八分目のすすめ

2016/6/30/ 6:03

mecan hati

From:黒田麻希

子どものころ、ガツガツと無心にご飯を食べていると、

「腹八分目にしなさいよ~」と大人から言われたものです。

そうはいっても、若いうちはなかなかそれに従うことはできませんが、

年齢とともに、腹八分目がなぜいいのかということが、自然に分かるようになってきたように思います。

 

控えめにしておいたほうがいいのは、食事もですけど、発言も同じだなあと最近思うようになりました。

話をして乗ってくると、ついつい言わなくてもいいようなことまで言ってしまうことがありますね。

それが、知らないうちにマイナスイメージになってしまうことがあるんです。

しゃべり過ぎて相手が話すヒマがなかったり、相手の話題なのに自分が取ってしまったり。

そんなことをしてしまったことがある!っていう経験、大勢が持っていることでしょう。

 

食べ過ぎてしまう人、しゃべり過ぎてしまう人は、自分を冷静に俯瞰した目で見ることが苦手なんじゃないかなと感じます。

自分のなかの突き上げてくる欲求に飲み込まれてしまう。

食べ過ぎている自分、しゃべり過ぎている自分を第三者的に見られれば、「あっいけない」とすぐに冷静になることができるんですけどね。

これはなかなか、年齢を重ねていろんな失敗をしないと難しいのかもしれないなと思います。

 

もし、トゥーマッチになっている自分を感じたら。

気付くことができたということを素直に喜びましょう。

そして8分目を心がけていれば大丈夫です。

あまりその自覚がなくても、例えば婚活パーティーや合コンなどで8分目を心がけておくのをおすすめします。

そしてトークの内容も、自分語りをするのではなく、あまり話をしていない人に振ったり、相手に質問することに重きを置けるといいですよね。

八分目にして、その内容に気を付ける。

食事でもトークでもおすすめです。ぜひお試しくださいね(^O^)