結婚に迷ったら読んでください

2017/9/22/ 12:00

From:吉本和広

今日は、少しマニアックな話です。

気が向いた方だけ読んでみてください。

人は、目的がないと生きていけない。

アメリカでは若くして成功してリタイア、死ぬまで遊んで暮らせるお金が手に入って、

リゾートに家を建てて、あとは毎日ゴルフ三昧。

そんな人生を実際に手に入れた人は、意外と早く死ぬんだそうです。

つまり、

これまでは成功することを目的に生きてきたけど、

それが達成した時点で生きる目的を失ったわけです。

これもわりと有名な話なんですけど、

海外の囚人か捕虜の話なんですけど、土木工事や懲役をさせるというのがあって、晴れの日は工事。

ところが、雨の日は工事ができない。

でも何かはさせないといけない。

そこで、どっか適当なところに穴を掘って、

また埋めて、という作業を繰り返させるそうです。

そうすると、作業する人は雨の日を嫌がるそうです。

どちらも肉体的には変わらないにもかかわらず、意味のない作業はやっていてしんどい。

ここから婚活の話なんですが、

結婚するメリットで、僕が一番良いなと思うのがこれです。

つまり、何かをする目的ができる。

婚活の相談を受けていると、独身のときの自由な生活を手放せない、という感じの人も多いんです。

確かに、結婚すると独身のときとは生活が変わりますし、自由にもならないでしょう。

しかも、責任も出来ますよね。

そこで、考えるのが独身の自由と老後や将来の安心とを天秤にかけている。

ですけど、

そうするとなかなか決断はできないですよね。

僕が思う結婚のメリットは、目的ができるというもの。

これは、その結婚してセットでついてくる不自由さや責任みたいなものこそが、

結婚するメリットなんじゃないかなと思うわけです。

そういうと、いかにも責任感がある的な発言に聞こえるんですが、

そうではありません。

先の話のとおり、人は目的がないと生きていけないんです。

たとえそれが、不自由さだとか重荷だったとしてもです。

僕も今もし独身だったら、きっとだらだら過ごしていたと思いますし、

自由どころか、ただの怠け者になっていたでしょう。

だからと言って、結婚生活がバラ色かというと、そういう能天気な話でもありません。

ですので、僕は独身の方にはぜひ一度結婚してみていただきたいなと思います。

もしそれが思うような結婚生活ではなかったとしても、

もしそれがしんどいことの連続だったとしても、

何も苦痛のない楽な人生よりは充実したものになると思います。

そう考えると、独身の自由と老後の不安を天秤にかけることはなくなるのではないでしょうか。

というマニアックな話でした。


条件で決断できなくなる理由

2017/9/21/ 12:00

From:吉本和広

昨日、新しいパソコンを買いました。

アップルのMac。

と言っても、あんまりパソコンに馴染みがないとピンとこないですよね。

分かりやすくいうと、

スターバックスとかでビジネスマンがリンゴマークのパソコンを開いて、パチパチ仕事をしているイメージ。

僕もMacはデザインもきれいでいいなと思っていたんですけど、

とくにMacじゃないといけない理由がない。

仕事で使うパソコンなのでファッション性は特に必要ないので、いいなと思いつつ買っていませんでした。

僕はパソコンはずっとWindowsを使っています。

ですが、最近動画編集の仕事が増えてきて、

データのやり取りとか、編集作業的にWindowsとMacでは、微妙に不具合が出る。

作業しているスタッフもMacを使っているので、Macに揃えるかなと思ったわけです。

そして、昨日注文して直接スタッフの自宅に送りました。

でも結局、僕が使うわけじゃなくて、相変わらず僕はWindowsです^^;

良い機材は先にスタッフのところに行ってしまいます。

とは言っても、僕もいちおうMacユーザーの仲間入りですかね。

現物は見てもないですが(笑)

