マイホームを安く建てる方法

2017/10/26/ 12:00

From:吉本和広

朝晩、急に寒くなってきました。

僕も自宅で仕事をするとき、暖房器具が欲しくなってきます。

そこで、僕が導入しているのは、

ダイニングこたつ。

脚の長い、ダイニングテーブルくらいの高さのコタツです。

これだと、

夏はそのまま仕事机として使えます。

そして、寒くなってきたらコタツ化するんです。

他に暖房器具を使わなくても、

ダイニングこたつだけで冬も快適に仕事ができてしまいます。

少し工夫しているとすれば、

1人用の小さいサイズで、90センチ×60センチの長方形型にしてあること。

この形だと本当にビジネス机のように使えてしまいます。

なるべく省スペースで部屋を広く使いたいなと思って色々検討したら、

こんなスタイルになりました。

婚活をして、結婚をして、家を建てたいという方も多いと思います。

もしくは、賃貸派だとしても、なるべく部屋を広く使いたいですよね。

家を建てるとしたら、当たり前ですけど、

広くすればするほど高くなります。

賃貸でも家賃が上がります。

そんなとき、どうやって節約するのか?ということなんですけど、

意外とやらないのが僕みたいな方法です。

多くの場合が、まず値段交渉、それから質を落とす。

ですが、

僕の場合、物を減らします。

すると、同じ快適さを求めても、部屋は狭くなっても大丈夫なんです。

当然、家を建てる金額も安くなりますし、

賃貸の場合も家賃が安くなります。

今回のダイニングこたつも、どうやって物を減らそうかと考えたとき、思いついたんです。

暖房器具も要りませんし、年中こたつを出しっぱなしで収納する必要もありません。

よく断捨離やミニマリストが流行っていますが、

これは快適さを妥協しているように感じている方も多いのではないでしょうか。

だから、

自分には無理だわ~、と思ってしまうこともあるかもしれません。

ですけど、

決して快適さを放棄しているわけではないんですよね。

結果的にそう見えるだけで、本当に考えてやれば、

生活の質を落とさず、物も減らせますし、部屋も小さくできます。

つまり、かなり節約できるんです。

そうすると、節約イコール貧乏くさいにならないんです。

なぜなら、買うものや大きさが変わっているだけで、質は落としてないからです。

もし、あなたもこれから家を建てたいなと思ったら、ぜひ部屋を広く使う工夫をしてみてください。

かなりの節約になりますよ。