収入が心配で婚活できない

2017/11/10/ 12:00

From:吉本和広

今日、投資家の方とランチをしてきました。

僕は個人的には投資にはあまり興味がないんですけど、

仕事をしていて知り合った方で、僕も珍しいなと思って月刊みかんのインタビューもさせていただきました。

別に投資のやり方がどうこうが知りたいわけではなく、

どうやってそれで生活しているのか、聞いてみたら面白いのかなと思ったんです。

結論としては、色々勉強して、ほぼ仕事みたいな感じで投資をやっている。

だから、

いわゆる簡単に儲かる、という話ではないですよね。

確かにその方は、ご自身の生活費はそれで賄っていますけど、仕事をする代わりに、

投資の勉強を仕事みたいにしている、という感じでしょうか。

投資ではありませんけど、僕は節約は割と好きです。

その方も、投資の前に節約したほうがいい、と仰っていましたね。

例えば、100万円を投資して1ヶ月で1万円の利益が出るのだとしたら、

携帯代やら、保険やらを見直して、月1万円節約したほうが確実。

うん、確かにその通り!

僕も結婚生活のご相談を受けることがあるんですけど、

やっぱりどうやって生活費を賄うのか?というのは、結婚生活にとって大事です。

それもあって、少しはそういう勉強も僕自身してみようかという気になりました。

なるべくどんな相談でも受けられるようにしたいなと思っています。

婚活に限らず。

というのも、結局婚活する上で、収入が心配だとか、仕事が、とかそういう話になることが多いんです。

そうすると、婚活の攻略法ではなく、

仕事がんばることが結局婚活につながる、という場合があります。

そういえば、ずいぶん前にご相談を受けていて、もう結婚された方も、

3ヶ月くらい仕事の相談ばかり受けていたことがあります。

そのときは、

「婚活の相談ではなくて、申し訳ないんですけど」

とご自身の婚活が進んでいないことに後ろめたい感じだったんですが、

僕は、

「今は、仕事のことを解決するのが結局、婚活には一番近道なので、

僕は婚活相談の一環として、仕事のお話しお伺いしてるんです」

なんてやりとりをしたのを覚えています。

僕も別に投資や起業の専門家でもないので、その相談をメインで受けますよ、というのはしないんですけど、

婚活の一環として、必要だったらご相談に乗れるようにはしておきたいなと思います。

というわけで、もしあなたも今やるべきことが、婚活への近道だとしたら、

まずはそれをしてください。

人によっては、それが仕事だったり、節約だったり、断捨離だったり、

一人暮らしだったりするのかもしれません。

そういう環境を整えることも、あなたの婚活の一部だと思いますので。