね。

会社を作るとき、誰かが出資金を出さないといけないので、僕が出しただけなんですけど、

それが残っていたと。

こういう肩書を付けると、やっぱり仕事はやりやすいですね。

はじめてみかん企画のホームページを見る方も、ただの社員がメルマガを書いているのか、オーナーが書いているのかで、印象が違います。

ちょっと読んでみようかなと思ってもらえるなら、そこは肩書を付けたほうがいいなとなりました。

こういうのって、ウソでなければ何て名乗っても構いません。

つまりは、どれも本当だけどどこの部分を強調して見せるかの問題です。

婚活心理カウンセラーを押すこともできますし、みかん企画創業者というのを押すこともできます。

ただ、やっぱり分かりやすいのがいいと思いますので、結局オーナーで落ち着きました。

婚活でも同じなんですけど、あなたにもいろんな良いところがありますよね。

そのどれをとっても、きっと本当のあなたです。

ところが、どれを強調して見せるのかというので、相手からの印象が変わってきます。

よく、どれもこれも強調したくなるんですけど、

それはあんまり上手いやり方ではありません。

全体がぼやけてしまうんですね。

それよりも、おススメは、相手にとって一番魅力に感じる、あなたの良いところを見せる。

例えば、相手によっては、優しい人がいいとか、頼りがいがある人がいいとか、好みがあります。

その好みに合わせて、自分の持っている長所の中からどれを見せるか、というのを決めます。

僕も、みかん企画ではオーナーと名乗ってますが、

他の集まりに行くと他の部分を見せることがあります。

それは相手に合わせています。

ただ、気を付けていただきたいのは、

あくまでも自分の中にあるものから選ぶということ。

ないものをあるとは言わないのがポイントです。

それはただの誇大広告になります^^;

とは言っても、誰もが長所を持っていますので、

ないものではなく今の自分にあるものを相手に合わせてそれを見せてください。

今の自分のまま、今すぐできて、印象アップできる方法です。

ぜひあなたも試してみてください。


婚活ウソ情報

2017/8/1/ 12:00

From:吉本和広

今日で7月も終わりです。

夕暮れ時になると、虫の音が聞こえてきます。

ヒグラシが鳴くと、ゆったりした気持ちになれます。

前のみかん通信の記事で、自宅の周りはセミがいないと書いたんですけど、

ヒグラシってセミなんですね。

ウィキペディアでそう書いてました(笑)

ヒグラシはいつも遠くで聞いてる感じなので、全くセミという意識がありませんでした。

僕の中のセミのイメージは、みーんみーん、と鳴くあれです。

ザ・夏!って感じですよね。

ヒグラシはもっとこう、スズムシみたいなイメージだったんです。

それが、セミか~とちょっと驚きです。

今度、自宅で経営者仲間とBBQをするんですけど、その中の1人が、

「僕セミだけはダメなんですよ~、大丈夫ですかね」

と聞かれたので、

「いや、あんまりセミは見かけないですね」と答えてしまいました。

うーん、思いっきりウソついてしまいましたね(笑)

婚活でもこういうことあると思います。

自分がウソついているつもりはなくても、情報が間違ってたとか。

まあ、悪気がないウソなら、分かった時点で訂正しておけばいいと思います。

僕も、BBQの当日に、ヒグラシってセミだったんですね、としれっと言うつもりです(笑)

まあ、もう来てからでは遅いですけど。

さて、自分が付いたウソなら訂正すればいいですが、

婚活パーティーとかで、相手が言っているのがウソ情報だとしたら、

あなたはどうしますか?

