スムーズなデートにするために

2017/8/17/ 12:00

From:吉本和広

今日は、長男のハルウミ(小2)の自由研究を手伝いました。

手伝ったと言ってもほとんど僕が作ったんですけど^^;

小学校の低学年だと、きっと親がやるんでしょうね。

8歳とかで自由な発想で何かやるっていうのも難しいですよね。

貯金箱を作るとか、アリの観察をするとかもそうですが、

自分で計画を立てないといけません。

ただ作業をするだけなら簡単なんでしょうけど、そこが一番難しい。

今日僕が作ったのは、

あ、もう僕が作ったってなってますけど(笑)

作ったのは、ビー玉迷路。

迷路を段ボールで立体的に壁を作って、ビー玉をスタート地点からゴールまで転がすアレです。

作りだすとまた面白くてつい、難易度を上げてしまいました。

迷路に穴を空けて、ビー玉が下に落ちるようにしたり、

坂を作ってトラップをショートカットできる仕掛けを作ってみたり。

完成して良い出来だ、と満足していたのはいいんですけど、

明らかに親が作ったのバレバレ(笑)

うーん、どうしようと考えていたらいいことを思いつきました。

迷路の周りをデコレーションしよう。

それをハルウミにやらせればいいですね。

肝心の迷路は僕がほぼ作りましたが、デコレーションを子どもがやる。

そしたら、子どもの作品っぽくなるでしょう。

ただ、子どもはこれできっと満足すると思います。

婚活でもこういう考え方を使うとデートコースを決めやすいですね。

男性がデートコースを決める場合が多いと思います。

ただ、女性の好みも取り入れたい。

でも、女性にデートコース全てを聞くと、それはきっと上手くいかない。

そこで、男性はまず肝心のどういうルートでどういうお店やどこに遊びに行くのを決める。

タイムスケジュールや、大まかなアウトラインを決めるということですね。

そのあと、女性の希望を取り入れながら微調整していく、というのが美しいかもしれません。

これは、何もデートコースだけに限った話ではなく、

結婚式や新婚旅行のプランなどでも同じように使えます。

というわけで、デートに誘うときは、大まかなアウトラインを決めておきましょう。

その上で、相手の要望を取り入れてみてください。

スムーズなデート運びになりますよ。

PS こちら今日もクリックしていてだけると嬉しいです!

↓↓↓人気ブログランキング
https://blog.with2.net/link/?1926625