こういう場合に限らずですが、買い物って先に欲しいと思って後から理由づけをするんですよね。

Macは良いな~と思っていたんです。

ただ買う機会がなかった。

それが、つい動画編集という都合の良い理由が舞い込んできたわけです。

そうすると、これで必要だなと、買物にも大義名分ができます。

先に感情で決断して、後で理由づけをするんですよね。

実はこれ、買物だけでなく色んな判断をするときも人は同じプロセスを通ります。

結婚相手を選ぶときも、よく条件がどうとか気にされる方も多いんですけど、

結局はいいなと思った相手がいいんです(笑)

それで、後から決断を裏付けるために条件を持ち出して、「ほら良い人でしょ」と言います。

ですので、婚活で先に相手の条件ばかりみていると決断できなくなってしまいます。

頭で決断しても後から感情が付いてこないんですよね。

もしあなたが、全然良い人いないと思っているとしたら、

もしかしたら条件ばかりみている可能性があります。

もちろん、後から条件を見るのは構わないんですが、先にみてしまうと決断できないんですよね。

そういう意味では、婚活パーティーは先に人柄を見てもらえるので、相手探しには良いやり方なんだなと思います。

参考にしてみてください。


いよいよお宅訪問

2017/9/20/ 12:00

From:吉本和広

毎週お送りしています、みかん企画のYoutube番組「小沢さん、独身やめるってよ」の第5話です。

みかん企画の婚活パーティーの司会をしていただいてる小沢さん。

人の結婚のお世話の前に、「まず自分でしょ」という話になり、

小沢さんの婚活をみかん企画が完全サポート、完全密着するYoutube番組を作ってしまいました。

かなり真面目に婚活やってます。

↓↓↓こちら第5話です。
https://youtu.be/GmnmFCkCk8M


運命の出会いの正体

2017/9/19/ 12:00

From:吉本和広

この三連休、台風でお出かけができないのかなと思っていたら、

今日は清々しい秋晴れでしたね。

台風が過ぎると、それまでの天気が嘘のよう。

三連休の最後は、お出かけにはちょうどいいお天気でしたね。

そうは言っても、台風が来るということで予定を入れてなかった、という方も多いのではないでしょうか。

僕も今日は、地元の吹奏楽団の演奏会が予定されていました。

それに出演するはずだったんですが、中止になってしまいました。

僕は18日は台風はどの進路だったとしても抜けているんだろうなと思っていたので、

演奏会に出る気満々でした。

ところが、その予定もなくなってしまってどうしようかと思っていたら、

ちょうど子どもの保育園のママ友の集まりがありました。

元々は奥さんだけ出る予定でしたが、

せっかくなので僕も参加することにしました。

僕たちも含めて5家族集まったんですけど、1人だけお父さんが参加。

地元の消防団の話やら何やらで盛り上がり、ライン交換しました(笑)

なかなかお父さん同士のつながりがないので、貴重な機会です。

これも偶然の出会いになるのでしょうね。

偶然の出会いというと、それが結婚相手だとなんだか素敵ですよね。

運命かも、と思ってしまいますね。

では、この運命の出会いをどうやったら引き寄せられるのか?

実はこれ、そんなに難しいことではありません。

なぜかと言うと、

偶然の出会いそのものを増やせばいいからです。

つまり、

その出会いだけ見れば、本当に偶然で運命かもしれない。

ですが、いっぱい偶然の出会いがあって、その中の一つが上手くいったとしましょう。

確かにそれは偶然で運命を感じます。

ですが、その偶然が起こらなくても次の偶然が起こるんです。

僕も、仕事の都合でたまたま静岡県にやってきました。

転職でやってきたので、その転職のタイミングが少しでもずれていれば、

静岡には来ていなかったでしょう。

もし、他の地域に就職してそこで結婚したとしたら、

それはまた偶然の出会いです。

もちろん、今の奥さんと結婚したのも色んな偶然が重なったんですけど、

その出会いがなかったとしたら、

次の偶然の出会いがあったのかもしれません。

もちろん、婚活パーティーでの出会いも偶然です。

たまたまその日が時間が空いたので参加したら、いい人と出会った、というのもあるでしょう。

ということは、偶然の出会い、運命の出会いというのは、

誰にでも訪れるものかもしれません。

どちらかというと、運命かどうかより、それを運命と感じる感受性のほうが大事なんでしょうね。

もしあなたが、そういう偶然を大切にできるとしたら、

きっとあなたにも運命の出会いがやってくると思います。

そう考えるとワクワクしてきませんか?


