「好き」の気持ちを伝える

2016/8/13/ 6:03

mecan suki

From:黒田麻希

中3の娘が、読書感想文を書いています。

お盆休み中は塾も部活もないのですが、ここぞとばかりに手を付けていない宿題を詰め込まないといけないので、

毎日何かしら机に向かわなければなりません。

うーん、うーんとうなっているのでちょっと覗いてみたら。

感動しました。すごいなと思いました。

こんな言葉が並んでいます。

「感動した、すごいなということを、感動しました、すごいなと思いましたという言葉以外で表すんだよ」

思わずこうアドバイスしてしまいました。

ええ~!と面倒くさそうにしていたけれど、ここが国語力を発揮するところやで!とハッパをかけておきました(^O^)

 

これ、男女の交際でも婚活でも同じなんじゃないかなと思います。

好きっていう気持ちを、好きっていう言葉以外で表す。

これがなかなか効果的なんですよ。

「あなたといると楽しいわ~」なんてのもそうですし、

「一緒にいると、時間がたつのが早いなあ~」もそう。

場合によっては「アンタほんまアホやなあ~」っていうのもそうなんです(笑)

言葉で言わずに、態度で「だから好きだよ♪」って伝える。

これを毎回のデートでしておくと、相手はいい気持ちになってくれるんですよ。

 

もちろん率直に「好きです」って伝えなくちゃいけないシーンもありますが、

いつもいつもそうしないといけないわけじゃない。

ポイントは外さずにしっかり押さえておきながら、それ以外はあえて「好き」以外の言葉で伝えてみる。

あなたの語彙力とセンスが試される場面ですが、あまり気負う必要もありません。

あなただけの言い回しで、好きな気持ちがほんわかと伝わればいいんです。

もしまだ告白する前なら、なおさら「好き」じゃない言葉で「好き」を伝えるのはとても価値があること。

何気ないときに、さわやかに微笑みながら伝えてみてください。

きっといい効果があることでしょう(^O^)