もちろん、相手には悪気はありません。

こういうとき、けっこう正しい情報をぶっこみたくなるんですけど(笑)

それはあまりお勧めしません。

というのも、婚活パーティーでそれをしたからと言って、相手が、

「なるほど~、物知りですね~、○付けておこう」とはならない。

逆に、何この人、みたいになってしまうのがオチです。

婚活パーティーでは、楽しく会話するのが目的ですから、

そのウソ情報も楽しく会話するのに邪魔にならないならスルーしてください。

それが大人の礼儀かもしれません。

会話の邪魔になる場合は、とは言ってもほとんどそんな状況はないでしょう。

ですので、ん?と思うようなネタが飛び出してもそれはスルーの1択でいいのではないでしょうか。

もし、あなたがそんなウソ情報トラップに出くわしたとしたら、

それに引っかからないように注意してくださいね。


○が1つも付かないとき

2017/7/31/ 12:00

From:吉本和広

「セミナーのタイトルに惹かれました」

そういう声をよくいただきます。

僕も、こんな風に言われると、

やっぱり?(笑)みたいな。

というのも、いくらセミナーの中身をがんばって作ってもタイトルで興味を持ってもらえないと見向きもされません。

ですので、僕もセミナーのタイトルは時間をかけて考えます。

その中でも、ずっと使っていて気に入っているのが、

「婚活パーティーで3倍○が付く方法」

分かりやすい!

何を言ってるのかが、一目瞭然です。

曖昧さが全くなく、3倍ときている辺りがまたそそられます。

ただ、こういうタイトルを付けるとき僕が気を付けているのは、

誇大広告にならないこと。

このバランスが事業者のモラルと言いますか、何と言いますか。

クソ真面目に、婚活パーティーの基本、なんてタイトルにしてもそそられません。

だからと言って、婚活パーティーで必ずマッチングする方法とかだと、

相手があることですので、これも保証できません。

そこで3倍。

何もしない我流で婚活パーティーに出て、○が1つ2つ付くのでしたら、

婚活パーティーの攻略法を使えば、5、6個にはなります。

いく人は、もっといきます。

ところが、○がゼロの場合。

これもゼロ×3はゼロなんです。

3つ○が増えると言っているわけではなく、3倍と言っているのでこれはウソにならない。

3倍と言っているのがポイントです。

そうすると、そそるタイトルを付けながらウソもつかなくて済みます。

だから、けっこうグイグイいくセミナータイトルを付けているようで、

一線は越えないように、これでも気を付けているんですよね(笑)

じゃあ、なんで○がゼロの人を保証できないかというと、

それはゼロの中でも幅が広いんです。

もうちょっとすれば○が付くのか、それとも本当にさっぱりなのか。

つまり、スタートラインが分からないんです。

婚活相談を受けるときは、僕はまず○1個付くまで徹底フォローしています。

なぜなら、そのゼロと1の違いが果てしないからです。

ゼロと1の違いに比べれば、

○3個と、10個の差の方がまだ近いです。

もしあなたが、婚活パーティーに出て毎回○がゼロなら、根本から見直した方がいいかもしれません。

もし、1個、2個は付くけどイマイチ上手くいかない、ということでしたら、婚活攻略法を実践すれば○は増えるでしょう。

増やすのは簡単なんです。

ゼロを1にするのが難しいんですよね。

ですが、それも1つずつ丁寧にやっていけば、必ず1つ付くときがやってきます。

まずは、あなた自身の現状に合わせて攻略法を使ってみてください。


婚活を半年で終わらせる

2017/7/28/ 12:00

From:吉本和広

最近、Youtube配信している「まさこのMe Can」が人気です(笑)