婚活、大変だと思ったら

2017/9/18/ 12:00

From:吉本和広

この3連休、いかがお過ごしでしょうか。

旅行など予定していた方も多いと思います。

ところが、台風が近づいていてきて、東海地方は直撃しなさそうですが、

雨は降りますよね。

予定を変更して、近場で過ごすという方も多いのではないでしょうか。

台風と言えば、お盆を過ぎてから台風がやってくると急に涼しくなってきます。

僕も先週までは、ショートパンツをはいていたんですが、今日は静岡グランシップでセミナーがあります。

それもあって、長袖シャツに長ズボン?というのかな、ズボンをはいています。

週明けからは、いよいよ年末に向けてまっしぐらという感じでしょうね。

台風も過ぎれば天気も良くなりますし、何てことないですよね。

人生でも、何であのときはあんなに大変だったのに過ぎればなんてことない、ということが結構あります。

あなたも、これまでの人生で大変だったことありましたよね?

それって、今も大変ですか?

僕も大変だったとき、いっぱいありました。

でもそのほとんどは今は、大変だったな~くらいにしか覚えていません。

それよりも、今は目の前のことが一番の気がかりです。

面白いのが、大変さで言えば、今の大変なことよりも昔のことのほうが大きかったということ。

例えば、小学校でクラスになじめない、とかですね。

大人になった今から考えると、小学校のことだしな~くらいです。

ですが、当時はそれが自分の人生のほぼ全てなわけです。

死活問題です。

ところが、今の大変なことと言えば、仕事とかプライベートとかになるんですが、

小学校の、このクラスが世界の全て、ではない。

仕事も変えようと思えば変えられますし、家庭にしてもいくらでもやりようはある。

大人になって出来ることも増えていますし、小学生のときより知恵もある。

そう考えると、今の大変さも後から考えると、全然たいしたことではないように思えてきます。

もしあなたが、婚活をしていて大変だな~と思っているとしても、

10年、20年経ったあと思いだしてみると、いい思い出になっているかもしれませんよ。

せっかくですので、婚活も今しかできないわけですから、ぜひ楽しんでやってみてください。


営業マンって人気ある?

2017/9/17/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

昨日、自宅に携帯電話の格安SIMの営業の方が来ました。

以前にも自宅に来て、その時はタイミングが合わなかったので、数ヵ月後にまた来ていただきました。

電話番号を大手キャリアから移すのに、その大手キャリアに電話をする必要がありました。

ところが、いろいろ契約がややこしくて、カスタマーサポートに連絡したり、

店舗に電話したり、しばらく返事待ちしたり、思ったより待ち時間がたくさんありました。

結局2時間半かかりました^^;

