相手の本音を見極める

2018/3/9/ 12:00

From:吉本和広

あなたは、婚活で見込みのある相手をどうやって見極めていますか?

もし、それを確実に見極める方法があったら知りたいですか?

実はあるんです。

方法は、相手に決断を迫ること。

つまり、Yes、Noを迫るということですね。

そうすると、相手があなたに興味があるのかないのかがはっきりわかります。

とは言っても、

少しコツはあります。

それは何かというと、

相手にとってメリットがあって、相手のデメリットがない状態で、決断を迫るということ。

これが不十分だと、

そもそも情報不足や正しい判断ができないために、やめておこうとなります。

迷ったら人はNoを選びます。

僕もこれは普段から使っています。

もちろん、婚活に使っているわけではありませんけど、よく使います。

どういう風に使うかというと、

例えば、

取引先やお客さんと取引内容やサービス内容で、不明な点がないかどうかを納得してもらいます。

そのうえで、メリットを明確にして、デメリットをなくしてあげます。

で、どうしますか?と聞くんです。

ここで、僕と取引をしたいなら、とりあえずやってみましょうとなります。

できるだけ、相手の負担が少なくて、小さくお試しではじめられるようにしてから聞きます。

そういうと、交渉術っぽく聞こえるんですけど、

僕はどっちでもいいんです。

Yesをもらいたくて、こういうやりとりをするのではありません。

Yes、Noをその場でもらうためにやっています。

ですので、説得はしないんです。

なぜなら、説得をすると、どのみち結果がでないからです。

もちろん、説得するとやってくれる人は増えます。

でも、その分あとでトラブルが起こります。

だから嫌なんですね。

それに、その人が結果が出る人なのかどうなのかは、Yes、Noの決断を迫らないと分からないんです。

それでYesの人は、本気でやるでしょうし、

Noの人は、もし説得したとしても本気ではやらないでしょう。

だから、必ずその場で何かしらの答えをもらうようにしています。

よくあるのが「検討します」

つまり、断り文句ですよね。

僕はこれを許しません(笑)

Noと言ってもらえるまで答えを求めます。

そうしないと、その人の本音が分からないからです。

本音が分からないと、あとからまた連絡したほうがいいのかどうかもわかりません。

検討します、と言って後から連絡しても結局は取引はしないでしょう。

それだったら、その場でNoをもらって忘れたほうがいいんです。

つまり、Noをもらうために話をするわけですね。

婚活でも同じで、何か脈あり風な相手だといつまでも追っかけたくなります。

ところが、

もう相手のことも、こちらのこともお互いにある程度分かった状態だとしたら、

タイミングをみてYes、Noを迫ったほうがいいでしょう。

どちらにしても、

Noなら相性が良くないということですし、Yesならめでたしです。

ところが、これもYes、Noを迫らないと相手の本音もわかりません。

もし、あなたがこの関係はどうなんだろう?と思っている相手がいるとしたら、

Yes、Noを迫って結論を出してみてはいかがでしょうか。

そして、積極的にNoをもらってください。

中途半端な期待は断ち切って、次の人に目を向けたほうが上手くいきますよ。