婚活にマーケティングは必要か?

2018/2/24/ 12:00

From:吉本和広

最近、というか去年の後半から人に会うことに力を入れています。

以前は、できる限り人に会わずに仕事をしていました。

別にこれは、信念を曲げたわけではなくて、世の中の動きに合わせているだけなんです。

一部のマニアックな僕のセミナー会員さんは、よくこの話を聞いています。

マニアックな話なのに、面白そうに質問もされるので、

もしかしたら、他の人も興味あるかなと思いました。

今日は、その話をしたいと思います。

以前は、良い商品や良いサービスは、知られないと売れない、という状況でした。

いくらサービスをしても、うまくそれを表現できるマーケティングのテクニックが必要だったんです。

だから、おいしいレストランでも全然流行らない、という状況が多かったんですね。

ちょうど、そんな時期にみかん企画をスタートしたので、僕もかなりマーケティングの勉強をしました。

ところが、あるときを境にさっぱりマーケティングの効果が薄れてきたんです。

なぜだろう?と色々考えたら、思い当たるのが、

世の中マーケティングが先走る時代に突入していたということ。

SNSで気軽に個人でも宣伝できるようになりましたし、

マーケティングを勉強する人も増えてきました。

そうすると、

お客さんは、いったい何を信じたらいいのか分からない状態になってしまったんですね。

マーケティングが世の中に氾濫する前は、いくら良いサービスでも伝わらないために、売れなかったんです。

だから、好き嫌いは置いといて、商売をするならマーケティングをやらない、というのは、努力不足と同じことでした。

ところが、今は全然違います。

逆に、マーケティングが氾濫しているので、もう小手先のテクニックは通用しません。

むしろ、僕にとっては良い時代がやってきたな、という気持ちです。

なぜかというと、

地道にやるべきことをやっていること、お客さんにとって本当に望む結果が手に入るサービスを提供すること、

これが一番の集客につながるようになったんです。

今までは、マーケティングに力を入れざるを得なかったのを、もうどうせマーケティングは効果がないので、

一切やめて、

サービスの充実のみに力を使えるわけです。

みかん企画でも、

これまでの広告費のほとんどは、人件費に置き換わりました。

経費は変わってないんですけど、ちょっと増えてるかな?

その経費の中身が変わったんですよね。

YouTubeを配信したり、婚活情報誌を作ったり、

自治体と協力して、婚活のインフラ作りに力を入れたり、

そういう経費の掛け方に変わったんです。

今日のメルマガは、婚活の攻略法ではないですけど(笑)

みかん企画も、本当に結婚できるサービスを作っていくことに全力を注げるようになりました。

時代の流れのおかげですけど、婚活中の方にとっても良いことだと思います。

でも、まだこのことに気づいている婚活業者はほとんどいないですけどね。

相変わらず、広告を使ってマーケティング勝負をしてますね。

大手も地元企業も、個人経営も、ですね。

残念なことですが、

そういうところは、いずれサービスの中身に経費を掛けられなくなって淘汰されていくでしょう。

ご愁傷様です。