人付き合いが苦手なのはどっち?

2017/10/15/ 12:00

From:吉本和広

今週、ずっと腰が痛い。

激痛というほどではないんですけど、

じんわり気持ち悪い感じです。

思い当たる節があるとしたら、先週のお祭りで屋台を引いたり、

餅つきをやったこと。

 

地元のお祭りでは、臼とキネで、餅をつくんです。

なかなか風情があっていいんですが、

実際に餅をつくのは力仕事です。

慣れている人はそれでもすんなりやるんですけど、

僕はあんまりやったことがないので、上手くできません。

変なところに力が入っているんでしょうね。

それでも、毎年せっかくだからと思って、餅つきに参加しています。

そのおかげで今週はずっと腰が痛い。

 

慣れといえば、人間関係も慣れが大きいですよね。

男女関係に関わらず、

人と上手いことやっていくのは、慣れや経験が必要です。

餅つきのときと一緒で、

上手くできないときというのは、変に力が入っています。

自然体で人と接することができない状態ですね。

 

でも実はこれ、場所によるんです。

もちろん、人間関係や人付き合い全般に慣れるというのもあるのかもしれませんが、

会社や、友人の集まりなど、特定の場での慣れもあります。

僕も、結婚して自分で仕事をするようになってから、

わりと人付き合いに慣れてきたなかと思っていました。

例えば、取引先やお客さんとのやりとり。

最近では、同居している奥さんの実家の近所付き合いも少し慣れてきました。

お祭りでも、だんだんアウェイ感がなくなってきたんです。

ところが、最近始めた趣味の市民吹奏楽団は、何故か緊張します(笑)

どうしても慣れない。

7、8年前にもやっていたんですけど、そのときと半分以上人が入れ替わっています。

前にやってたときはわりと自由に振る舞っていましたけど、今は気を遣っています。

逆に、仕事や家族、友達付き合いで気を遣わないので、気を遣う場があるのもいいのかなとは思っていますけど。

話を戻すと、つまり、

人付き合いの慣れには、人間関係全般への慣れもありますが、場に慣れるというのもあるということです。

もしあなたが婚活で普段の自分が出せていないなと感じることがあるとしたら、

それはきっと、婚活に慣れていないからでしょう。

ですが、普段から人間関係に慣れていなくて、婚活でも思うように自分を出せないとしたら、

まずは普段の人間関係や人付き合いに慣れていくほうが近道かもしれません。

 

人付き合いは苦手、という方も多いと思います。

ですが、こればっかりは一生つきまとうものですから、

ある程度は慣れておくことをおすすめします。

簡単に言うと、

人と話す練習をする、ということですね。