勝ちたい男

2016/7/30/ 6:03

mecan katitai

From:黒田麻希

「ボクのほうが、もっとうまいで~!」

中3の長女が小さかったころ、マンションのお友達と大勢で遊んだとき、そんな声がよく聞こえました。

男の子と女の子、それぞれ5人くらいずつの計10人くらいが集まることが多かったのですが、

男の子はお絵かきをしていても、積み木をつんでいても、すぐにこんなふうに張り合いが始まります。

女の子は、誰かが書いたお絵かきに「わーかわいいね♪」なんて言ってあげることができます。

ほんの3歳くらいなのに、この差はなんなんだろう?って不思議に思ったものです。

 

男性というのは、もともと張り合うようにできている生き物みたいですね。

どんなシチュエーションでも、自分が一番でありたい。

要するに「すごく」ありたいんです。

だからお絵かきでも、ボクのほうがうまいで!って言いたいし、実際にすごい作品を作ったりする。

そのバトルがどんどんヒートアップして、最後には手が出てケンカになる、っていうこともザラだった記憶が。

 

そんな男の子も、成長の過程で、だんだん協調性を学んでいきます。

特に女性とうまくやっていくには、「自分が自分が」ってなっていてはウザがられてしまうということを知るんですね。

だけどたまに、それを学ばないまま大人になってしまう男性がいるのも事実。

そしてそんな人は、自分にはそんなつもりはなくても、女生徒の縁が遠のいてしまうことに…。

いわゆるモテない男という存在になってしまうんですね。

 

例えば世間話をしていても、なぜかいつも上から目線で話してくる人。

気持ちよくドラマの話をしているのに、ストーリーが安直だとか、俳優がヘタクソだとか、文句ばっかり言う人っていますよね。

しまいに「ボクが見たドラマでは〇〇がよかったよ。最近のアイドル崩れみたいなのは~~」なんてウンチクを語りだす。

これは、会話で自分が勝ちたいと思っているから。

知識も豊富だし会話には勝てるかもしれないけれど、完全に女性からは愛想をつかされてしまいますよね。

 

もしあなたが男性なら。

男性どうしでは相手と切磋琢磨する関係も成り立ちますが、女性とはそういう関係は歓迎されないと思っておきましょう。

そして女性には、批判は禁物です。

ついつい無意識に「そんなもの~~」「ボクのほうが~~」って言いたくなってしまいますが、

そこはぐっとこらえましょう(笑)

特に出逢ってすぐの会話では禁物です。

せっかく見た目でいい印象を持ってもらえても、話をするといけすかない!って思われてしまいかねません。

まずは第一印象が大事。

自覚があるかたは特に、上から目線と批判、そして親切心から教えてあげるっていう姿勢に気を付けてくださいね!

そう心がけることで、きっと以前よりも、たくさんの〇がつくようになるはずですよ(^O^)