行動できない人

2018/4/10/ 12:00

From:吉本和広

行動できないのはなぜか?

婚活をやっていると、

こうすれば上手くいくだろう、と頭では分かっているのに行動できない。

なんてことがありますよね。

やり方が分からないから、行動できない、というのは納得できます。

ですが、やり方が分かっていて、

なおかつ、それで上手くいきそうなイメージもできるんです。

自分でも不思議。

これが他人ならもっと不思議。

というのも、

あなたもこんなセリフ聞いたことないですか?

「この人と結婚したら、良い旦那さんになりそうだし、良い家庭築けそうなんだけど」

けどって何やねんっ!てツッコミを入れたくなります。

相手が言うこともありますし、自分がそう思うこともあるでしょう。

そんなとき、人は分かっちゃいるけど動けない状態になります。

これを突きつめていくと、何が理由かといいますと、

結局、その結婚を望んでいない。

良い家庭がなんなのかはその人次第ですが、

その人がイメージしている良い家庭を本人自身が望んでいないんです。

そら、望んでいないものはやる気になれないのは当たり前です。

そんなときは、どうすればいいのかというと、

まずは、自分が一体何を望んでいるのか?ということを突き詰めないといけません。

そうすると、ここでもう1つ疑問が湧いてきます。

なぜ、本当は望んでいないものを人は欲しがってしまうのか?という疑問です。

それは、

本当の望みを知るのが恐いんです。

本当の望みを知ってしまうと、自分が今まで蓋をしてきた見たくない自分と向き合うことになるからなんです。

例えば、女性の場合、

平和な安定した家庭を望んでいて、普通の幸せが良いと思っていたけど、

そうではなく、

自分がガンガン仕事をして稼いで、可愛げのない生き方をしたい、というのが本音だった場合。

いわゆる旦那さんがメインで働いて自分がそれを支える、という生き方にはやる気が起こりません。

また、この逆で、

本当は仕事をバリバリして、応援してくれる旦那さんがいい、と思っていたけど、

本当は可愛い奥さんになりたい、と思っている場合もあります。

じゃあ、何が見たくない本当の自分の望みなのかというと、

自分は、可愛い奥さんになりたいと思っていたけど、本当は全然可愛げがないんだな、ということを受け入れないといけない。

その逆も同じ。

ですので、行動できないと感じたとき、自分でも他人でもそうですけど、

その行動できていない今の状態が本音だ、というところからスタートします。

つまり、行動に移していないという、今起こっていることが、本当の望みなんですね。

今の状態が過去の自分の望んだ結果なんです。

そこに向き合うのはほとんどの人にとってはショックですし、嫌なことなんです。

そうすると、現実逃避として、

行動には移さないけど、本当は望んでいない願望にしがみついてしまいます。

本当の望みに気づいてしまうより、実現しない嘘の夢を追いかけている方が気持ちが楽なんです。

もしあなたが、幸せな結婚生活を手に入れたいと思ったら、

まずは今起こっている現実が本当の望みなんだ、ということからスタートしてみてください。

そうやっていくと、自分の本当の幸せに向かって、自然と行動できるようになりますよ。