旅行プランの立て方

2018/1/16/ 12:00

From:吉本和広

今日は、朝から仕事のあと、13時から取引先と打ち合わせ。

そのあと、カイロプラクティックに行って、体のメンテナンスをしてきました。

夜は趣味の吹奏楽団があるので、その間にコンビニで軽食を買って、

そのコンビニでメルマガを書いています。

こんなことを書くと、とても忙しそうに見えます。

まあ、趣味も挟んでいますけど(笑)

今日も、カイロプラクティックの先生にも、

「忙しいですか?」

と聞かれました。

僕は、「いや、全然忙しくないですよ」

と答えました。

強がっているわけでもなく、別に忙しいと感じていないんですよね。

睡眠時間もちゃんと取っていますし、

カイロプラクティックにも行けていますから。

確かにスケジュールだけみると忙しそうに見えるかもしれません。

でも、実際はわりとのんびり仕事をしているんですね。

なぜ、そんなことができるのかというと、

遊びを作っているから、です。

遊びというのは、車のブレーキとかでいうアレのことです。

つまり、1つ1つのスケジュールに余裕があるんです。

だから、少し時間が延びても、調整が効きます。

時間が余ると、仮眠をとったりもできます。

そうやっていると、そんなに疲れませんし、

もしイレギュラーがあったとしても対応できます。

周りと見ていて、本当に忙しそうにしている人は、

スケジュールに余裕がないですよね。

時間に追われてしまっています。

そうすると、仕事に限らず楽しんで過ごすことができません。

特に、こういうのは旅行の日程にも同じことが言えます。

婚活でも、1日デートのような小旅行から新婚旅行まで、

これからあなたもプランを練ることがあると思います。

そんなとき、スケジュールに余裕がなく詰め込んでしまうと、

楽しむことができなくなってしまいます。

スケジュールをいっぱい入れると、いろんなところを観光できるかもしれません。

ところが、その1つ1つを楽しむ余裕がなくなったり、

旅行の行程が押してしまうと、今度は時間に追われてしまうことになります。

せっかく、楽しむために行った先で時間に追われているともったいないですよね。

そういうときは、1つ1つの行程に、少しずつの余裕を持たせるといいと思います。

例えば、2時間くらいで観光できそうなところは、3時間余裕をみておくとか。

もし、時間があまれば、そのときに寄り道したらいいんですよね。

そのほうがきっと、旅行自体を楽しめると思います。

スケジュール管理のちょっとしたコツですが、ぜひ参考にしてみてください。