仕方ないので、その営業の方とコーヒーでも飲みながら世間話でも、

ということで雑談をしていたんです。

すると、なぜか僕のやっている仕事に興味を持ってもらい、

もしかしたら営業してもらえるかもしれない。

その方も営業マンといっても個人代理店みたいなものなので、他のものも売っていいんですよね。

売り物は婚活パーティーとは全然関係ない、業者向けのサービスなんですが、

その方も格安SIMの営業のついでにできるので、特にデメリットがない。

どうなるか分かりませんが、言ってみるもんですね。

大手キャリアの事務手続きが長引いたのも、何かのご縁かもしれません。

「営業マンっていいですよね」

僕はそんな話をしていたんです。

営業できれば、何でも売れるわけですから一番いい仕事だと思います。

ところが、世間では営業マンの評価が低い。

ちょっと残念ですね。

僕も自分は営業はあまりできないので、僕もまた残念なんですが、

最近は営業の仕事が一番偉いと思っています。

婚活パーティーでは、営業の方が参加されるのはどちらかというと少ないかもしれません。

ですが、営業だから手に職がない、不安定という考えはちょっと違います。

もし婚活パーティーに参加されている方の中で、そういう誤解があるとしたら、もったいないですね。

もちろん、どの仕事でもしっかりやっていれば安定はすると思います。

ただ、その中でも営業ができるというのは貴重なスキルですよね。

特にこの方は飛び込み営業なので、もっと貴重です。

もしあなたが女性だったとして、婚活パーティーで飛び込み営業で生計を立てている男性を見つけたら、

候補に入れる価値ありですよ。


真剣な出会いって

2017/9/16/ 12:00

From:吉本和広

台風が近づいていますね。

婚活パーティーが週末にあるので、僕も気になっています。

こんなとき、僕はいつも実家の和歌山にいる父に電話します。

「台風どんな感じ?」

そう聞くと、どうやら進路は中国地方から日本海に抜けていく感じみたいですね。

婚活パーティーの開催についても、ご質問をいただきます。

そんな感じで予定通り今週末も婚活パーティーは開催します。

当日、急に進路が変わった場合は、中止にすることがあるかもしれませんが、今のところ大丈夫だと思います。

この季節になると、よく父に電話するんですけど、

この話をはじめて聞く方はなぜ父?と思うかもしれません。

僕の父は、和歌山県で50年漁師をしていました。

ですので、台風とか天気にはめちゃくちゃ詳しい。

天気図を読んでますからね。

それに、なぜか当たる。

きっと天気予報より当たる。

まあ、100%ではありませんが、天気予報より父の意見を僕は重視しています。

もちろん、長年の経験というのもあるんですけど、僕が一番の理由だと感じているのは、

生死がかかっている、ということ。

天気予報は外れても死にませんが、

漁師は天気の読みを外すと死ぬかもしれないんです。

真剣さが違いますよね。

人って、本当にせっぱ詰まっているときは思いもよらない力が発揮されるものです。

これを父は50年やってきたので、僕は父の天気予報を元に婚活パーティーの開催を判断してるわけですね。

さて、真剣さというなら、婚活でもこの真剣さが結果に影響します。

とは言っても、真面目に「結婚したいんです」という思いの強さでもない。

本気で結果を出そうとしているのかどうか。

言葉では真剣に出会いを求めているといっても、

どこまでやっているのかは人によってまちまちです。

一つの目安でいうなら、真剣さを測る基準はこれです。

出来ることを全てやっているか。

少しでも○が付くなら、服装を変えるとか、攻略法を試してみるとか、

そういうことをやっているかですね。

もちろん、金銭的な制約があったり、自分に向いていないこともあったりするので、

何もかも人がやっているようにはできないかもしれない。

そうではなくて、自分にできることをやっているかどうかです。

僕もそうですが、

できないものはできないので、自分のできること、がポイントです。

意外と、自分ができることだけでもいっぱいやれることはありますので、

それをやるだけでも婚活の結果が違ってくるでしょう。

もし、あなたが今の自分にできることを全てやっているのだとしたら、

きっと婚活に真剣に取り組んでいるのでしょう。

そうだとしたら、その努力は必ず報われますよ。


婚活ファッションの謎

2017/9/15/ 12:00

From:吉本和広

今年の春に、めっちゃ断捨離をしました。

服装もスタイルから見直して、今のライフスタイルに合わない服を全て処分しました。

ちょうど春だったので、冬物は次のシーズンまで必要ないということで、冬に着る服がなくなってしまいました。

まあ、冬になればそのとき買えばいいかなと思っていたのですが、

いよいよ買わないと冬に間に合いそうもありません。

そこで今日、冬物の服を買いにいきました。

と言っても、買ったのは黒ズボンと白シャツ。

僕は仕事でもプライベートでも同じものでいけないかと検討を重ねた結果、

行き着いた答えが、黒ズボンに白シャツ。

夏は、涼しい生地の黒ズボンもしくは、黒のショートパンツ。

シャツは白い薄手の半袖シャツ3枚。

冬は、厚手の生地の黒ズボンと白の温かい素材の長袖シャツ3枚。

春秋は、白いリネンの長袖シャツ3枚。

春秋のズボンは、その日の気候に合わせて夏用か冬用の黒ズボン。

基本的には年中同じ格好しているわけです。

気温によって、素材を変えているだけでほぼ同じ(笑)

