結婚相手とのズレを解消

2018/1/18/ 12:00

From:吉本和広

今日は、お片づけのサポートをされている方が自宅にやってきました。

整理収納アドバイザーというお仕事をされている方です。

目的は、僕や奥さんの価値観のすり合わせ。

どうすれば快適な生活になるのか、というのがやり方が分からなかったので、

プロに聞いてみることにしました。

去年の6月に、大がかりな断捨離をして、だいぶ物を減らしたんです。

ですけど、

どうしても時間的な余裕が生まれなくて、さてどうしたものかと思っていました。

僕は、管理能力を超えているので、その管理できるだけの数に物を減らせばいいのか?と思っていたんですけど、

プロに聞いてみたら、かなり物は少ないみたい。

これ以上減らすことはない、ということで、

あとは収納の方法を工夫して散らからないようにすればいいそうです。

元々、物が多かったイメージがあったので、物を減らした後も、

散らかるのは物が多いせいだ、と思っていました。

ですけど、

客観的に見てもらうとそうではないようでした。

そもそも、僕と奥さんの片づけへのゴールや、快適な空間、どういう過ごし方をしたいのか?という、

片づけ以前の認識のずれがあって、ストレスを感じていたようなんです。

本当は、片づけサポートに来ていただいたはずが、5時間ずっと片づけについて話し合っていました。

結局、片づけはしないまま終了(笑)

ですけど、

片づけの作業以上に有意義な時間でした。

というのも、

普段いろいろやることがあるので、

僕も奥さんも、1日自分たちの生活を見つめ直す、なんてことはしません。

こうやって、お金を払ってわざわざ第三者に入ってもらうことで、

お互いに気付かなかったものが見えてきます。

結論から言うと、

僕が片づけにこだわり過ぎだったので、イライラしていたということ。

奥さんの部屋はかなり片付いていてかなり優秀だそうです。

うん、僕の認識が間違えていましたね^^;

それが分かっただけでも、プロに来ていただいた甲斐がありました。

これで適正だと分かれば、別の解決策を考えられます。

つまり、これ以上片づける以外の方法で、僕がストレスを感じずに過ごせればいいわけです。

そうすると、やるべきことが明確になってきます。

これから結婚を考えている方にとっては、こういう価値観や認識のずれ、というのは多かれ少なかれ出てくることと思います。

ですけど、意外と解決策はあるものです。

それを強引に解決しようとすると、関係が悪くなるかもしれません。

そこで、第三者に入ってもらうと、認識のずれも解消しやすくなります。

もし、あなたもこれはどうすればいいのか分からない、というときは、誰か専門家に相談してみてはいかがでしょうか?