出会いを活かすには

2017/12/2/ 12:00

From:吉本和広

明日は、久しぶりに東京出張です。

しばらく東京には行ってなかったんですけど、たまには営業がてら東京に行ってきます。

と言っても、特にコレ!という目的を持っていくわけではありません。

以前、通っていた経営塾に顔を出しに行きます。

前に行っていたときは、純粋に自分の勉強のために通っていました。

ところが、もうそれも一通り学び終えたのでしばらく行っていませんでした。

みかん企画は、来年以降、婚活心理カウンセリングを広めていくことが決まったので、

そこで、仕事のとっかかりができればなと思っています。

わりと僕は意味のない活動はしない派なので、ただ仲良くなるためだけに人脈を広げることはしません。

損得で動いているという意味とは少し違うんですけど、

こちらが提案できるものが何もない状態で人脈を増やしても、

結局は何一つ状況は変わらないんですよね。

ですが、今は人脈を広げていく意味があります。

そういうネタがあるときは積極的に外に出たほうがいいですよね。

婚活でも同じことが言えます。

自分が今出会いを増やせば、結婚相手が見つかる!という状況であれば、

出会いを増やす活動を積極的にするといいでしょう。

ところが、出会っても出会っても、

それを活かすことができていない場合は、どうすれば出会いを活かすことができるのか?

ということをまず先にやらないといけません。

例えば、身だしなみを整えるとかもそうですし、

初対面の人との会話に慣れておく、というのもそうです。

そうやって、出会いを次につなげられる状態になっていて、はじめて新しい
出会いが生きてくるんですよね。

僕も、2、3年前でしたら、営業をしたところでほとんど効果はなかったと思います。

でも今は、ちょっとしか営業していないにもかかわらず、

意外とお客さんになってくれる人がいるんです。

本当に7、8人くらいにしか、真面目に営業していないんですけど、2人の方がお客さんになってくれました。

そうすると、単純に100人くらいに営業をすれば、20人くらいお客さんになってくれる計算です。

僕の仕事柄、これくらいの人数がいれば十分なんですよね。

100人に営業、と言っても半年くらいあれば回れます。

話を婚活に戻すと、つまり、

何回か婚活パーティーに出たら、交際相手が見つかる、という状況にあれば、

あとは出会いを増やすだけでOK!

もし、あなたがそういう状況になっていないのでしたら、まずは2、3回婚活パーティーに出たらマッチングする、

くらいのスキルアップをまず目指してみてください。

そのほうがかえって、婚活では近道になりますよ。