でも意外とおかしくはないんです。

というのも、服装で一番見栄えがいいのは、シルエット。

はっきり言って、黒ズボンに白シャツだと、オシャレのしようがない。

だから、この制約のなかでどうやってキレイに見せるかというと、

体型に合った形を追求するくらいしかできません。

ですが、シルエットが決まると、逆にスッキリしてスタイルが良く見えるんです。

僕も婚活ファッションのアドバイスをしているので、自分もオシャレにしないといけないなと思っていたんです。

ところが、むしろこのシンプルな黒ズボンと白シャツでスッキリ見えるというほうが、

婚活ファッションの本質が伝わりやすいのかなとも思います。

つまり、

黒ズボンと白シャツだけで、スタイルが良く見えるんだったら、

この形でデザインや色を付けて加えていくと、もっとカッコよく見えます。

ですが、

デザインや色だけでオシャレをしても、この基本的なことを外していると、

ぜんぜん印象が良くならない。

というわけで、

今後は僕はこの黒ズボンと白シャツというスタイルで婚活ファッションのアドバイスをすることにしました。

黒ズボンと白シャツという制限のなかで、出来ることは、

・形

・素材の質感

くらいです。

ということは、逆にこのポイントさえ押さえておけば、良い印象を作ることができるわけです。

あなたも、ぜひ自分なりの婚活ファッション、研究してみてください。


会話は1年で上手くなる

2017/9/14/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

「入金まだなんですけど、大丈夫ですか?」

ものすごく個人的な話なんですが、今日住宅ローンの借り換えをしました。

元々借りていたところから、電話がかかってきて、借り換え先の銀行からお金が振り込まれていないとのこと。

15時までに入金がないと繰り上げ返済が実行できませんと言われ、少し不安になりました。

借り換え先に電話すると、「10分前にお振り込みしました。もうすぐ入金されると思います。」という返事。

電子処理に少しタイムラグがあるんですよね。

借り換えと言っても、ただ通帳の数字が動くだけなのであんまり実感はないんですけどね^^;