なぜかうなぎのぼりに再生回数が伸びています。

ということもあって、みかん企画の内輪で新企画が盛り上がっています。

もしかしたら、今までの配信を少し休んででも、その企画に取り組もうか、くらいの勢いです。

ちょっとずつ新しいことにも挑戦していきたいですしね。

さて、じゃあ何でいまごろ盛り上がっているのかというと、

Youtubeもはじめてから半年くらいになるからです。

僕もメルマガを配信していて感じるのは、半年続けるとだんだんと反響が出だします。

ところが、この半年間を我慢できずに止めてしまうことって多いんです。

ぶっちゃけてしまうと、面白いから反響が出るというよりも、

半年続けているから反響が出る、と言ったほうが正解です。

メルマガもそうでしたけど、婚活パーティーを始めたころも同じでした。

やっぱり半年くらい運営しているとだんだん人が集まるようになってきます。

婚活でも同じです。

最初はいまいちやり方が分からないと思います。

普段の出会いと少し違いますからね。

参加されている方の意識や目的も、普段の生活で出会う場合とは違います。

半年くらい、色んな人と会ったりしていると、

婚活ってこんな感じなんだな、というのが分かってきます。

意外とその前に止めてしまう人も多いですよね。

もしくは、本当に数カ月に一度参加してみる、とか。

これは最初に何度かまとめて参加してみて、

だいたいの婚活の流れが分かってきた段階だといいかもしれません。

ですけど、最初から年に1回とかの参加ですと、

なかなか婚活のことが見えてこないと思います。

不思議なのが、この半年サイクルというのがわりと多いことに気づきます。

人がものごとに慣れるのにそれくらいかかるということでしょうか。

意外なのが、これが1年ではないということです。

仕事でも半年過ぎると、最初のぎこちなさも抜けてきて仕事の要領が分かってきます。

婚活で、新しい生活に不安を感じている方もいらっしゃいますけど、

結婚生活をはじめても半年くらいもすれば落ちついてきます。

婚活で1年以内に結婚相手を見つける!と思っている方も多いと思います。

それをサイクルを半年にしてみてみるのもいいかもしれませんね。

1年は意外と長いんです。

半年のほうが集中して取り組めますので、こういう目標の立て方もありかもしれませんよ。


○とオシャレの両立ファッション

2017/7/26/ 12:00

From:吉本和広

今日は、静岡市のレストラン、ジャルディーノさんに行ってきました。

婚活パーティー会場としてもお世話になっています。

ジャルディーノさんが、面白い人がいるのでぜひ紹介したいということでした。

メイクやファッションなど外見のアドバイスを専門にされている方です。

僕の婚活ファッションと違って、本当にファッションの専門家ですね。

僕の場合は、オシャレというより、婚活でどうすれば○が付くのか?という視点でアドバイスしています。

ですので、専門家からみたらきっと僕のやり方は邪道なんじゃないかと思っていました(笑)

でも、僕のやり方もおおむね当たっているんだそうです。

基本から外れたことをやっていたわけではないんですね。

良かったです。

僕は婚活相談をされる方がどうすれば○が付くのか、ということをずっと検証してきました。

基本路線は同じだとしても、僕のやり方はとてもシンプルです。

○も付いてもっとオシャレもしたい、という方は専門家のアドバイスもいいのかもしれません。

せっかくなので、どうやっているのか質問してみました。

そしたら、こんな答えが返ってきました。

それは、

メイクにしろ、ファッションにしろ、今の状態をガラッと変えるということはしないんだそうです。

今よりちょっと良くするんですね。

そうすると、アドバイスを受ける方もだんだん変わってくるんですね。

それを聞いて、進め方は僕と正反対だなと感じました(笑)

僕は、ガラッと変えてしまいます。

とにかく、○が付くようなファッションにするので確かに抵抗される方もいらっしゃいます。

全ての服を入れ替える方もいます。

その点、ちょっとずつ進めたい方には、今の状態から1つ良くして、また1つ良くして、

というのがいいのでしょう。

最後に盛り上がったのが、外見のアドバイスを受けに来られた方も、全員内面的な話をしていくんだそうです。

例えば、

就職が決まらないんですよ、だから印象よくする服装ないですか?

人付き合いが苦手で、もっと自信を持てるようになりたいんですけど、など。

そう思うと、

婚活パーティーで○が付かないんですよ、どんな服がいいですか?

