鉄板の切り札

2016/8/16/ 6:03

mecan outi

From:黒田麻希

我が家のお盆休みの最終日である15日に、おうち焼き肉をしました。

とはいってもうちはマンションで庭がないので、コンロで焼いたお肉や野菜をテーブルいっぱいに並べるというもの。

リアルタイムに焼きながら食べるということはできませんが、これは子どもたちにかなり人気があります。

この焼いたお肉と野菜、そして「黄金の味」で子どもたちの胃袋はつかんだも同然!

あとは白ご飯をたくさん炊いて、テーブルの端っこにセルフでいくらでもおかわりしていいようにセッティングするだけです。

 

このおうち焼き肉をするのは、長期休みの最終日って決めています。

そうすることで、娘たちの休日がとっても楽しかったこととして締めくくられるから。

アレもやって、コレもやって、しかも最後の日の晩御飯は焼き肉やった!

そんないい思い出として連休が記憶に残ってくれるのは、親としてもうれしいことなんです。

 

こういう鉄板の切り札は、やっぱりここぞというときに使いたいもの。

これは相手が絶対に喜んでくれるぞ~っていう確信のあることは、

タイミングを逃さずに披露したいものですよね。

彼がとっても好きなお店がある。

彼女が気に入っているテーマパークがある。

そういった情報をつかんでいるなら、普段から行くのではなくて、やはり記念日やご褒美として、サプライズで用意してあげるのが一番ハートをつかむのは間違いないでしょう。

 

ちなみに我が家は、おうち焼き肉の他に手巻き寿司というテも持っています(笑)

あなたもぜひ、お相手の大喜びすることを2つほど見付けてみてください。

そしてたとえば半年に1回ずつ、それを一番いいタイミングで繰り出してみる。

1年交際が続けば、うれしいサプライズが2回っていうことですね。

なかなか関係にメリハリがついていいんじゃないでしょうか。

お相手の大喜びする、禁じ手とも呼べるなにかを、楽しみながら探してみてくださいね(^O^)