誰も気づかない婚活の武器

2018/1/13/ 12:00

From:吉本和広

今日、静岡県掛川市内で見つけたカフェで仕事をしました。

みかん企画の事務所で仕事をするのもいいんですけど、

わざわざカフェで仕事をする理由は、余計な雑音がないように。

雑音というのは、例えで音がうるさいとかいう話ではありません。

事務所も、掛川市の山奥でとても静か。

どちらかというと、周りの環境はカフェよりもいいかもしれません。

では、何が違うのかというと、

当たり前ですが、仕事のものがたくさんあります。

まあ、事務所ですからね(笑)

仕事を効率よくするために、必要なものは全て揃っていて、快適で便利な事務所。

ですが、集中して仕事をするのにはこの環境は不向きです。

なぜかというと、

便利だから。

気が散るものがたくさんあるんですよね。

ネット環境は整っているし、気になったら資料もあります。

仕事に関する本も、手を伸ばせばすぐのところにありますし、

なんと、気晴らし用のギターまで!

全く集中できません。

そこで、環境を変えてカフェで仕事をすることにしました。

それも、1日で一番集中できる時間帯の3時間そこで過ごします。

その他の時間は、その3時間を効果的に過ごすために作業の予定を立てたり、

計画の確認をします。

ですので、1日のスケジュールは、その3時間を中心に決められています。

こんなことを言うと、

ものすごくストイックで、息がつまりそうなスケジュール管理に聞こえます。

ですが、実際にやってみるとその逆で、

超、楽です。

自由にスケジュールを管理していたときよりも、よっぽど楽。

3時間仕事をしただけで、ほとんどの仕事が終わってしまいます。

むしろ、他にやることを探さないと3時間を持て余したしまうかもしれません。

さらに、3時間以外の仕事の時間は雑務なので、のんびりだらだらやってます。

8時間一生懸命やるより、よっぽど楽なんです。

結果も出るので、日が経つにつれ、どんどん楽になってきます。

まだ今年も仕事をはじめて1週間ちょっとですが、

年末からやろうと思っていた仕事がほとんどなくなってしまいました。

あんなに色々やらないと、と思っていたのは何だったんだろうって感じです。

今日は、仕事の話でメルマガが終わってしまいそうですけど、

この話は婚活にも影響します。

結局、スケジュール管理が甘いから、仕事が忙しくてデートの時間が確保できず、

チャンスを逃すということはかなり多い。

逆に、相手に会う時間を調整しやすい、というだけでライバルよりも有利になります。

これの面白いところは、条件やコミュニケーション力以外のところで、

ライバルに勝てるということです。

もしあなたが、スケジュール管理が上手なのでしたら、それを婚活の武器にすることもできますよ。

ぜひ、試してみてください。