というのと同じ気がしてきました。

この方も海外に服を仕入れに行ったりしているみたいで、忙しそうなんですが、

機会があれば、みかん企画でも何かやっていただきたいなとお願いしておきました。

ファッションは婚活パーティーの前にアドバイスしても、服は買いにいけないので、

その場でできるメイク講座とか面白いかなと思っています。

婚活パーティーの前に、ちょこっとメイクを直して印象が変われば嬉しいですよね。

また企画考えてみますので、楽しみにしていてください。


3倍○が付く感想

2017/7/25/ 12:00

From:吉本和広

最近、めっちゃメルマガの登録があります。

ここ2、3日で100名以上登録されました。

理由は、「婚活パーティーで3倍○が付く方法」を電子書籍にまとめて無料ダウンロードできるようにしたからです。

もしあなたがまだ読んでいないとしたら、一度ダウンロードしてみてください。

参考までに、いただいた感想をご紹介させていただきます。

(豊川市 36歳 女性)
メルマガを毎日読ませて頂いており、電子書籍でポイントを復習したくてダウンロードしました。

また、吉本さんのセミナーには遠くて行けなかったのもありました。

結婚相談所にも通ったり、同じような婚活の勉強会にも参加したけど、あまりしっくりこなかったんです。

メルマガも読んでいたので、今回は大丈夫かなと思いました。

他社とは違い、自分で少しずつ楽にできそうなアドバイスがあったので前向きになれます。

電子書籍を読んでみて、すぐに実践できそうな簡単なものだけど、とても大切なアドバイスが満載でした。

また、親身になってメルマガを書いて下さっている気持ちが伝わってきて安心感がありました。

今後も、メルマガ楽しみにしています。

(焼津市 44歳 男性)
電子書籍ダウンロードして読みました。

みかん企画さん含めて何回かパーティーに参加しましたが、いつもマッチングできず、うまくいかなくてしばらくは参加するのをやめようかと思ってました。

今回の書籍読んでうまくいかない原因がわかりました。

自分は参加すると必ず決めうちをしていたけど、それが間違いだったと気づきました。

なるほどって思う内容ばかりでとても良かったです。

(焼津市 34歳 女性)
吉本様
「婚活パーティーで3倍○が付く方法」電子書籍を読んでみた感想です。

普段セミナーに行けないので、この電子書籍でその内容が知れるのかもしれないと思いダウンロードしました。

読んでみて、ものすごく納得しました。

実は、知らないうちに私も同じ方法を使っていたようです。

何でパーティーに参加する度、殆どの方が私に○をつけてくれるのか不思議に思っていました。

これに気づいたお陰で、これからも気負うことなくパーティーに参加できる分、今度は、より素の状態に近い自分で相手探しができそうです。

そしてもう一つ気付いた事は、私には、メンタル的な問題の方で、婚活で結果を出せていないことに改めて気付きました。

「婚活パーティーで3倍○が付く方法」電子書籍の無料ダウンロードはこちらです。

↓↓↓

【無料ダウンロード】婚活パーティーで3倍○が付く方法

PS なんで僕がこの情報を無料で公開するかというと、実は裏があります(笑)

これをあなたに実際に試してみていただきたいのです。

そうすることで、僕のアドバイスがどれくらいの効果があるのか実感できると思うんです。

僕のセミナーの効果についてのデモンストレーションにもなります。

そこで、僕のアドバイスを気に入ってくださったとしたら、

他のサービスでも、お客さんになってくださる方が増えると思います。

そういう理由で、本質的な内容まで無料で公開してしまっています。

もしかしたら、これだけで十分満足、となってしまって逆にお客さんが減ってしまうかもしれません。

そうなってしまったら僕も事業をやっていけないので、

申し訳ないんですけど、今後は無料ダウンロードを止めさせていただきます。

というわけでして、これもいつまで無料で公開できるか分かりません。

もしあなたが、まだこの電子書籍を読んでいないのでしたら、

今すぐ無料ダウンロードしてみてください。

きっと、あなたの婚活に役に立つはずです。

「婚活パーティーで3倍○が付く方法」電子書籍の無料ダウンロードはこちらです。

↓↓↓
http://mecan3.jp/3baimaru.html