寝てしまう…

2016/5/31/ 6:03

mecan netesimau

fromみかん企画 広報部黒田

我が家の中3の娘が、帰宅してお風呂に入ってご飯を食べて、さあ勉強!となったら、

5分後にはもう机で目を閉じてしまいます。

「ちょっと!」と刺激を与えると、ハッと目を開けて「寝てないよ!」という。

あるあるパターン(笑)

それを5分ごとにやるので、毎日叱らないといけなかったんです。

叱るほうも叱られるほうもいやになって、毎日ギスギスしてしまってました。

 

 

だけどそれが続くにつれて、夜に勉強するっていう考えはいいけれど、

これは娘にはムリなのではないか?と思い始めました。

勉強したい気持ちはある、だけど体が疲れ切っていて、脳みそももう寝るといっていて、

どうしても起きていることができないように見えるんですね。

 

 

こんなとき、あなたはどうしますか?

わたしは、もう夜は勉強しなくてよし!とすることにしました。

だいいち、あんなもうろうとした状態で、形だけ机に向かっていたって、

なんにも頭に入ってこないのは明白だからです。

代わりに、朝早く起きて勉強してみようと提案し、最近ではそれを実行しています。

朝のほうがまだ、猛烈な睡魔に襲われることは少ないみたいなので、やるならこっちだなと思ってます。

 

 

もしあなたが、自分を変えるために何か新しいことを始めるとして。

どうしても無理な設定なら、順番や方法を変えてみてもいいんです。

無理なところに押し込んだって、無理なものは無理なんですから。

一日のスケジュールをだーっと書き出してみると、必ずどこかに余裕の部分があるものです。

そこに入れ込めばいいだけなんですね。

セミナー動画を見たり、本を読んだりするのも、時間がない余裕がないというのは簡単です。

だけどどこかに、細切れでも時間が取れるところがあるはず。

そういった部分を上手に使って、自分を高める、変えていくための時間にあててみてくださいね。

その積み重ねが、きっとあなたをいい方向へと変えてくれるでしょう(^O^)