紹介してもらうコツ

2017/10/7/ 12:00

From:吉本和広

今日は、浜松でセミナーを開催しました。

と言っても、婚活セミナーではなくて、

起業家向けのセミナーです。

月刊みかんで取材させていただく方を募集しながら、

せっかくなら、その方たちの仕事が上手くいくようなサポートをしようと考えたんですね。

うん、一石二鳥(笑)

実際にみかん企画で婚活をされている方も、結婚してどういうライフスタイルにしていこうか悩むことがあると思います。

全員が副業をしたり、在宅ビジネスを始めたりするわけではないと思いますが、

自分らしく生きている人を紹介していくのは役に立つと思います。

そういう意味で、月刊みかんも上手く活用できればなと、取材先を増やしていっています。

おかげさまで、12月号から紙面が倍!

4ページから8ページになるだけなんですけど、それでももう12月号の記事は集まっていて、

今は1月号の取材の予定を入れているところです。

じゃあ、どうやって取材先を見つけているのかというと、それは、

紹介です。

取材させていただいた方に、

「次の方紹介していただけませんか?」と言っています。

紹介してもらって、何かメリットがあるといいなと思うので、

せっかくなら起業向けのセミナーを開催しているんですね。

紹介してもらった方は、どの方もいい感じ。

おそらく、僕のキャラとか僕のセミナーの内容とかに合っていそうな人を選んで紹介してくれているんだと思います。

でも僕は紹介されて来た方へのより好みはしません。

なぜかというと、

意外と自分の好みと他人から見た僕の相性って違うと思うからです。

実際、そうやって来られた方はセミナーも熱心に聞いてくれます。

婚活でも、

「誰か紹介して」

ということはあると思います。

でも、その紹介してくれた人に対して自分の好みじゃないからといって、適当な態度を取ると、

もう二度と誰も紹介してくれません。

ですので、誰かを紹介してくれたなら、

その紹介者のためにも相手に丁寧に接する必要があります。

僕も、婚活で誰かを紹介して、

「好みじゃないから」という反応をされると、

もうこの人には誰も紹介すまいと思ってしまいます。

もしあなたが、誰かに紹介してもらった人がいるとしたら、

その人に全力で良い印象を与えるようにしてください。

それが自分の好みでなかったとしてもです。

そうすると、また別の人を紹介してくれるかもしれません。

ここは、運命の分かれ道なので、ぜひ覚えておいてください。