婚活の気持ちの整理法

2017/12/3/ 12:00

From:吉本和広

今日は、東京に来ています。

僕も定期的に勉強するために、たまに出かけています。

今回のは経営のセミナーです。

今日セミナーを受けていて面白いことを聞きました。

経営で上手くいく人は、

人に期待していない。

といっても、投げやりな感じで言っているわけではなく、

人は人、ということなんです。

人にどうにかしてもらおうというわけではなく、自分ができることをやる、という姿勢の人が上手くいんだそうです。

こういう話もありました。

社員に期待する社長はダメ。

つまり、社員や周りの環境にどうにかしてもらおうと考えていると、上手くいかないということですね。

これ、ニュアンスが上手く使わるかどうかわからないんですけど、

このお客さんは買ってくれるだろう、この事業は上手くいくだろう、そういうことを期待して仕事をしていると、しんどい。

だから、そうなってくれれば嬉しいけど、くらいで、

もし買ってくれなくても、その事業が上手くいかなくても、

それでもなんとかなるように他に手立てを考えるということなんです。

そうしたら、確率的に誰かは買ってくれますし、どれかの事業は上手くいきます。

僕も婚活セミナーでよくお伝えしていることがあります。

それは、誰か特定の人を口説き落とす方法はないけど、

その確率を上げる努力はできる。

これを今回の経営セミナーなりに解釈すると、誰か特定の人からOKをもらえることを期待して動くと、

上手くいかない、ということです。

例えば、

あの人は返事くれるだろう、とか、

○が付いたからマッチングするだろう、とかですね。

そういう結果に対する期待ではなく、

こちらができることに意識を集中するわけです。

その上で、上手くいったらいいな、というくらいの軽い感じで相手と接します。

そうすると、上手くいかなかったときも、それほどがっかりすることもありませんし、

また次に進むことができます。

今日の話をまとめると、

相手と仲良くなったり、結婚できるような取り組みは手を抜かずやるけど、

結果には期待しない、ということですね。

気持ちの持ち方の話ですが、

婚活で疲れずに、結果を確実に出していきたいとしたら、

こういう気持ちの整理法を覚えておくと便利ですよ。