結婚後の生活を楽にする方法

2017/11/6/ 12:00

From:吉本和広

来月12/9(土)子育てセミナーを企画しています。

場所も予約しました。

ずっと、子育てセミナーやりたいなと思っていたんですけど、

婚活の事業と直接はつながらないので、企画はしてきませんでした。

ところが、

みかん企画も5年目になって、結婚されてからもメルマガを読んでくださっている方もたくさんいらっしゃいます。

結婚がゴールではない、と僕も言い続けているので、

結婚したあとの話もしていければなと思っていたところです。

僕は、ずっとどうすれば幸せな子どもに育つのか?ということに興味がありました。

ちょっと人と感覚がずれているのかもしれませんが(笑)

自分の子どものを幸せに育てたい、というのももちろんあるんですけど、

それよりも、

どう育てれば、幸せな子どものに育つのか?ということのほうに興味があります。

実際に、自分の子育てでそれを実践しているんですけど、

おかげさまで、こんな風に育ってくれたらいいな、という育ち方をしています。

子どもが通っている保育園の副園長先生に、こんなことを言われるくらいです。

「どうやったら3人ともそんな良い子に育つんですか?」

半分は、身びいきがあるにしても、周りから見ても良い育て方ができているのでしょう。

僕が一番これ、という育て方の方針があります。

というか、これしかないんですけど、

子ども自身が幸せになれること、が教育方針です。

実際に、子どもは毎日楽しそうです。

良い子というと、しつけが行き届いているとか、勉強ができるとか、特技や個性を伸ばすとか、そういうところに意識がいきがちです。

でも、僕はそれはオマケだと思っています。

大きなって、本当にやりたければその子は勝手にやると思います。

僕も、自分が今やっていることは親が教えてくれたわけではありません。

僕が好き勝手にやってきた結果、今の僕の人生があります。

子どもが幸せであれば、その子自身が自分の人生を自分で決めて、勝手に切り開いていくでしょう。

そんな育て方が、理想かなと思っています。

婚活をしていると、子育てや家事、仕事で自分を犠牲にしないといけない、と思い込んでいる方がいらっしゃいます。

それが、結婚を躊躇する1つの原因になっていることがあります。

でも、本当は結婚しても自分を犠牲にしなければいけないわけではない。

むしろ、僕みたいな子育ては、かなり放任に近いです。

子どもも幸せだし、親も楽。

逆に、子育てや家事で、いっぱいいっぱいになっている人は、

子どもや家事に手をかけすぎです。

その結果、子どもが窮屈に感じたり、プレッシャーを感じたりするわけです。

というわけで、結婚生活への思い込みを外すという意味でも、

僕のやっている子育てを知ってもらいたいなと思っています。

もちろん、これから結婚したいという婚活中の方も大歓迎です。

きっと、結婚ってこんなに楽なんだ、と思えると思います。

そしたら、婚活でも積極的にできるようになるのではないでしょうか。