自己紹介カードをチラ見

2018/3/17/ 12:00

From:吉本和広

3/19(月)の16:45くらいから、ラジオ出演してきます。

K-mixのRoniさんの番組です。

あとから、言ってくださいよ~、と言われることがあるので先にお知らせしておきます。

何を話そうかなと、思いきや、

番組の前に何を話すのかヒアリングシートがあるんですね。

そちらに、記入したら、原稿が届きました。

ラジオは、テレビと違って声だけなので原稿見ながら話せるのはありがたい。

話すことが飛ばなくていいですね。

僕も、婚活セミナーをよくやっているんですけど、

そのとき原稿持ってます。

えっ?みたいな反応される方もいらっしゃるかもしれません。

プロは原稿読まない、みたいなイメージでしょうか。

ですが、もちろん、原稿をひたすら読むという話し方はしません。

じゃあ何のために原稿があるのかというと、

カンニングシート。

つまり、話す内容や、話す順番を間違えないためだけに原稿を用意しています。

ですので、

その原稿はチラチラ見ますが、話すときは原稿は見ずに受講生を見て話します。

僕はずっとそれでやっていて、特に不都合がないので、

原稿あってもいい派でやっています。

婚活パーティーでの自己紹介カードも、これに近いものがあります。

自己紹介カードにかじりついて話をすると、それは味気ない会話になってしまいます。

まるで、原稿を棒読みしているセミナー講師のようです^^;

じゃあ、どうするのかというと、

自己紹介カードもカンニングシートみたいな使い方をすればいいんです。

チラチラ自己紹介カードを見て、相手の情報から会話を広げる。

会話の糸口ができたら、

あとは、自己紹介カードを見ずに相手を見て話をする。

また、話題に困ったら、

カンニングシートのように、自己紹介カードを見て、会話のきっかけを作る。

そのあとは、また同じように相手を見て会話をする。

こんな感じです。

ついつい、会話が苦手だと自己紹介カードばかりに目がいってしまいますが、

それだと、本当に会話が盛り上がらない。

というわけで、

あなたも次の婚活パーティーでは、

自己紹介カードをチラチラ見ながら、

大部分は相手を見て会話をしてみてください。

そのほうが、会話は盛り上がりますよ。