異性の「いいね!」を参考に

2016/6/16/ 6:03

mecan youfuku

From:黒田麻希

週末、主人が実家の義母を見舞った帰りに、ショッピングバッグを下げて帰ってきました。

どうやらお洋服を買ってきた様子。

娘たちが食いついて、「パパー!着替えてみせてー!」とまとわりついています。

キッチンで食事の支度をしながら、聞くともなしに聞いていると、

「あれー?なんで?」

と主人の声。

なんと、長袖を買ったつもりが、半袖だったようです。しかも2枚(笑)

娘たちにツッコまれ、からかわれて主人も笑っています。

 

 

彼は昔から、どうもそんなところがあって、

目的のものをあんまりきちんと買えたことがあまりないという。

今回は、おそらくTシャツの柄とか色に目が行ってしまって、

半袖か長袖かっていう大事なポイントに注意がいかなかったのでしょう。

やはりわたしが一緒に行くべきだったな…と、心の中でひそかに思ったのでした(笑)

 

これはもともと、ファッションにあまり興味がもてないっていうところからきているのではないでしょうか。

うちの主人はまさしくそれです。

着られればいいという人なので、選ぶ素材とかテイストが毎回変わるし、

似合う色とかもあまり意識していません。

なので、たまに今回みたいなことになってしまうんですね。

 

こういうタイプの人は、服を買うときには誰かと一緒に行くのがベターですね。

自分ひとりでふらっとお店に入ってしまうのはリスクが高い(笑)

せっかくのお金を使うのですから、1円のムダもなく、しかも自分に似合うものを買いたいものです。

今回で言うと、主人は返品するのも面倒くさいといって、わたしと長女にTシャツを1枚ずつくれました。

また買いに行くわ~と言っていますが、やはりもったいないですよね。

 

もしついて行ってもらうなら、できれば同性ではなく異性のほうがいいですね。

異性目線で「いいな」と思えるファッションが、婚活やデートではやはりポイントが高いからです。

我が家の場合は、ファッションにうるさい中学生の長女や、わたしと行くのが一番いいということですね。

あなたが男性なら、姉妹や友人の彼女や奥さんなんかに見立ててもらうといいのではないでしょうか。

お母さんは…ちょっと年代が違うのでやめておいたほうがいいですね(笑)

自分でいいなと思うものより、異性が「いいね!」と言ってくれるものを、素直に着ておくと間違いありません。

ぜひぜひ、お試しくださいね!