さて、タイムラグがあると言えば、

人は何かを覚えたり何かを身に付けたりするときにも、これがあるんです。

例えば、

楽器やスポーツの練習でも、自分がまだまだかな~と思っていて、

ある日気付いたら、そこそこできるようになっているということがあります。

まだまだと思っているときは、一生懸命練習しているので、上達していることが自覚できていません。

ところが、ある日ふっと気付いたときに上手くなっているんです。

これは学習曲線といわれるもので、

人が何かを覚えるときに、練習した時間の分だけ上達するわけではなく、

ある一定の時間を超えた瞬間に、急激に上達するポイントがあるんです。

そこそこのレベルになろうと思えば、2000時間必要と言われています。

ですが、その途中は、上手くなっている自覚があんまりないんですよね。

この2000時間ですが、1年365日で割ると、5.5時間。

つまり、1日5.5時間、覚えたいことをやれば1年でそこそこできるようになります。

婚活なら、いくら会話が苦手だったとしても、1ヶ月でどうこうはならないにしても、

1年あればそこそこ上手くなれます。

そう言うと、なかなかそんな時間取れない、と言われてしまうのですけど、

普段の生活の中に取り入れることができれば、気付けば上達しているということが起こります。

楽器の練習で1日5.5時間とかは難しいと思いますけど、

会話の練習なら、普段の仕事場でもプライベートでもできます。

例えば、その仕事の時間に会話の練習を意識するだけで、

わざわざ会話の練習をしなくても、仕事をしているだけで会話が上達する。

僕も、20代のころ、仕事やプライベートの時間に会話の練習をしていました。

周りには、僕が練習していることに気づく人はいません。

外から見て分かりませんからね。

この方法は特にお勧めです。

何がお勧めかというと、ついでにできるんです。

普段の仕事やプライベートを無理に変えなくてもいいので、とてもやりやすい。

もしあなたも、会話がちょっと苦手だな~と思うことがあるとしたら、

普段の仕事やプライベートに会話の練習を混ぜてみてください。

意外とすぐに上手くなりますよ。


婚活で自信をなくしたら

2017/9/13/ 12:00

From:吉本和広

みかん企画のYouTube番組のチャンネル登録が100人を超えました。

ちょっと嬉しいですね。

ユーチューバーからすると、たいしたことはないのかもしれませんが、

100人登録してくださったことは素直に嬉しい。

なにより、100人超えるとカスタムURLというのが設定できます。

独自の文字でURLを設定できるようになるんです。

https://www.youtube.com/c/mecanTVch

単純に、mecanTVchにしました。

ぜひあなたもチャンネル登録してください。

今年のはじめは、「まさこのMe Can」をやっていました。

みかん企画代表の吉本雅子の番組です。

今は、スタッフの小沢さんの婚活を完全密着する「小沢さん、婚活やめるってよ」を配信しています。

動画の再生数もチャンネル全体で58,996回。

最近の動画でも400回くらい再生されていたりします。

地味に続けているとだんだん増えてきますね。

とは言っても、最初は本当に再生10回とか、そんなもんでした。

4年前にメルマガを始めたころも、メルマガ登録されている方も50人ほどでした。

今はメルマガも2000人の方が登録されています。

よく続けられますね、と言われることもあるんですけど、

逆に、続かない人の特徴というのがあります。

それは、最初から大きなことを期待している、ということです。

このYouTubeでも最初は再生回数10回とかです。

もしかしたら、誰も再生してくれないかもしれません。

それでも続けていると、少しずつ増えていきます。

この出だしで効果が見えないときにやれるかどうかです。

婚活をしていても、結果が目に見えて実感できないときがあると思います。

そんなとき、続けるのがしんどくなってくるかもしれません。

こういうときの気持ちの持っていきかたをお伝えしたいと思います。

結果だけみると、やっぱりしんどくなってしまいますので、

やってきたことを数えるということをします。

そうすると、やったことは事実ですので実感が湧くんですね。

人は、プラス思考だけで気持ちを立て直そうとしてもできないことが多いです。

心のどこかで、そうは言ってもな~ということを自分で分かっているからです。

ですが、やってきたことは事実ですので、それは間違いなく実感できます。

それを数えるんですね。

僕の場合は、メルマガを4年間、毎日書いた、ということを数えます。

仕事も、これだけ続けられたな、というように数えます。

結婚生活も今年で10年目ですが、10年経ったときは、

10年続けられたということを自分で褒めると思います。

もしあなたも、婚活で結果が見えない、自信が持てない、ということがあるとしたら、

ぜひご自分のやってきたことを数えてみてください。

それはあなたの財産ですから、きっと実感が湧くことでしょう。

そしてぜひそれをやってきた自分を褒めてあげてください。

自分に自信を持つ第一歩になるでしょう。


リアル婚活大作戦4

2017/9/12/ 12:00

From:吉本和広

毎週お送りしています、みかん企画のYoutube番組「小沢さん、独身やめるってよ」の第4話です。

みかん企画の婚活パーティーの司会をしていただいてる小沢さん。

人の結婚のお世話の前に、「まず自分でしょ」という話になり、

小沢さんの婚活をみかん企画が完全サポート、完全密着するYoutube番組です。

↓↓↓こちら第4話です。

https://youtu.be/KkMAuSHZb28


婚活の出会いは恥ずかしい?

