運命の出会いの正体

2017/9/19/ 12:00

From:吉本和広

この三連休、台風でお出かけができないのかなと思っていたら、

今日は清々しい秋晴れでしたね。

台風が過ぎると、それまでの天気が嘘のよう。

三連休の最後は、お出かけにはちょうどいいお天気でしたね。

そうは言っても、台風が来るということで予定を入れてなかった、という方も多いのではないでしょうか。

僕も今日は、地元の吹奏楽団の演奏会が予定されていました。

それに出演するはずだったんですが、中止になってしまいました。

僕は18日は台風はどの進路だったとしても抜けているんだろうなと思っていたので、

演奏会に出る気満々でした。

ところが、その予定もなくなってしまってどうしようかと思っていたら、

ちょうど子どもの保育園のママ友の集まりがありました。

元々は奥さんだけ出る予定でしたが、

せっかくなので僕も参加することにしました。

僕たちも含めて5家族集まったんですけど、1人だけお父さんが参加。

地元の消防団の話やら何やらで盛り上がり、ライン交換しました(笑)

なかなかお父さん同士のつながりがないので、貴重な機会です。

これも偶然の出会いになるのでしょうね。

偶然の出会いというと、それが結婚相手だとなんだか素敵ですよね。

運命かも、と思ってしまいますね。

では、この運命の出会いをどうやったら引き寄せられるのか?

実はこれ、そんなに難しいことではありません。

なぜかと言うと、

偶然の出会いそのものを増やせばいいからです。

つまり、

その出会いだけ見れば、本当に偶然で運命かもしれない。

ですが、いっぱい偶然の出会いがあって、その中の一つが上手くいったとしましょう。

確かにそれは偶然で運命を感じます。

ですが、その偶然が起こらなくても次の偶然が起こるんです。

僕も、仕事の都合でたまたま静岡県にやってきました。

転職でやってきたので、その転職のタイミングが少しでもずれていれば、

静岡には来ていなかったでしょう。

もし、他の地域に就職してそこで結婚したとしたら、

それはまた偶然の出会いです。

もちろん、今の奥さんと結婚したのも色んな偶然が重なったんですけど、

その出会いがなかったとしたら、

次の偶然の出会いがあったのかもしれません。

もちろん、婚活パーティーでの出会いも偶然です。

たまたまその日が時間が空いたので参加したら、いい人と出会った、というのもあるでしょう。

ということは、偶然の出会い、運命の出会いというのは、

誰にでも訪れるものかもしれません。

どちらかというと、運命かどうかより、それを運命と感じる感受性のほうが大事なんでしょうね。

もしあなたが、そういう偶然を大切にできるとしたら、

きっとあなたにも運命の出会いがやってくると思います。

そう考えるとワクワクしてきませんか?