婚活、正しい努力

2018/3/23/ 12:00

From:吉本和広

朝、自宅でスマホで電話をしようと思ったら、

圏外。

僕の自宅は、静岡県掛川市の山奥にあります。

10年位前は、携帯が圏外でした。

そこで、村人たちが署名をしてドコモが開通。

数年後、auも届くようになりました。

相変わらず、ソフトバンクは圏外です。

最初にドコモが開通したので、村人はほとんどがドコモを使っています。

僕は、ドコモから格安SIMに替えたのですが、格安SIMもほとんどがドコモ回線を間借りしているだけ。

ですので、基本的にはドコモということになります。

ところが、

今日はなぜかスマホが圏外。

おかしいなと思って、SIMカードを入れ直してスマホを再起動しても圏外。

もしかしたら、スマホが原因ではなくて、ドコモの電波塔に障害が?

奥さんのスマホを確認すると、

それもまた圏外。

これはきっと昨日の雨と風でドコモの設備がやられたんですね。

仕方がないので、電話は使わず仕事をすることにしました。

そのあと、街中に車で仕事に行く途中、

電柱を工事している人を発見。

やっぱり、ドコモの設備が原因でした。

復旧するまで待つことにします。

これが、もし奥さんのスマホは使えて、僕のスマホが使えないとなると、

スマホかSIMが原因ということになります。

そうだとしたら、何かしら対処しないといけません。

SIMの会社に電話、もしくはスマホを修理、が必要です。

その場合も、原因がSIMなのかスマホなのかは特定しないといけません。

つまり、何が言いたいかというと、

正しい対処法をしないと、正しい結果は得られないということです。

今回はドコモの設備が原因なので、しばらく待つ、という対処法になります。

婚活でもこういう考え方は大事です。

婚活をしていて上手くいかない、という場合も、

その原因がいったい何なのかさっぱり分からなければ対処のしようがありません。

ですが、

多くの場合、原因を特定するということはしない。

ただ、運任せで、

これまでと同じやりかたを繰り返す。

婚活をがんばる、と言えば聞こえはいいんですけど、

それはただ無策な状態です。

結果がでないやり方をたくさんする、ということなので、

その努力は無駄に終わるでしょう。

そんなときは、ただやみくもにがんばるのではなく、

上手くいかない原因を特定してみてください。

上手くいかない原因が分かったあとなら、

その努力はきっと実ります。

それは正しいがんばりになりますよね。