2017/9/11/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

最近、婚活パーティーについてのアンケートを取らせていただきました。

いただいたご意見で多かったのは、

40代50代の婚活パーティーがもっとあったらいいな、とか、

これは一部の方からいただきましたが、

自然な出合い方がいいというもの。

例えば、バーベキューとかお店でのイベントですね。

お酒があるのも希望されている方もいらっしゃいました。

その中で、僕が疑問に思っていることがあります。

これは今疑問に思っているというより、ずっと前から気になっていました。

婚活をしていることをあまり知られたくないというもの。

今は、婚活パーティー行ってくるよ、と世間的にも認知された気がしています。

結婚式でも婚活パーティーで出会ったと公言するカップルも増えていますし。

ただ、正直なところどうなのかな、というのは知りたいところです。

ぜひ、あなたのご意見も聞かせていただきたいのですが、

①自然な出合い方をしたい

レストランの交流会や、趣味や自分磨きセミナーで出会うほうがいいという場合ですね。

②効率よく婚活パーティーで出会いたい

婚活パーティーは、良くも悪くも○×やマッチングなどの結果がすぐに分かります。

僕が婚活を始めたころは、このシステムが画期的で良かったんですけど、

それに疲れたという方も増えてきたように感じます。

そこで、みかん企画としても婚活疲れをした方向けのゆるい出会いが提供できればなと考えています。

気楽な感じですね。

もちろん、メリットデメリットはあります。

結果が一目瞭然ではないというのはデメリットですね。

メリットは、

結婚式で堂々と言える(笑)

あそこのレストランのお客さん同士として出会った。

なんか素敵です。

旅行が好きなので、スマホでキレイに写真を取る講座を受けに行ったら、

そこで隣に座っていた。

つまり、運命の出会いです。

というわけで、このメールにご意見いただけると嬉しいです。

Q1 ①自然な出会いがいい、もしくは、②効率的に出会いたい

Q2 結婚式で堂々と言える出合い方に、そもそも興味があるか、

もしくは、別に婚活パーティーで出会ったと言っても差し支えない、など

yoshimoto@mecan3.jp

までぜひメールください。


婚活のマンネリ打開策

2017/9/10/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

ここ1週間、

どうすれば結婚できるのか、ということを考えています。

僕の話ではありません。

婚活をされている方で、結婚したいけどなかなか上手くいかない、という場合の話です。

正直なところ、どうすれば婚活で結婚までいけるのか、ということはほぼ分かりました。

ですが、一番の問題はそこではないんです。

もう少し詳しく言うと、やり方が分からない、ということではないんですね。

そうは言っても、やり方が分からないという方もいらっしゃいます。

むしろ、その場合の方があっさり相手が見つかったりします。

婚活をずっと見てきて思うのは、

本質はそこじゃないんですよね。

例えば、

結婚はしたいけど、今の生活を捨てられないとか、

積極的にアピールしたいけど、本当の自分を見せたら嫌われるかもしれない。

だから、自分からなかなか積極的にいけない、など。

この問題というのは、人によって色々あります。

つまり、メンタル的な問題なんですよね。

メンタル的な問題と1つにまとめてしまえるほど、単純ではないんですけど、

婚活の相談を受けていると最終的にはここに行きあたります。

僕も同じような悩みをずっと持っていますので、この気持はよく分かります。

僕は婚活ではないんですけど、本質的には同じような心の動きです。

最近自分で感じているのは、

人の期待を裏切るのが恐い、というもの。

だから、できるだけ人前に出たり、自分がトップに立って旗振り役をするのを避けてきました。

セミナーをやったり、自分で事業をやったりしていて今更って感じですけど^^;

じゃあ、そういうメンタル的なことで婚活が上手く進まない場合、どうすればいいのでしょうか。

問題の内容によって、対処も違ってくるので一概に言えないのですが、

共通して言えるのは、

堂々巡りになっているということ。

思考や生活習慣がパターン化してしまっている。

マンネリと言った表現のほうが分かりやすいでしょうか。

対策としては、今までのやり方を変えてみる、ということです。

今までのやり方で上手くいかない、ということだけは分かっていますので、

合っているかどうか分からなくてもいいので、とりあえず何かを変えてみる。

それだけで、新鮮な気持ちにもなれます。

もしあなたが、今の生活や婚活でマンネリ感があるとしたら、

今までと違うことをしてみてください。

例えば、服装を変える、というのもそうですね。

見た目が変わると気分が変わりますし。

ぜひお試しあれ。


独身、退屈の理由

2017/9/9/ 12:00

From:吉本和広

「仕事は楽しいかね?」

今日、本屋さんでこんな本を見つけました。

タイトルが気になったので、とりあえず横にあったマンガバージョンをパラパラめくりました(笑)

