婚活の犠牲

2018/2/1/ 12:00

From:吉本和広

今日は、ホームページの打ち合わせ。

もう2年近く放置しているホームページがあります。

もちろん、一通り完成はしたんですけど、

全然使っていない。

そろそろ使わないと、と思いながら、かれこれ2年近く経ってしまいました^^;

このままではいけない、と思って使えるように更新中です。

ホームページも更新しながらでないと使いものにならないので、

結局以前に作ったものは、ほとんど無駄になってしまいました。

ですが、そのまま使うこともできないので、

ここは思いきって、変更するしかありません。

こういうのを損切りっていうんですよね。

人は、損切りが苦手。

何故かというと、

それまでに払った犠牲を回収したいという気持ちが働くからです。

人って、どうしても損をしたくないと思うんですよね。

こういうのは、恋愛でも起こります。

相手に対して、いろいろ投資をしたら、何としてでも回収したいと思う。

つまり、交際するとか、結婚するとか結果を出したいと思うんですよね。

ということは、これを逆手にとって、相手に貢がせればいいのか?ということも思いつきます。

それは、、

正解(笑)

まあ、悪用するのはどうかと思いますが、男女の心理的には正解ですよね。

ですので、交際するまでや結婚するまでに相手にある程度試練を与えて、

それを乗り越えさせると、

その試練の高さに応じてあなたに価値を感じるようになります。

周りに反対されて、それを押し切って結婚した、というのも同じような心理が働きます。

ここまで、犠牲を払って結婚したのだから、幸せにならないと、というわけですね。

この心理を悪用ではなく、良い意味で使えるといいですよね。

結婚式を挙げるのも、この犠牲を払う、ということにも効果があります。

ここまで、苦労して結婚式まで挙げて、しかも友だちや周りの人に祝福してもらって、

というと、この結婚は本当に良かったんだ、と思えるんですよね。

後付けで価値を感じる部分も無きにしもあらずですが、

まあ、それで幸せになれるのでしたら、

ありですよね!

というわけで、この犠牲を払う、もしくは相手に犠牲を払わせる、

あなたも上手く婚活に使ってみてください。