理想と幸せはイコールではない

2017/11/4/ 12:00

From:吉本和広

今日から3連休ですね。

あなたはいかがお過ごしでしょうか。

僕は今日、浜松市のフルーツパークに奥さんと子ども3人で出掛けました。

そこに、何があるというわけではないのですが、

遊具で遊んで、お昼ご飯を食べて帰ってきました。

意外と早く帰ってきたので、バーベキューするか、という話になり、

急きょ晩ご飯はバーベキュー。

人が家にやってきたときはよくバーベキューをしているんですけど、

家族だけの夕飯でバーベキューはあまり無いパターンです。

いつものように僕が外で肉を焼いて、リビングに運びます。

奥さんのお父さんも、家の中でバーベキューって豪華だね、と言ってくれました。

外で僕が肉を焼いていると、奥さんがやってきて、

「月見しながら、お酒飲むっていう夢叶ったんじゃない?」と言いました。

僕は、自宅を建てたとき、ベランダで七輪でサンマを焼きながら、月見でお酒を飲むのが夢でした。

確かに、やろうと思えばいつでもできるんですけど、なかなかそういう余裕がなかったんです。

そう言いながら、家を建ててから6年過ぎてしまいました。

奥さんに言われて、確かにそうかもしれない、と思いました。

ちょうど今日も月がキレイ。

サンマじゃなくて肉やけど、

ベランダじゃなくて庭やけど、

確かに僕が望んでいたことは実現できました。

こういう、小さなことではあるけれど、

意外と実現するのが難しい、優雅な時間。

形は違っても、満足度は僕が望んでいた、そのものでした。

人生って、わりと自分が望むものが違った形で実現するんだな、と最近思います。

これもその1つですね。

結婚もおそらく、これに近いんだと思います。

どういうことかと言いますと、

自分が、こういう暮らし、こういう結婚相手がいいな、という夢があったとします。

ところが、

それそのものが叶うということは、かなり稀ではないでしょうか。

だからと言って、夢が叶っていないかというとそうではない。

形は違うかもしれないけれど、

望んでいた幸せは手に入る。

理想の結婚相手ではなかったけど、

理想の結婚生活ではなかったけど、

でも、

思い描いていた幸せは実現している。

おそらく、結婚して今を幸せに生きている人にインタビューすると、

ほぼ100%こういう答えが返ってくると思います。

何が言いたいかと言いますと、

婚活をしていて、理想の結婚生活を実現することと、

幸せな結婚生活を送ることはイコールではない、ということです。

つまり、

理想を追いかけるのではなく、自分が幸せになれることを追いかけたほうがいいかなというのが、

僕がお勧めする婚活ですね。