僕もなぜか仕事についてのご相談も受けることが多いので、

どんなことが書いてあるのか興味がありました。

その中で書いてあったことで、

退屈と不安が同時にやってくる、というのがありました。

人は、退屈だと思っている仕事でも、

それを失うのも不安に感じている。

だから、退屈だと思いつつも現状のまま時間だけが過ぎていくと。

深いなと思いました。

僕も、仕事をするうえで自分を見直さないとなと改めて思いました。

これ、仕事だけでなく人生のほかのことで当てはまるような気がします。

婚活をされている方にの中にも、退屈を感じている方もいらっしゃると思います。

独身なりの楽しみ方を一通りやってみて、それにも心が躍らなくなってくる、そんな状態です。

20代のころはきっと色んな楽しいことがあるんですよね。

でも、その楽しみも30代40代になるころにはやりつくしてしまっている。

もちろん、楽しいことは楽しいんでしょうけど、それは20代のころのような新鮮さは感じられません。

それはそうですよね。

大人になったということなので、それはそれでいいことなのでしょう。

ですが、

日々忙しくしているわりには、心の中は退屈なんです。

心理学では中年の危機とか呼ばれるものに近いのかもしれません。

これが大きくなると、いわゆる燃え尽きるという状態になってしまいます。

僕も今年40歳になって、他人事ではない気がしています。

こんなときの対処法は、新しいことをやってみる、ということ。

ついつい、このままじゃいけないと思いつつ、

惰性で毎日過ごしてしまいます。

そこに新しいことを入れてみると、今までと違う生活パターンが生まれます。

婚活にとっても良い方向に向かうのではないでしょうか。

もしあなたが、最近時間が過ぎるのが早いなと感じているとしたら、

生活がパターン化しているせいかもしれません。

そんなときは、何でもいいのでちょっと違うことを毎日の生活に取り入れてみてください。

きっと気持ちが新鮮になりますよ。


会話が続く自己紹介の書き方

2017/9/8/ 12:00

メルマガ・チャンスメール不要の方はこちらから解除してください。
[[cancelurl]]

From:吉本和広

毎週日曜日、宇宙戦隊キュウレンジャーという戦隊ものがTV放送されています。

子どもが観るので、僕もつい観てしまうのですけど、結構面白いです。

このキュウは9人という意味なのか?と思っていました。

ナレーションでも9人の救世主が、うんぬんという説明をしていましたし。

ところが、

今は12人(笑)

もしかしたら、今後はそれ以上に増えるかもしれません。

それで、よくよく番組を観ていると、キュウレンジャーのキュウは、

球っぽいんです。

キュウレンジャーそれぞれがキュウタマというアイテムを使って変身します。

丸い玉という意味なんでしょうけど、

キュウもタマも同じ意味のような気もします。

そんな細かいことはお構いなしで、語感で名前を付けているようですね。

韻を踏んでいるんでしょう。

そうやって、戦隊ものを観ていると色々ツッコミどころが満載です。

キュウレンジャーの敵のボスは、

ドン・アルマゲ。

アルマケドン?

雑魚キャラは、インダベー。

インベーダー?

エンディングでは、キュウタマ タマタマ タマタマキュウと歌いながら、

「変なおじさん」の振り付けじゃないのか?という踊りをしています。

そういうの、大丈夫?と思ってしまうんですが、

そもそも世界観もスターウォーズっぽいし。

こんなにも、ツッコミどころ満載ですと、

キュウレンジャーについて語り合うのにネタが尽きることはなさそうです。

さて、ネタが尽きるというと、婚活の会話でもネタ切れは深刻ですよね。

あの緊張感がとてもつらい。

僕も初対面の人と、話すことがないのは苦手です。

でもそんなとき、もしツッコミどころ満載であれば、相手からいろいろ質問してくれます。

婚活パーティーには、自己紹介カードがありますよね。

その自己紹介カードにもツッコミどころを入れておく、というのも面白いと思います。

例えば、好きなテレビ番組に、アメトークの戦隊モノ編、とか(笑)

趣味に、ゲーム音楽の演奏、とか。

マニアック過ぎますかね?

ですが、差し障りのない書き方をすると、つっこむ側も難しいんです。

ちょっと、面白みがある書き方をしてみると、それだけで会話のきっかけができたりします。

もしあなたが、初対面の人との会話が苦手だとしたら、こういうポイントを工夫してみてはいかがでしょうか。